Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯(U-15)  名古屋U-15×仙台ジュニアユース @宮城県サッカー場・Aグラウンド
b0036243_1529871.jpg

 試合序盤、仙台のアタッカーにDFラインの裏に抜け出され何度か決定的なシーンを作られた名古屋は、15分過ぎにシステムを4-4-2に変更してバランスを取り戻すと高原のゴールを皮切りに次々と加点。グループリーグ突破に向けては得点を積み重ねることが必要な名古屋にとって理想的な流れになっていた。しかしこの良い流れは相手GKが当たりまくっていたこともあって結局4点で打ち止め。特に後半に4点目のキッカケとなったPKで相手が退場し一人少なくなってからは、シンプルに裏を狙ってくる仙台の攻撃に手を焼いて数的優位を生かせていないような歯痒い展開が続いた。もしこの流れの中で仙台に一点でも返されていたら決勝トーナメント進出はなくなっていただけに、観ている側としてはまさしく薄氷の思いの試合だった。

 宮城県サッカー場はAグラウンドのメインスタンドとBグラウンドのメインスタンドが背中合わせにひとつのコンコースを共有する構造になっている。グラウンドレベルで隣のピッチを覗き見することは出来ないが、試合の途中経過はスタンドの歓声あるいは場内アナウンスを通して即座に隣のピッチまで伝わって来る。決勝トーナメント進出を賭けた戦いが得失点差にもつれこみそうな状況の中、選手達は試合に集中して気にならないだろうが、スタンドにいる身としては後ろに聞き耳を立てながらの観戦だ。

 決勝トーナメント進出のためには少しでも多くの得点を決めて勝つことが求めらる名古屋だが、立ち上がりから焦ることなくゆっくりとボールを回しながら試合を進めていたのが印象的だった。クリア気味のロングボールが目立ったヴェルディ戦の立ち上がりと比べれば自分たちのペースで試合を進められていたのではないだろうか。しかし時間の経過とともに仙台が二度三度と名古屋DFラインの裏へ抜け出し決定的なシーンを作り始めると、試合のペースが仙台に移る前に名古屋ベンチは早々に手を打つ。前半15分、システムを4-1-4-1から4-4-2へと変更し、都竹と水野がWボランチ、加藤凱が左SH、樋江井が右SHに回り、高原と加藤翼が2トップを組む。このシステム変更の後もベンチからは再三に渡り「コンパクトに」という言葉が飛んでおり、中盤に出来たスペースを仙台に使われ最終ラインが不安定になってのが気になっていたのだろう。

 このシステム変更によって名古屋の戦いにはようやく安定感が出てきた。そしてここから名古屋のゴールラッシュが始まる。20分に左サイドを持ち上がった佐藤が中央の水野に戻すと、水野が得意としている角度を付けた鋭いクサビを加藤翼へ。DFラインの前でこれを受けた加藤翼はDFラインの裏へ抜けた高原にスルーパスを通し、ペナルティエリアやや左寄りの位置でボールを受けた高原はこれを冷静に流し込んだ。さらに27分にはカウンターから都竹が高原とのワンツーで左サイドを抜け出し仙台DFとGKの間にクロスボールを流し込む。これを中央に走り込んだ加藤翼が決めて2点目。さらには34分、仙台DFのクリアが名古屋の選手に当たってはね返ると加藤翼がGKと1対1に。厳密には加藤翼と高原の二人が反応していたので2対1だが、加藤翼は飛び出して来たGKを冷静にフェイントで交わして自分で持ち込みシュートをゴールへ流し込んだ。その後も前半のうちに高原がGKとの1対1を二度迎え、一度はGK正面、もう一度は右足で股抜きを狙ったシュートがかろうじてGKの足に当たっていずれもゴールを割ることが出来なかったが、グループリーグ勝ち抜けのひとつの目安となる4得点目は時間の問題のように思われた。
 名古屋のサッカーを観ていて感じるのは、いかにして相手DFの裏を取るのかという狙い。DFラインから一発のロングボールで裏が取れそうであれば思い切って蹴ってくるし、それが無理だとしてもチーム全体の意識は集約されるようにそこに向いている。そうした観点から考えると1点目などは瞬間的に縦の関係になった2トップのコンビネーションによって鮮やかにDFラインの裏を取って見せた素晴らしいゴールだった。

 後半、10分としないうちにDFラインの裏に出たボールに対していち早く反応した樋江井がボールを拾ってゴールへ向かおうとしたところで、焦った仙台DFに後ろから押し倒されてPKを獲得。倒したDFは得点機会阻止で一発レッドをもらい退場になってしまった。そしてこのPKを水野が冷静に決めて欲しかった4点目が名古屋に入る。
 しかし結果から見れば後半はこの4点目がひとつの契機となって名古屋は思わぬ苦戦を強いられることになる。その後もパスとドリブルで仙台ディフェンスを崩しに掛かる名古屋は樋江井や交代出場で入った辻がGKと1対1になりながらGKの好セーブもあってこれを決め切れず、さらにはレフェリーも得点差と仙台の選手を一人退場させた負い目からかペナルティエリア付近での仙台のファールをなかなか取ってくれなくなってしまった。そして一人少なくなってやることが明確になった仙台はシンプルにタテパスで名古屋DFの裏を狙った攻撃を仕掛けて名古屋ディフェンスを慌てさせる。名古屋はその後3トップに変更してDFラインにプレッシャーを掛け「蹴らせない」作戦を取るもあまり機能せず仙台の勢い(息の根)を完全に止めるには至らなかった。Bグラウンドから漏れ聞こえて来るヴェルディリードの報に、1位抜けの可能性が出てきた(逆にその状態から1点失えばグループリーグ敗退の可能性も出てきた)名古屋はどうしてもあと1点が欲しかったところだが、結局試合はそのままBグラウンドよりひと足早くタイムアップのホイッスルを聞くことになった。

 その後Bグラウンドではヴェルディが京都を2-0と下し、グループHは名古屋、ヴェルディ、京都が勝ち点6で並び、得失点差の関係で名古屋とヴェルディの勝ち抜けが決まった。さらに得失点、総得点で並んだ名古屋とヴェルディは直接対決の結果により名古屋が1位、ヴェルディが2位になった。初戦を落としながらも結果的にグループHを首位で通過した名古屋はクラ選王者の面目躍如で、来週港サッカー場でベスト8を掛けてG組2位のFCフレスカと対戦する。
 俺も昨日の段階でまさか名古屋がグループ首位になるとは思っていなかったので、第一試合は勝った方がグループG首位通過濃厚なFC東京深川とFC四日市の試合を観戦していた。FC東京は中盤の真ん中に入る10番の選手が退場して次節出場停止となり、また大型の選手が多くボールへの組織的なプレスも速いが後半になるとさすがに足が止まって失速する傾向も顕著だったので、名古屋が付け入る隙は十分にあると思いながら見ていたが、それが何の役にも立たなくなってしまった。まぁそんな彼等と元筑波大学の「最終塀器」こと西ヶ谷隆之率いるヴェルディジュニアユースとの「東京ダービー」はそれはそれで楽しみではあるが。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-12-14 15:29 | Youth
<< FCWC Match5 マンチ... 高円宮杯(U15)  名古屋U... >>