Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラセン(U-15)東海大会 決勝 名古屋U-15×ACNジュビロ沼津 @三好町旭グラウンド
 東海大会も遂に決勝。対戦相手となるACNジュビロ沼津は静岡県予選を無敗で勝ち上がってきた文字通り静岡最強チームで、この東海大会でも無敗を続けている。舞台は整い相手にとって不足はない。あとは持てる力を発揮して二連覇に挑むだけだ。

 名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

     10   9

21    7    8   25

5    4    6   14

       16

 これまでの対戦相手と違い勝ち方を知っているチームだけにどのような試合展開になるのかと注目していたが、つい2時間半前に終えたばかりの準決勝(SALFUS戦)の良いイメージがまだ残っているのか、名古屋はキックオフから良い感じでゲームを進めることが出来ていた。このチームの魅力のひとつがアグレッシブな攻撃にあるのは間違いないが、気負って強引になり過ぎることもなくシンプルにボールを動かすところは動かして(ボールを下げて作り直すところは作り直して)攻撃をオーガナイズする名古屋は大会を通して成長し大人のチームのような落ち着きを身に着けていた。
 対するジュビロ沼津はこれが本来の彼らのスタイルなのかどうかは分からないが、まずはしっかりとブロックを作って守りカウンターにつなげるというスタイルを徹底していた。2トップに合わせるカウンターには鋭さがあり、昨日の名古屋とVAMOSとの準々決勝のレビューの中で俺は「相手のカウンターにもう少しキレと精度があったら危なかった」というようなことを書いた気がするが、まさしくそんな感じのチームだ。
 しかしそんな相手のカウンターに対してキックオフ直後こそ戸惑って(慌てて)いるようにも見えた名古屋だったが、沼津のカウンターは中央に陣取るトップにボールを集めるところから始まるので、カウンターが発動すると4と6のCBコンビが横並びになるのではなくタテの関係になってチャレンジ&カバーの役割分担を明確にしてDFラインに深みを持たせることでいつしかその対応に成功していた。

 両SBが果敢な攻め上がりを見せる名古屋は厚みのある攻撃でジュビロ沼津陣内へと攻め入り、ボールを失っても前からのプレッシャーによって奪い返して波状攻撃を仕掛けられていた。そしてそれに耐える沼津はほとんど2バック状態の名古屋に対して一撃必殺のカウンターを狙う。
 そしてそんな展開が続いて前半を0-0で折り返すかと思われた矢先の出来事だった。沼津DFラインの手前でボールを受け一瞬フリーになった9が自らに対するプレッシャーがないのを確認すると思い切って左足を振り抜く。するとこのグラウンダーのシュートが沼津GKの伸ばした指先を弾きゴール右隅に突き刺さったのだった。ここのところ試合に100%集中出来ていないように感じられる場面もあった9だが、決勝という舞台で最高の時間帯に貴重なゴールを決めるあたりはさすがにエースだ。

 後半になっても攻め続ける名古屋はいずれもU-14の選手が務める両SHが目立っていた。相手のカウンターを警戒してトップへのクサビのボールではなくサイドにボールを集めていた部分もあったのかもしれないが、彼等の繰り出すドリブル突破は一つ上の年代でも止めるのは容易ではなく、アタッキングサードでその存在は特に際立っていた。さすがに最後の場面では沼津も身体を張ってくるのでなかなかフリーでシュートを打たせてはもらえなかったが、名古屋にとって貴重な二点目は右サイドから仕掛けた25のセンタリング気味のシュートがそのままゴールに吸い込まれたところから生まれている。

 名古屋にとって後半は風下ということもあって25による追加点が生まれるまでは少し苦しい時間帯もあった。前半は4と6のコンビネーションによって上手く封じ込められていた沼津のカウンターも、後半になると沼津のFWが4と6のCBコンビとガチンコで勝負するのではなくサイドバックの裏のスペースを狙って走り合いを仕掛けて来たので、名古屋は何度か自陣深くまで沼津の侵入を許している。しかしそんな沼津の時間帯においてもCBコンビとともにGKの16がタイミングの良い飛び出しやビッグセーブでチームを救っていた点は見逃せない。右からのクロスに頭で合わせられた失点シーンこそクロスボールに対して風の影響もあってやや目測を誤った感もあった(出るか出ないか逡巡してポジションにングが中途半端になりシュートに反応出来なかった)が、全国の舞台で戦う上では彼がこの決勝トーナメントで見せたようなパフォーマンスが求められることになるのは間違いないだろう。

 試合はそのまま2-1で名古屋が勝利し二年連続での東海大会制覇を成し遂げた。サイズのある選手が多く、彼等がそのフィジカルを生かしてプレーしているのを見るとこれがジュニアユース(U-15)の試合であるということをついつい忘れてしまう。俺の印象ではこのチームはこれまでの(U-18を含めた)名古屋の下部組織とは全く違うどことなく関東っぽいチーム。ただ彼等のポテンシャルはまだまだ底を見せていないと思うので、(8月には関東遠征なども予定されているようだが)全国の舞台で様々な強豪チームと対戦して刺激を受け更なる成長につなげて行って欲しいと思う。そして彼等がそのポテンシャルを発揮すれば、全国大会で初優勝を果たした昨年の黄金世代に勝るとも劣らないパフォーマンスを福島の地で見せることも決して不可能ではない。
b0036243_1303882.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-07-20 01:47 | Youth
<< トレーニングマッチ(U-16)... クラセン(U-15)東海大会 ... >>