Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2009 第2節 山形×名古屋 @NHK 
 生憎の天候に山形行きも高崎行きも断念し、雪中の消耗戦となった試合を自宅でぬくぬくとTV観戦していた立場を顧みずに言うなら、今シーズンJ2から昇格してきばかりの山形のホームに乗り込んでのこのJ1・第2節は采配も含めて非常にストレスの溜まる試合だった。

 名古屋は岡田ウィルスからの帰還を果たした阿部がスタメンに復帰。TV実況のレポートによれば昨日の練習から合流したばかりだという。今朝の朝刊で意気揚々と「DF佐藤がJリーグデビュー」と報じた中スポからはすっかりかつての御用新聞の面影が失われているが、阿部の復帰を待望していたサポーターにとっても驚きだったに違いない。チームから見ても阿部の復帰によって特にビルドアップの部分での大幅な改善が期待出来る。ボランチの二人がほとんどゲームメイクに関与しない名古屋にとっては、阿部の左足から繰り出される多彩なキックこそが生命線だからだ。

 そんな阿部の復帰を予測していたわけではないだろうが、山形は立ち上がりから名古屋の最終ラインに対して2トップと両SHの4人が前からプレッシャーを掛けて来た。阿部がいるいないに関わらず名古屋が最終ラインでボールを動かしながらそこからパス出しを行うということを研究していたのだろう。そして阿部の復帰によってますますその傾向に拍車が掛かった名古屋にはその策がピタリとハマった。さらに一旦ボールが入れば個人技で局面を打開する力を持つ名古屋の4人のアタッカー(2トップと両SH)に対しては、最終ラインの4人がマッチアップしながらボランチの二人が挟み込むように対応してこぼれ球を回収し、奪ったボールは名古屋のDFラインとボランチの間のスペースに降りてきた2トップや右SHのキムビョンスクにシンプルに預ける形で攻撃を繰り出し何度も名古屋ゴールを脅かしていた。

 このような状況を打開しようと思えば、CBやSBがボールを持った時にボランチの二人(中村と吉村)がもっと顔を出してボールを引き出す動きが有効なようにも思われたが、普段やっていないことを突然出来るわけもない。WボランチがDFラインからボールを引き出して起点になれば山形もボランチが対応に出ざるを得ず、そうすれば前線のマークも薄くなりセカンドボールも拾えるようになるのだが、ボールを引き出すどころか(FWの横をすり抜けボックス内まで突き抜けるならまだしも)中途半端にフラフラと前に出て行ってしまうものだから、背後(DFラインとの間)にスペースを空けてしまい、セカンドボールを拾った山形にそのスペースを狙われる有様だった。
 個人技での突破は別として名古屋が試合のペースを握って攻撃の形を作っている時というのは中村が(大抵高い位置で)よくボールに絡んでいる時だ。これは動かしようのない事実。しかし状況判断や戦術理解に難がある中村がそうしたプレーに従事出来るのは、ある程度相手の運動量が落ちて来て中盤が空き始める時間帯になってからである。もしくは相手のチーム状態が悪く守備組織が整理されていらずバラバラな状況かだが、そうしたチーム状態の相手と当たれるかどうかは巡り合わせの運でしかない。そしてこの試合での中村は山形の整った守備組織を前にほとんど何も出来ないまま後半途中で交代してしまった。そんな中村とコンビを組む吉村も、この試合ではフル出場を果たしたものの天候やピッチの悪条件を差し引いたとしてもあまりにもボールロストが多く、技術的な不安定さを露呈していた。
 TVのレポートによればハーフタイムのピクシーは「もっとタテにボールを入れよう」と指示したらしい。しかし名古屋のボールの出どころである最終ラインに対して相手のプレッシャーが厳しい状況(また前線ではマークが外れていない状況)ではそれもまた難しい話だ。ボールをタテに運びたいのなら、中村か吉村のどちらかに代えて花井を入れてそこにポイントを作るべきだったし、もしまだ若く線の細い花井を信用出来ないというのならせめて小川をセンターに移すべきだった。しかし花井に声が掛かることはなかったし、交代枠のやり繰りの中で小川も左SBにポジションが下がってしまった。復帰戦を悪条件の中で迎えた阿部にコンディション面での不安があったのは予測の範囲内だし、後半になると山形のプレッシャーも弱まっていた(SBが前に出やすい状況になっていた)のも事実だが、小川を左SBに下げるという判断については少なくとも俺の理解を遥かに超えた決断だった。

 後半になると予定調和の如くペースを上げて何度か山形ゴールに迫った名古屋だったが、山形GKの好セーブもあり結局ノーゴール。そしてマギヌンに代えて巻を投入したことによって残り10分を残して自ら試合をクローズしてしまった。周りが疲れれば疲れるほどに際立つ田中のオーバーラップによって右サイドを中心に相手を押し込んでいた名古屋にとって、ボックスの中でボールをゴールへと押し込むラストピースが必要だったことは理解出来る。しかしこの交代によって名古屋からは中盤が消失してしまった。相手の守備を揺さぶることなく前線にタテパスを入れるだけになってしまった名古屋の攻撃は山形にとっても守りやすかったに違いない。実際名古屋の攻撃に対して的を絞れるようになった山形は、それまでの守り一辺倒から一変して次々とインターセプトを決めては最後の気力を振り絞るようにカウンターを繰り出せるようになった。すなわちこの交代は明らかに失敗だった。接戦になるほど選手のタイプというよりはピクシーからの信頼度合による序列が優先される交代枠やまたやや柔軟性を欠く選手起用もこの先の長い戦いを見据えれば改善ポイントになるのかもしれない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2009-03-14 20:17 | Game Review
<< ACL 第2節 名古屋×北京 ... ACL 第1節 名古屋×蔚山 ... >>