Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ボルケーノ(U14&U13) @トヨタスポーツセンター・サッカー場
 昨日の実に後味の悪い試合を受け、セカンドチームの大学生を相手にしたトレーニングマッチで少しでもスカッとしようかと思ったが、同じトヨスポ内であればせっかくだから公式戦の方にというわけで、出向いたのはJリーグのU13~14年代を対象とした地域ごとのリーグ戦・ボルケーノ。今日はトヨスポのサッカー場の方でU-14、U-13ともにジュビロ磐田との対戦が組まれている。

 GWのJFAプレミアカップで準優勝を飾った後、「オーバーエイジ」組の二人がU-15に戻り、来年のクラブユースそして高円宮杯に向けた再スタートを切ったプラチナ世代。しかしこの試合ではさらに何人かの主力選手が午前中に行われていたU-15のトレーニングマッチの方に出場していたため、チームはプレミアカップ優勝時の先発メンバーから半分が入れ替わるという状態になっていた。「飛び級」でU-15に加わった選手達はおそらく来週から始まるクラ選の東海地区予選にもメンバー登録されるものと思われるが、年代の壁を越えて選手が行き来するのを見ていると名古屋ユースもようやくプロクラブの下部組織らしくなってきたようにも感じる。そして今日このボルケーノ・磐田戦を戦う選手達からしてみればこれはまた新たなチャレンジと言えるだろう。

 名古屋の先発はこんな感じ。

     17    4

11   15    6   18

 7    14    3   10

         1

 プレミアカップでは控えに回っていた選手や登録メンバーから外れてしまった選手もプラチナ世代の名に恥じない個性と能力を持っており、そんな彼等がこのチャンスを生かしてどういったプレーを見せてくれるのかが最大の注目点だ。

 試合はボールを保持して左右に大きく動かしながらトップにクサビのボールを当てるタイミングを計る名古屋(そのクサビのボールを合図として全体がスピードアップしてアタッキングエリアへと侵入する)と、それを待ち構えてカウンターを狙う磐田という様相。そして名古屋は11による往年のライアン・ギグスを彷彿とさせるようなニアサイドをブチ抜くゴールで先制したものの、その後カウンターから3失点を喰らい磐田に逆転負けしてしまった。磐田の選手達は一様にサイズがありとにかくボディコンタクトが激しい。これによって名古屋はなかなか前線でクサビのボールが収まらず、また少しでも判断に逡巡していると磐田の選手のプレッシャー(チャージ)を浴びてボールを失いカウンターを喰らうという展開を繰り返していた。磐田が普段からこうしたカウンターに重点を置いてトレーニングを積んでいるのかどうかは定かではないが、試合を通じてその形は徹底されており、またスピードのある2トップが名古屋のDFラインに出来るギャップ(特に攻撃的なSBの裏)を的確に突いて来ていたのが印象に残った。

 名古屋に関してはプレミアカップの頃と比べると(メンバーが変わったとは言え)随分と球離れが良くなり、周りの選手を使いながら攻撃を組み立てるようになっているように感じられた。点差や残り時間などの要素によって時々気負いのようなものが出てくると、また自分でなんとかしようというような悪癖も顔をのぞかせたりしていたが、ショートパスをつないで鮮やかな崩しを見せるようなシーンも何度かあり、このチームが目指しているであろう方向性というものも垣間見ることが出来た。
 あとは中盤から前線にかけてのポジションと比べると明らかに人手が足りない印象の最終ラインを、現状は取って付けたようなコンバートで凌いでいる印象だが、秀でた攻撃能力を持つ大型セントラルミッドフィールダーの14をCBで起用するぐらいなら(有望な選手に様々なポジションで経験を積ませるという方針であるならこれもありだが)トップに入っている4をCBに入れてみるという手はなのだろうか。4は前線でのヘディングの競り合いを地味にほとんど制していたし、このチームにあっては珍しく周りを見れる選手なので、CBに入れてみたら意外と化けるかもしれない。マイクとニッキじゃないがお兄さんとは違うポジションでプレーしてみるのも悪くはないと思うが・・・。

 続いてはこれまたGWの鹿島招待以来となるU-13。相手のジュビロU-13は強いという噂もある。

     11    9

13   8    10   17

2     4     5    6

       16

 昨年の全少で準優勝という快挙を成し遂げバーモントカップ(全日本フットサル)でもベスト4入りしたチームが母体となるこのU-13は、センターラインに9、10、4という軸となる選手がいるのが特徴。そんな軸となる選手達にU-13から新たに加わった才能豊かな選手達が融合しどんなチームが出来上がっていくのかを楽しむのがこのチームを見る上での作法といったところか。

 試合は前半こそ両チームともに激しい潰し合いを演じて決め手を欠き0-0で折り返したものの、後半になるとエースストライカーの9の2ゴールによってリードを奪った名古屋が磐田の反撃を1点に抑えて逃げ切った。自ら獲得したFKをシュート力を生かして直接蹴り込んだ先制点はもとより、4が相手FWとの競り合いを制してヘディングで弾き返したボールが10につながり、10の送ったラストパスを受けた9がエリア内で冷静に複数のマーカーを外して決めた追加点はこのチームを象徴しているかのようなゴールだった。
 惜しむらくはこの試合に合わせて奇跡的に天気が回復しただでさえ蒸し暑い中でさらに真夏のような太陽光に晒された選手達の運動量が上がり切らなかったこと。9や10といった選手がボールを持った時に周りの選手がもっと動いてあげれば、彼等の能力はさらに生きるに違いない。

 一方の磐田はこのカテゴリーでもアグレッシブな守備が特徴で、素早い寄せから奪ったボールを素早く前線のスペースに送り込み、大柄でいかにも運動能力の高そうな2トップの個人能力によってゴールをこじ開けるような戦い方だった。ただ後ろからでもどんどんスライディングに来たり、競り合いでレフェリーに見えない角度でユニフォームを引っ張ったり身体を掴んだりといったことを何ら悪びれることなくやって来る磐田に対して俺は正直あまり良い印象を持たなかった。もちろん大事なところで身体を張ったり、フィジカルコンタクトで当たり負けしない強さは必要だが、育成年代で敢えてそれをやる必要があるのかは大いに疑問だ。
b0036243_23462828.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-21 23:47 | Youth
<< ACL ラウンド16 名古屋×... J1 2009 第14節 名古... >>