Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ACL 第2節 名古屋×北京 @BS朝日
 BS朝日の録画放送を観終わって一番印象に残っているシーンは、この試合の間不貞腐れたようにベンチの背もたれに深くもたれかかっていることが多かったピクシーが、試合終盤を迎えたところで突如激怒したシーン。TVの画面越しに事態を把握するのは至難の業だが、ゼスチャーやその場の状況から判断するに、その怒りの矛先はおそらく吉田に向けられていたものと思われる。その直前のカウンターで闘莉王ばりのオーバーラップを見せた吉田は残り僅かとなった時間の中でなんとか得点を奪おうと、アウトオブプレーになってもそのまま前線に居座ろうとしていた。それに対してピクシーが「お前のポジションはそこじゃないだろう」とキレたようだった。俺個人としてはホームで勝ち点3を獲得しようとした吉田の気概は買うが、ピクシーはこうした「規律違反」には極めて厳しい。現在怪我の治療で母国セルビアに帰国中のバヤリッツァが戻って来たら吉田はまた冷や飯を喰わされることになるかもしれない。

 Jリーグの開幕からACLを挟んで公式戦三戦連続して前半の入り方に失敗している名古屋。しかしそれに対する危機感は監督以下のスタッフや選手達も十分に持っていたようで、この試合の名古屋は悪くない立ち上がりを見せた。キックオフからやや引き気味な北京を相手に名古屋は最終ラインと中盤でしっかりとボールを動かしながら攻撃を組み立て、また守備に回ってもマギヌンをベンチに温存している影響もあってか攻→守の切り替え意識が高い中盤は相手ボールになるとボールより後ろに戻ってしっかりと組織を整えていた。

 しかし試合に対して良い入り方をしやや力の落ちる相手との対戦であるにも関わらず名古屋は勝ち切れなかった。スコアレスドローによって得た勝ち点1は限りなく2ポイントの喪失感を伴うものだ。

 最大の要因は言うまでもなくフィジカルコンディション。シーズン開幕からまだ一ヵ月を経過していないとはいえ、週二日の連戦はさすがにキツイようで、疲労感の漂う選手達からは時計の針が進むほどに精彩が失われていった。中村に代えて山口、マギヌンに代えて杉本を組み込んだスタメンも、途中交代でやはり中村やマギヌンを使わなければならないようではターンオーバーの意味がない。もっとも俺は(選手層の薄さは別として)こうした偏った選手起用にも一定の理解を示してはいる。二シーズン前の浦和が固定メンバーでリーグ戦とACLを戦って、結果的にACLは獲ったものの、リーグ戦では最終節で断トツの最下位だった横浜FCに足元をすくわれ優勝を逃すという失態を演じたことがあったが、当時の浦和ならともかく今の名古屋はまだ何も手にしていない「駆け出し」に過ぎない。昨シーズンのナビスコカップで他チームのように極端な若手抜擢を行わないピクシーを見ながら、俺はそんな駆け出しで発展途上のチームに「勝ち癖」をつけるマネージメントもあるのかなと思うようになった。二シーズン前の名古屋が昨シーズンと同じく開幕から連勝で好スタートを切りながらその後低空飛行を続けたのは、ナビスコカップで若手へのシフトを行って連戦連敗を重ねる中でチーム全体に蔓延した負けることに対する慣れのようなもの(負け癖)も一因ではないかと俺はずっと思っていて、若手に経験を積ませるのなら勝利の味とともにというのが実感のひとつとしてある。
 またフィジカルコンディションということで言うなら疲労とは別に深刻なのが阿部だ。プレーにキレがなくとにかく体が重そう。そのプレーはまるで魔法が解けたかのように新人時代のような軽いディフェンスに逆戻りしていた。これでは観戦に訪れていた岡田武史・日本代表監督もさぞかし落胆したに違いなく、コンディション不良の元々の要因の一つは岡田ウィルスにあるとは言え、このままでは阿部が代表に呼ばれることはしばらくないだろう。クラブにACL初勝利をもたらしたメンバーの一人でもある佐藤をなぜピクシーが使わなかったのかは理解不能だが、阿部に必要なのは何よりも試合勘と90分間走り続けられるスタミナと考えたのかもしれない。事実試合終盤には阿部にも良いプレーが観られるようになっていたし、次の試合に向けて阿部がコンディションを上げて行ってくれることを願うしかない。

 フィジカルコンディション以外に要因があるとすれば油断と攻撃面での戦術(工夫)不足だろうか。試合の入り方こそ悪くなかった名古屋だが、もっと激しく来るかと思っていた北京が(AWAYということもあって?)想像以上に大人しかったことで安堵してしまったのか、次第に一人一人がプレーに余計な色気を出し始めリズムを失っていった。また攻撃面では昨シーズンさながらのサイドアタックを敢行したはいいが、北京のDFが集中しまたヨンセンがいるわけではないボックス内でラストパス(クロス)を合わせることを考えると、これは確率の低い選択だったと言わざるを得ない。圧倒的にボールを支配しながらもボックス内で決定的な状況を作り出せなかった名古屋に対して北京は数少ないチャンスを(枠内)シュートまで持ち込み、際どいシーンの数ではむしろ北京が上回っていた。名古屋がああした攻撃を続けるのならもっと北京のディフェンスを揺さぶれる花井を使ってみても面白かったと思うが、俺の中では勝手に戦力としてカウントされている花井もピクシーの中では未だ庇護して経験を積ませる対象としか思われていないようだ。もちろんベンチ入りを続けるなど花井に対する期待の高さは感じるが、花井が駒として局面を打開するために投入されることは皆無と言ってよく、そのほとんどは試合の趨勢が決まってから最も負担の少ない前線でというのがお決まりになりつつある。

 とは言え試合全体を見れば、山口の起用や俺が温め続けている小川のCH起用など、個人的には興味深いトライアルがいくつか見られた。正直下手に前線に人を増やす(巻を投入してパワープレーに持ち込むとか)よりもよっぽど実効性が高い攻撃的なオプションである小川のCHが、中村の投入や小川自身の負傷によって束の間の夢で終わってしまったことは非常に残念だが、ピクシーの中にこのアイデアが(実際に試合に使うレベルで)存在したということ自体が収穫。一試合で判断するのはもちろん性急だがピクシーの目にこの機能性はどう映ったのだろうか。今シーズンは橋本や平木などSHで使えそうな大卒の即戦力ルーキーがいることを考えても、俺は彼等にチャンスを与えて小川をセンターに回す試みを最優先に行ってみるべきだと本気で考えている。去年のチームであれば、ハズれた時のリスクを考えるとSHに新人を配置するなどという博打はとても考えられない選択肢だったが、ダヴィというリーサルウェポンを得た今シーズンは、SHが多少機能しなかったところでにっちもさっちもいかなくなるようなことはない。長いシーズン、もちろん焦ることはないが、橋本や平木といった鳴り物入りで入った大卒ルーキー達をセカンドチームで遊ばせておく手はない。個人的には津田のベンチ入りは喜ばしい出来ごとだが、FW過多でどうせ使う気がないのならいっそポジションの異なる彼等をベンチに入れておくのもありかもしれない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2009-03-20 01:12 | Game Review
<< ダノンネーションズカップ 20... J1 2009 第2節 山形×... >>