Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯(U15) 名古屋U-15×新潟ジュニアユース @港サッカー場
b0036243_15183825.jpg

 前半からドリブルを武器とする攻撃陣が新潟の組織的で激しいディフェンスに手を焼いていた名古屋はカウンターから縦パス一本で先制を許したものの、後半になると積極的に新潟DFラインの裏を狙ったパスが目立ち始め何度もチャンスを作り出した。しかし放ったシュートがことごとくGKのセーブに遭ったりポストやバーに嫌われて得点には至らず、名古屋版・黄金世代の二冠の夢は地元名古屋の地で潰えたのだった。またこの日は、名古屋だけにとどまらず他の会場ではG大阪や柏が敗退という波乱の一日だったようだ。

 立ち上がりからアグレッシブに前線からプレスを掛けに来ていた新潟は戦術的によくトレーニングされたチームという印象。そしてその運動量とボールへの執着心は試合終了まで途切れることはなかった。名古屋のGKやDFラインによるフィードが時々窮屈なクリアのような形になっていたのは決して焦りからだけではない。
 だが名古屋も特に後半は高原を中心とした前線のアタッカー達がそんな新潟のディフェンスを打ち破るような攻撃を見せていた。ただそこにはシュート精度だけが足りなかった。日本でお決まりのフレーズでもある「決定力不足」には、ゴール前での冷静さが足りないだとかシュート意識が希薄だとかいう言葉がセットとして付いて回るが、名古屋の場合はそのどちらも当てはまらないように感じる。ボックス内でも冷静に相手DFを切り返しで外してからシュートに行くようなシーンは多々見られるし高原を筆頭に個々のプレーヤーのシュート意識も高い。それでも名古屋のシュートは何度もGKの正面を突き、ポストを叩き、バーを直撃した。そしてその兆候はグループリーグ最終戦となった仙台戦あたりから見られていた(それでも4点を奪ったが)ことを考えれば、それが一つの課題として浮き上がってくることも確かだ。

 こうして入学時から神戸さんにも「才能のある選手が多い」と言われていた「黄金世代」の三年間は終焉を迎えた。この先彼等がどんな道に進むのかは分からないが、彼等には次のステップで今日の悔しさをバネに更なる成長を遂げて欲しいと思う。そして彼等の手に届かなかった二冠という偉業は、さらに能力の高い選手が揃うと評判の「プラチナ世代」が引き継いでくれるだろう。今回の経験がクラブとして蓄積されていくことを願いたい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-12-21 15:18 | Youth
<< FCWC Match8  マン... 高円宮杯(U15) 名古屋U-... >>