Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯(U15)  名古屋U-15×ヴェルディジュニアユース @宮城県サッカー場・Bグラウンド
b0036243_132984.jpg

 名古屋に対してフィジカル面でアドバンテージを持つヴェルディとの試合はしばしば高校生のチームと試合しているかのような錯覚に陥いるほどだったが、前半に高原がバイタルエリアで一瞬フリーになった隙を逃さずミドルシュートを決めて先制。後半はヴェルディの猛攻にさらされながらもなんとか逃げ切って名古屋は決勝トーナメントへの望みをつないだのだった。

 グループリーグ初戦の京都戦を落として後がない状況で迎えるにはこのヴェルディはあまりにも手強い相手だった。身体が大きく当たりも激しいことに加えて、どことなくフィットしていない感じの名古屋の選手たちと比べると身体のキレもある。やっているサッカーは9番の大型FWにボールを当てて攻撃を組み立てていくオーソドックスなスタイルなのだが、技術とフィジカルに裏打ちされた個々の突破力は名古屋の守備ブロックを突き破るだけの破壊力を持っていた。
 対する名古屋は、DFが三人しか見当たらない初戦をどういうフォーメーションで戦ったのかは定かではないが、この試合では最終ラインを四枚にしたクラ選の頃のフォーメーションそのままで戦っていた。見ていると、攻撃の時は高原の後ろに辻、樋江井、都竹、加藤翼を並べた4-1-4-1で、守備になったら二列目から樋江井が前に出て、残りの三人がアンカーの水野と並んで守備ブロックを作る4-4-2になっているようだ。

 試合は立ち上がりから両チームともに慎重さが目立ち膠着状態だった。ヴェルディの堅く激しいディフェンスに対して名古屋は最終ラインからヴェルディDFの裏に大きくロングボールを蹴り出すシーンが目立つ。前線にいるワントップの高原がいかにスーパーだとは言ってもこれではノーチャンス。どちらか言えばチャンスになりそうだったのは、トップに当てたボールに対して4-4-2の泣き所である中盤のラインとDFラインの間のギャップから二列目の選手が走り込んでゴールに迫っていたヴェルディの方だろうか。またこれは試合を通じてしばしば見られた光景だが、名古屋が二人三人で囲みに行っても巧みなボールキープとターンによってそれをくぐり抜けてしまうヴェルディのカウンターは必然的に前線で数的優位の状況を作り出していた。
 そんな中でも面白かったのは両ベンチからの指示で、名古屋ベンチからは「蹴らせるな」、ヴェルディベンチからは「蹴らせろ」というそれぞれに好対照な指示が出ていた。フィフティのボールを自分のものにしてしまう回数はフィジカルとボールキープに秀でるヴェルディが圧倒的で、そこを基点として攻撃の形を作られている名古屋としてはボールの出所を潰したい意図を持ち、逆にヴェルディは中盤が厚い名古屋に細かくボールをつながれるよりはノーチャンスのロングボールを蹴らせた方が良いという構図なのだろう。

 そんな中先制点を奪ったのは名古屋で、水野が蹴った直接FKがポストを叩いたシーンなどの単発でのチャンス以外はなかなか攻撃の形を作れなかったが、一瞬フリーになったエース高原の放ったミドルシュートがGKの頭越しにゴールネットへと突き刺さったのだった。名古屋の選手達がヴェルディの選手達に対して後手に回ることが多い中で、唯一と言っていいほど互角以上の戦いを見せていたのが高原で、その卓越したボディバランスとボールキープの上手さは試合を通じて際立っていた。

 後半先に動いたのはヴェルディで、3-5-2にシステムを変更したヴェルディは立ち上がりこそ手薄になった両サイドを名古屋に狙われていたが、後半から投入されたハイレベルのテクニックとスピードを併せ持つ10番の選手が特別な才能を持った選手であることは誰の目にも明らかで、彼によって試合の流れは一変した。その後も攻撃のカードを次々と切ってくるヴェルディに対して名古屋は次第に守勢に回ることが多くなり、30分を過ぎた辺りからはベンチからの指示もあって完全な逃げ切りモード。後半はさすがにヴェルディの寄せも甘くなり名古屋の選手達がボールを持って特徴を発揮出来る場面は増えたものの、それでも最初のコントロールが乱れたり、2タッチ、3タッチとしていると寄せられてボールを失ってしまうことが多く攻撃の形を作れなかった。

 最後はGKの好セーブもあって何とかヴェルディの攻撃を凌いで勝ち点3を手にした名古屋は決勝トーナメント進出に向けて可能性をつなげた。あとは明日の仙台戦でひとつでも多くのゴールを奪って、京都とヴェルディの結果を待つのみ。やることがはっきりした分名古屋としては戦いやすいだろうし、エースの高原が好調なのは好材料。なんとか決勝トーナメントまで勝ち残って地元・港サッカー場へと凱旋して欲しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-12-13 13:02 | Youth
<< 高円宮杯(U-15)  名古屋... FCWC Match1 アデレ... >>