Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラ選(U-15)東海大会 名古屋U-15×FCアルゴス @トヨタスポーツセンター
 昨年の夏に黄金世代が初優勝を飾ったクラ選(U-15)。黄金世代は次のカテゴリーへと進み、コーチングスタッフも一変してしまったが、クラブとしてはこれを一過性のものとせず歴史として積み上げて行かなければならない。今週の中スポ「ユースニュース」にもあったように、この東海大会では同じグループに名古屋、磐田、清水のジュニアユースが同居するという異常事態となったが、全国に進むためにはいずれは倒さなければならない相手だし、ここを勝ち抜けられないようでは全国でも勝てないだろう。彼等には強い気持ちを持ってこれを乗り越え全国の舞台で良い経験を積んで欲しい。

 名古屋のスタメンは、

     25   9

11   7    8   21

 5   4    6   2

       16

 俺にとってこのチームは完全な「お初」だが、個々のプレーヤーで見れば、9、5、6の三人は3月に新潟で行われたJリーグ・U-16チャレンジリーグに参加していたし、キャプテンマークを巻く7と全体的に大柄な最終ラインの中にあってもさらに頭ひとつ抜ける長身の4の二人はGWのJFAプレミアカップ(U-14)に早生まれの「オーバーエイジ」として出場していた。さらにはそのU-14のチームから「飛び級」でこのチームに参加している選手もいたりと、馴染みのある選手も少なくはない。

 試合は開始早々に右サイドからのクロスボールをファーサイドでフリーになった11が落ち着いて合わせてアッサリと名古屋が先制する。東海大会の初戦ではあるが使い慣れたホームグラウンドということもあってチームに緊張などはないようだ。これはこのまま名古屋の一方的なペースになってしまうのかなと思ったが、その後は予想に反して名古屋が苦戦する展開になった。

 名古屋はU-13もU-14もそしてこのU-15も基本的にやろうとしているサッカーは同じだ。4-4-2の布陣でポゼッションを志向し、最終ラインで左右に大きくそしてゆっくりとボールを動かしながらトップにクサビのボールを当てるタイミングを探る。そしてトップにクサビのボールが入るとそこに二列目が絡んでスピードアップする。
 しかし名古屋は寄せの速いアルゴスのディフェンスを前になかなかトップにクサビのボールが収まらない。そしてミスからボールを失いカウンターを浴びるという展開が続く。アルゴスは特に守備面で組織的によく整備された好チームで、その高いディフェンスラインは名古屋のアタッカーを何度もオフサイドトラップに嵌めたりもしていた。気候条件を考えるとアルゴスのハイペースが最後まで続くとは思えず後半になれば個々の能力に勝る名古屋の時間帯が来ることは間違いないだろうと思いながら見ていたが、出来れば相手が元気なうちにそれをどうこじ開けるのか見てみたいというのが俺の率直な気持ち(願望)だった。

 そして試合は思いもよらぬ形で新たな局面を迎える。名古屋のDFが自陣深くからアルゴスDFの裏に向けてクリア気味に大きく蹴ったボールに9が抜け出すと、スタートの遅れたアルゴスGKがシュートを放とうとした9と交錯。レフェリーは9の放ったループ気味のシュートがゴール脇に外れるのを確認してからアルゴスGKにレッドカードを提示した。
 相手の体力が落ちるであろう後半を待たずして数的優位というアドバンテージを得た名古屋。しかしその後もなかなか攻撃が上手く行かないと見るやベンチは早々に2→3、21→12というメンバー交代を断行した。そしてその効果もあってか、相手陣内深くで得たスローインからボールを受けた9がドリブルでライン際まで持ち込み左足で放ったシュートを交代で入ったアルゴスのGKがファンブルして名古屋は追加点を奪い前半を折り返した。

 ハーフタイム中にコーチからの喝が入ったのか、後半を迎えるに当たってかなり気合の入っていた名古屋はまたしても開始早々に追加点を奪うことに成功する。左サイドへ大きく展開したボールから11が一旦キープしそこからドリブルで持ち込んで放った強烈なシュートがポストを叩くと、そのはね返りをゴール正面で待ち構えていた9が豪快に左足で蹴り込んだ。
 これで少し余裕の出来た名古屋は明日の清水戦も見据えてか、8→20、7→13といった交代を次々と行い、6と20のWボランチという新たな組み合わせを試したりもしている。スタメンでWボランチを組んでいた7と8はそれぞれボールを落ちつけられる7と大きな展開が得意な8といった特徴を持った選手達だが、20は彼等にはない攻撃にアクセントを付けられる選手で、一学年上の選手達に混じるとまだ当たり負けしてしまう場面もあるが、使い方次第では面白いオプションになるだろう。

 その後試合は左からのクロスボールを胸でトラップしてボールを落とさないまま反転し右足で豪快に蹴り込んだ9のハットトリックとなるゴラッソも決まり4-0で名古屋が勝利を飾った。9はいわゆるゴリゴリ系のストライカーだが、特に後半は時々25とタテの関係となりバイタルエリアを上手く使っていた印象もあった。あとは25や終盤に25と代わって入った24といった「飛び級」組も惜しい場面を作っていたのでゴールを決めて自信をつけさせてあげたがったが、それは次戦以降に持ち越しということで。
b0036243_1704518.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-27 17:01 | Youth
<< プリンスリーグ東海2009 第... ACL ラウンド16 名古屋×... >>