Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ACL ラウンド16 名古屋×水原三星 @瑞穂陸上競技場
 変則的なレギュレーションにより、(決勝を除き)H&A方式で行われるトーナメントの中に組み込まれた一発勝負のラウンド16。この試合に勝たなければ、ACLに出場したと言ってもそれは東アジア~東南アジアの範囲での話(言うなればEACL)でしかなく、中東チームとの対戦もないままに大会を去らなければならない。このACLをそんな味気ない記憶にしないためにも名古屋に求められるのは一にも二にも「結果」だ。

 とそんなことは分かっているつもりでも、この試合立ち上がりからの名古屋のパフォーマンスの低調さには思わず目を覆いたくなってしまったというのが試合を観た正直な感想だった。玉田がスタメンに復帰し、マギヌンを除けばベストメンバーのはずの名古屋だったが、土曜日の千葉戦の悪いイメージをそのまま引きずってしまっている。いやむしろその戦いのイメージが頭に焼き付いているかのごとく、前線に4人が並ぶ4-2-4のような布陣で中盤を経由せずDFラインから前線への長いパスに頼った不確実な攻撃を繰り返していた。いつものほほんとしたコメントを発しマイペースを絵に描いたような中村がキックオフから何度も前線のスペースに飛び出すようなアグレッシブさを見せるなど、チームとしてホームゲームで負けられないという思いやそのために何がなんでも先制点を奪いたいという気持ちは伝わって来たが、それでもチームとしての機能性は乏しく、いざ得点となればそれは偶発性のものに頼らざるを得なかったというのが実状だ。

 この試合での個人的な注目選手は玉田と小川。玉田は途中出場した土曜日の千葉戦で身体のキレの良さを感じさるプレーを見せていたが、逆にそれまでダヴィの突破力と巻の高さを生かす戦い方を徹底していたチームの中で、玉田の登場は、ダヴィを走らせるのか、巻に当てるのか、それとも玉田に預けるのかといった部分でチームにちょっとした混乱をもたらしていた。そしてその混乱の余韻はこの試合でもまだ残っていたようだ。この試合では巻が外れて頭からダヴィと玉田の2トップという形になったものの、キャンプ期間を一緒に過ごしていない玉田はまだこのチームの中で居場所を見付けられていない。そして日本代表における岡崎というライバルの出現により得点を強く意識するようになったのだろうか、前線に張り付いたままの玉田はいつものように一旦中盤まで引いて来てゲームを作るような動きも少なかった。
 小川も10番としての重圧が「自分が何とかしなければ」という気負いという意味でマイナスに作用したとしか思えない磐田戦での退場に続き、この試合でも立ち上がりは危険な位置で不用意なファールを犯したりするなど少し空回りが続いている印象だった。このクラブには珍しい勝ち気な性格は間違いなく買いだが、ピクシーの標榜する「美しいサッカー」の対極を行く「美しくないファール」は名古屋の10番を背負う男として避けなければならない。そしてこの試合では立ち上がり早々にカウンターから裏に抜けようとしていたダヴィにシンプルに出していれば1点ものというシーンで、あえて切り返してボールを持ちファーサイドにパスを送ったシーンも気になった。ボールがそのままゴールラインを割った技術的なミスよりも、なぜ最も可能性が高くチームのストロングポイントであるダヴィをシンプルに使わなかったのか。立ち上がり早々だっただけに、これが単なる試合勘の問題なのか、それともダヴィ頼みと言われる攻撃に対する改善策を自ら模索しているのか分からないが、あまり考え過ぎてこの若きエースがまた負のスパイラルに陥ることは避けなければならない。

 名古屋がイマイチ噛み合っていない間に少しづつゲームの主導権を握った水原はいつしかほとんどハーフコートと言っても差支えないほどのワンサイドゲームに持ち込んでいた。雨あられと浴びせられるシュートが試合を通じて雑だったのが名古屋にとっては救いったが、もう少し精度の高いフィニッシュを持ったチームだったらやられていたに違いない。
 そしてそんなホームゲームでとんだ大失態を演じてしまいそうな勢いの名古屋にとって小川の先制ゴールは悪い流れを一掃する分岐点となった。これで精神的に余裕の生まれた名古屋は水原の動きが少し落ちたこともあって、すき間すき間に顔を出してボールを受ける選手が出始め、特にその代表格とも言える玉田が中盤でも積極的にボールに絡み始めたことで良い潤滑油となりようやくパスが回り始めた。ただこれとて到底100%には遠く及ばない状態であり、実際名古屋が追加点を奪った直後に1点を返されたシーンではぎこちなさの残るパス回しからアバウトにタテに入れたボールをアッサリとカットされるという稚拙な組み立てからカウンターを浴びシュートまで持って来られていた。
 何度も言うようだが、そんな名古屋には願わくば中盤のセンターでもう少しゲームを組み立てられる人材が欲しいところだ。このポジションに求めるものはまずハードワークというのであれば、攻撃でもそして守備でも機能しているとは言い難い二人でラインを揃えるような戦術(ポジショニング)の再考が必要だ。組み立てにおいては玉田から信用されず、二人でボールを獲りに行って交わされ裏にバイタルエリアを広々と解放してしまうような戦術をいつまでも引っ張ることは得策ではないし、決してマンチェスターUではない名古屋がこうした戦い方を続けていても上位チームとの差は埋まるはずもなく、またこのままではいつまで経っても前線の戦力補強に走り続ける羽目になりかねない。

 とは言え、これまでの名古屋であればアッサリと負けていたであろう試合で勝利を掴み取ったことは評価できるし、戦術とはまた違った部分での(特に精神面での)チームの成長が確かに感じられたことも事実だ。そしてチームは最低限のノルマを果たした。その部分において俺は(頑張っている選手はもちろんのこと)ピクシーの手腕も評価しているし、ダヴィひとりでダメならケネディも獲って2トップに並べちゃおうという極めて名古屋的な発想がこれまでとは趣の異なるものであることを信じている。少しづつ満たされていく駒(戦力)を手にピクシーがこれをどうコントロールしていくのかに注目したい。
b0036243_0545488.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-26 01:22 | Game Review
<< クラ選(U-15)東海大会 名... ボルケーノ(U14&U13) ... >>