Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
Jリーグ U-16チャレンジリーグ 名古屋U‐18×G大阪ユース @アルビレッジ
 新潟との試合終了から4時間、いよいよ本日のメインイベントG大阪戦がキックオフ。俺はてっきり新潟との試合に出ていなかった新二年生が登場するのもだと思い込んでいたが、予想に反してスタメンは第一試合からGKのみ入れ替えただけだった。

    28  33

24  23  12  3

22  25  19  29

      16

 試合は名古屋が当たりの激しいG大阪に大苦戦。序盤はG大阪にボールを支配されるような展開で、徐々に名古屋がボールを持てるようになってからもクサビのボールに対して寄せが速くガツガツと当たって来るG大阪に対して中盤より前ではなかなかボールをキープすることが出来なかった。チームで唯一金編だけはG大阪の激しいフィジカルコンタクトをものともせず普通にプレーしていたが、第一試合(新潟戦)で金編とともに高いレベルで安定したパフォーマンスを見せていた近藤があれだけボールを失う試合を見たのは新チームになって初めてだ。こうなってくると名古屋は思い切って攻撃に出て行けない。ボールを失った後にすぐに奪い返せればまた展開も変わるのだろうが、G大阪はさすがに個々の技術も高くポジショニングが(コーチングやサポートの動きも)しっかりしているので名古屋はボールを奪い返すことが出来なかった。

 高いDFラインを保つ名古屋にとって中盤でボールを回せるのかどうかというのは守備の面からしても生命線。中盤でボールを奪われると相手は前を向いて勢いに乗った状態で浅いDFラインの裏へとパスを通してくるので名古屋は一気に大ピンチを迎えてしまう。DFの隙間を狙って動き出すG大阪は2トップの動き出しもよく整理されていて、名古屋はその度にGK古川の大きな声による指示がピッチに響き渡っていたが、新一年生と新中三で組むDFラインは一度は裏を取られても追い掛けながら粘り強く対応して第一試合同様によく耐えていた。

 攻撃面ではG大阪のプレッシャーをかいくぐるために大きなサイドチェンジが何度も敢行されていたが、相手の圧力に負けずにボールをキープできる金編を基点として右SBの野崎がその後ろをクロスオーバーするのが唯一形になりそうな展開だった。そしてその野崎が右サイドを上手く抜け出してペナルティエリアの中まで持ち込みポスト直撃のシュートを放ったのが前半唯一と言っていい見せ場になった。

 後半になると左SBの22に代えて9が入る。前半繰り返されたのは名古屋がDFラインでサイドを変えながら左SBの22に渡ったボールに対して、G大阪のトップ下(10番)が対応に出てくるシーン。昨シーズンのナビスコカップで大分が阿部翔平対策として名古屋にやったアレと一緒だが、これで慌てたわけではないのだろうがこの22からのクサビのパスが前線で(あるいは中盤で)ことごとくインターセプトされていた。この左SBに小幡を投入してむしろここを基点としてしまおうという発想だろうか。ただ前半の22も、前線のマークが外れておらず(相手の10のチェックによって)中にも戻せない状態の中で、クサビのパスに角度を付けたり色々な工夫を施していたしカウンターを受けた場面ではギリギリでよく身体を張っていた。G大阪という強豪チーム相手にこれだけ狙われまくって、それでも次々とボールが回って来て、逃げずにチャレンジし続けた経験は必ず彼の将来につながるだろう。そして後半からは左SBに9が入ったことで、詰めてくる相手を交わしてドリブルで自ら持ち上がるなど前半からの変化も見られるようになった。

 後半になり全体の積極性も増し少しはリズムの良くなった名古屋だったが、またしても中盤でボールを失うとカウンターから一本のパスで裏に抜け出されて失点。前掛かりになったことが裏目に出てしまった。選手達に経験を積ませる意味でも我慢していたベンチだったが、先制されたことで満を持して次々と新二年生を投入。最終的にはこんな↓感じの配置になった。

    5  11

9  23  12  13

3  25  19  29

     16

 特に目を引くのはいづれも180cmを越える5と11の強烈な2トップ。前半の33も前線からハードワークしてボールを受けてもなんとかキープしようと頑張っていたが、相手との競り合いでは体力差が出てしまう場面が多かった。おそらく新中三の彼がその上激しく当たって来るG大阪に対して苦戦するのは致し方ないところ。しかし5と11の投入によってむしろ前線での競り合いでは名古屋にとって互角以上に様変わり。そしてG大阪の運動量が少しづつ落ちてきたこととも合わせてようやく名古屋は攻撃の形を作れるようになった。その後再びカウンターから攻め込まれたシーンでなんとか相手に追い付いて対応した19のプレーがファールを取られるやや厳しいジャッジ(相手は勢いを止められゴールに背を向ける状態になっていた)でPKを取られてリードを広げられてしまったものの、名古屋は5が二度DFラインを突破してGKとの1対1を迎えたり、右サイドからのクロスのこぼれ球を左サイドから詰めてきた13(途中9と13は左右を入れ替わった)がペナルティエリアの外から放った強烈なダイレクトボレーがポストを叩いたり、ペナルティエリア外やや左で9が蹴った直接FKがポストをかすめたりといった決定的なシーンを含め、名古屋は攻撃で良い形を作れていたものの結局ゴールには至らず0-2での敗戦となってしまった。
b0036243_771421.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-03-22 07:09 | Youth
<< Jリーグ U-16チャレンジリ... Jリーグ U-16チャレンジリ... >>