Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラセン(U-15)東海大会 準決勝 名古屋U-15×SALFUSoRs @三好町旭グラウンド
 岐阜VAMOSを相手に予想以上の苦戦を強いられた準々決勝から一日。既に全国大会出場は決定しているのでここからは東海チャンピオンを賭けた戦いになる。彼らの目標はもちろん全国で結果を出すことだろうが、そこに向けて弾みをつけるためにも東海チャンピオンとして本大会に乗り込んでもらいたいところ。

 とは言え、この炎天下で立て続けに準決勝と決勝(3位決定戦)と一日二試合を戦わなければならない強行日程を考えてか、名古屋は通常の先発メンバーから少し構成を変えてこの試合に臨んできた。上手くローテーションを組みながら選手達の疲労を軽減し、また全国大会を見据えて色々な選手の組み合わせのテストや誰かが出られない時のシミュレーションなどもしておきたいというのもあるのだろう。

    10   25

21   7    6   12

5    4    3    2

       1

 注目はエースの9を欠いた場合の攻撃(2トップ)の構成と普段の最終ラインから一列繰り上がりボランチに入った6だろうか。最終ライン(CB)を4と6で組んでいると普段はなかなか出番のない3もCBとしてどこまで期待に応えたプレーが出来るのか。

 試合はSALFUSが普通に前からプレッシャーを掛けに来たこともあってか、またFWに9がいないこともあってか、名古屋は昨日のように必要以上にタテに急ぐこともなく後ろからしっかりとボールを動かしながらゲームを組み立てる。そして少しづつラインを押し上げながらタテに入れるボールとともにスピードアップする攻撃は安定感があっあ。ベンチからもトップと最終ラインの距離に関する指示がよく飛んでいたし、守備になっても攻め上がった選手のカバーリングを含めて全体のバランスがう上手く保たれていてあまり隙がない感じ。これでSALFASがやる気をなくしてしまったわけではないだろうが、試合は次第に名古屋の一方的なペースになっていった。

 最終的に5点を奪った攻撃の口火を切ったのは4。右サイドのCKから7が蹴り込んだボールをファーサイド高い打点で合わせたゴールは先日の試合同様ユースやトップチーム顔負けの迫力があった。そして給水タイムを挟んで、中盤でこぼれ球を拾った7が狙い澄ましたスルーパスをDFラインの間に通すとこれに反応した10が相手DFと競り合いながらドリブルで持ち込んで右足シュート。これが決まって名古屋は追加点を奪うことに成功した。
 SALFUSが球際をあまり激しく来ないこともあってか、名古屋の選手達は比較的余裕を持ってボールコントロールすることが出来ていたが、中でも際立っていたのは2トップで、さすがに相手も当たってこざるを得ないアタッキングサードで相手にボールを触らせないようなキープ力は秀逸。特に25は相手の寄せが甘いと見るや果敢にドリブルでボックス内へと切れ込んで行き積極的にシュートを放っていた。言わずと知れた一学年下のU-14のエースはこの年代でも際立った存在感を発揮し始めてている。そしてそんな25の姿勢はチームにとって3点目のゴールとなって結実する。左サイドの21と5が運んで来たボールを相手DFラインの裏に抜けながら受けた25は鋭いターンの利いたドリブルで対面するDFを置き去りにすると、限られた角度から冷静に左足で反対側のサイドネットを狙ってシュートを蹴り込んだのだった。先日のレヴューの中では25のシュートについて注文を付けたが文句なしのゴールだった。

 相手に全く何もさせないまま3-0とリードを奪った名古屋は後半に向けてメンバーをローテーション。

    10    9

13   8    21   12

5    3    6    2

       1

 エースの9や中盤の8といった主力選手を登場させつつ4を下げ6を最終ラインに戻す。7や4がいない時のシミュレーションも兼ねているのだろう。バネのあるドリブル突破からのシュートが持ち味である飛び級組の21のボランチ起用も興味深い。

 後半になるとSALFUSもハーフタイムにスタッフからの喝があったのか球際が随分と激しくなり寄せも速くなった。前半ほど自由にはタテのクサビからゲームを組み立てられなくなった名古屋だったが、ショートがダメなら大きな展開というわけで、ミドルパスを得意とする後半なら出場の8がピッッチ左よりの位置から右サイド大外の12に目の醒めるようなダイアゴナルパス。一気に局面を打開する。そして右サイドから12がドリブルで仕掛けるとたまらず相手がファールで止めPKを獲得。これを12が自ら決めて名古屋が点差を4点と広げたのだった。

 その後試合はSALFUSが右CKから右アウトサイドで蹴ったボールがGKの頭を越えてそのまま名古屋ゴールに吸い込まれるというスーパーゴールによって1点を返されたものの、左サイド深い位置でキープした9が中に入れたボールを相手GKの前で頭で触った10が決めてこの試合二点目。スコアを5-1にした。そして最後には22や23といった更なる飛び級組まで投入してチームに馴染ませた名古屋は、この試合で三つ目のポジションとなるFW(9の回りを動く仕事)に移動した21や途中出場でボランチに入った20が積極的にボックスに飛び出して行ってチャンスを作り続けたところで試合終了。その時点でピッチに立っていた4人の背番号20番台(20,21,22,23)はいずれもU-14からの飛び級組。23はGWのプレミアカップでは4とCBを組んで準優勝に貢献していた。そう言えば最近U-14で見掛けないなと思っていたら彼もこのチームに合流していたようだ。

 昨日の試合が良いレッスンとなったのかとても安定感のある戦いで決勝進出を果たした名古屋。二年連続優勝を掛けた決勝はこの後14:30から同じ旭グラウンドで行われる。
b0036243_1344403.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-07-19 13:44 | Youth
<< クラセン(U-15)東海大会 ... J1 2009 第18節 名古... >>