Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
マリノスカップU-12 名古屋U-12×あざみ野FC  @マリノスタウン
b0036243_22481126.jpg

 インカレ第一試合終了のホイッスルとともに西が丘をあとにして横浜へ移動。お目当ては夏の全少で準優勝を果たした名古屋U-12が出場しているマリノスカップ。ヴェルディとの第一試合は既に終わってしまっていた(1-2で負けたらしい)が、電車を乗り継ぎ横浜駅前再開発地域の一等地に辿り着くと見慣れたジャージに身を包んだ名古屋の選手達はあざみ野FCとの二試合目に備えてアップしているところだった。

 名古屋は夏の頃主力だったメンバー達の身体がひと回り大きくなったようだ。自転車で通りかかった近所のおじさんもアップをしているあざみ野の選手をつかまえて「相手は学年が違うの?」と聞いていたぐらい。そしてそんな大柄な選手達をセンターラインに並べて、サイドに小柄なテクニシャンを配置しているのがこのチームの特徴。唯一の例外がGKで、大人サイズのゴールマウスを守るにはあまりにも小柄だったこともあり、セットプレーからの二失点はいずれもハイボールでやられてしまった。もし彼が夏の大会でGKと右WGを掛け持ちしていた子なら、往年の神丸を彷彿とさせるリズム感のある弾むようなドリブル突破も是非見てみたかったんだが。

 前線からプレッシャーを掛けて相手のミスを誘い素早くカウンターを繰り出すあざみ野に対して名古屋は後ろから丁寧にボールをつないで攻撃を組み立てるスタイルで、相手のプレッシャーに対してミスもあったが何度もあざみのDFの裏を取りゴール前で決定的なチャンスを作り出していた。そしてそれが二度のリードを許しながらいづれも追い付きさらに試合終了間際に逆転勝ちを収めるという結果として報われたことは(結果重視ではないと言っても)喜ばしい結末だった。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-12-23 22:48 | Youth
<< 天皇杯・準々決勝 vsG大阪 ... インカレ 準々決勝 流通経済大... >>