Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラセン(U-18) 名古屋U-18×広島ユース @Jヴィレッジ
 グループリーグ第二戦の相手は中国地域代表の広島ユース。広島ユースと言えば一昨年の高円宮杯準決勝で延長戦の末に敗れたり、Jユースカップでも一昨年、昨年と二年連続で決勝トーナメントで対戦し行く手を阻まれている因縁の相手でもある。言わずと知れたユース年代のビッグネームであり昨日の試合で塩釜FCを8-1と粉砕している広島が弱いわけはないが、名古屋としても決勝トーナメント進出に向けてもう負けるわけにはいかない。

 名古屋のスタメンはこんな感じ↓。

      小幡   大西

矢田   水野   近藤   三浦俊

安藤   奥山    岸    岩田
 
        三浦天

 昨日の試合からの変更点は金編に代わって大西が起用され、大西をFWにそして矢田を一列下げて左サイドで起用しているところ。これが昨日の横浜戦で金編のパフォーマンスが芳しくなかったからなのか、それとも昨日のメンバー構成ではやはり得点が遠いと思ったからなのかは不明だが、個人的には昨日の試合を見ながらタテに行ける大西がいれば・・・と思うシーンが何度かあったのは事実だ。

 後がない名古屋は昨日の試合と同様に立ち上がりからとてもアグレッシブなプレーを見せる。特に2トップによる前線からのハイプレッシャーは、パスコースを限定するというよりも相手DFからボールを奪ってそのままゴールに持ち込もうとするぐらいの勢い。そんなハイテンポ(勢い)が一試合を通じて続くとはとても思えないが、選手達のこの試合に賭ける思いは十分に伝わってきた。

 しかし名古屋はボールを奪っていざ攻撃に移ってもなかなかそれをシュートに結びつける(シュートで終わる)ことが出来なかった。この試合、ピッチには試合に重大な影響を及ぼすレベルのとても強い風が吹いていて、前半の名古屋は風上に立っていたのだが、シュートを打たなければそれを生かすことも出来ない。
 名古屋がシュートを打てなかった原因はいくつかあるが、第一に挙げられるとすれば選手が「良いこと」をしようとし過ぎていたこと。名古屋の選手達はアタッキングサードでボールを持ってもドリブルで目の前の相手を完全に抜き去ってからシュートを打ったりクロスを上げようとしていた。確かに広島の選手達は名古屋の勢いに押されながらも最後のところでシュート(やセンタリング)のコースだけは空けないようにしっかりとポジションを取っていたし、相手を抜いてからシュートやセンタリングを打った方がより精度は高まるだろう。しかし例え視界の端に相手が入っていたとしてもシュートを打てば相手に当たって入るかもしれないし、クロスにしても相手を抜き切らずに上げるという方法もある(その方が守る側としては守り辛いという面もある)。そして結局名古屋の選手達はそこからドリブルを仕掛けている間に相手DFに距離を詰められ、それが相手に引っ掛かってボールを奪われるといういようなシーンが続出していた。
 シュートが少なかった原因をもうひとつ挙げるとすれば、チームがサイド攻撃にこだわり過ぎていたこともあるかもしれない。これはチーム方針に忠実だったという部分では褒められるべきことなのかもしれないが、名古屋はボールを持ってもタテではなくまずサイドという意識が強く、このまま真ん中から(ドリブルやワンツーを使って)ダイレクトに割って入って行けば相手も慌てるだろうなぁという場面でも、まずはサイドにボールをハタいて(そこにSBが絡んで)数的優位を作って攻める形を徹底していた。仮にサイドを破ったとしてもその後中央でフィニッシュに結びつけるか(クロスにどう合わせるか)という問題もあるし、相手にとっては図らずも名古屋の攻撃をサイドに押し出したような形になり態勢を立て直す時間も出来て怖さは半減したに違いない。

 そういう意味では矢田の先制ゴールは見ている側のちょっと焦れったいような気持ちを晴らすかのようなスーパーゴールだった。中央に絞っていた矢田がやや距離のある位置から得意の左足で掬い上げるように放ったシュートは風にも乗って190cmという広島の長身GKの頭上を越えゴールマウスへと吸い込まれる。矢田の色んな意味での状況判断と技術が光ったゴールであり矢田が特別なプレーヤーであることを証明するかのようなゴールだった。

 だがそんな矢田のゴールもチームにとっては追い風とはならなかった。むしろ先制後は一点を守ろうという意識が働いたのか大事に行こうとするあまりシュートを打たない傾向が強くなったようにさえ見えた。そして右サイドで攻めあぐんで中(水野)に戻したところを狙われてボールを奪われると、チャレンジに行ったCBの奥山もスピードに乗った相手に振り切られ独走を許してしまう。これを冷静にゴールへと沈められ名古屋はあっさりとアドバンテージを手放してしまった。右サイドにボールが渡った時もう少し思い切って攻める方法はなかったか。自分達の好機からみすみす相手にプレゼントしてしまったようなゴールだけに悔やまれる失点。

 さらに最初からかなり飛ばしていた名古屋は矢田のゴールが生まれる少し前からリトリートして守るような形に切り替えていたが、広島が中盤までボールを運ぶようになると前線や中盤で球際の強さの差が少しづつ表れるようになっていた。そして気合いと体力によってこの中盤の競り合いを制した広島は中盤の選手が前を向いてボールを扱えるようになり、名古屋DFラインの裏に狙い澄ましたパスを供給するようになる。プリンスリーグで何試合かを見た時に、俺は名古屋のDFラインが簡単にギャップを作って裏を取られてしまうシーンが気になっていたが、全くフィルターの掛っていない状態で次々と裏にパスを通されるのだから、こうなるとDFが対応に戻っている間に相手がボールコントロールをミスってくれるか、GKがビッグセーブを見せてくれるか以外に頼るべきものがない。
 そしてそれを修正で出来なかった名古屋はGKの退場とPK献上という最悪な事態を招いてしまう。タテ一本にアッサリと抜け出した広島の10番大崎がボックスに入ったところで、少し遅れて飛び出してきた三浦天が身体ごとこれにぶつかる形になっての一発レッドだった。これを広島のキッカーが落ち着いて決めて逆転。代わって入った古川はコースを読んでいたがシュートのコースが良く一歩届かなかった。三浦天の巨体と激突した大崎が(一旦はピッチに戻ったものの)前半のうちに負傷退場してしまったことは広島にとっても大きな痛手だが、どうしても勝ち点3が必要な名古屋にとって(まだ前半とは言え)一人少ない状態で1点のリードを許す展開というのもキツい展開だ。

 強風の風上というアドバンテージを全く生かせなかった(シュートをほとんど打てなかった)名古屋に対して、エンドが変わった後半の広島の攻撃は実にシンプルだった。後半になるとかなり風が弱まってしまっていたものの、広島はボールを持ったらまずタテを見てしつこく名古屋DFラインの裏を狙ってくる。そんな広島のダイレクトプレーが、追い風を計算に入れたものなのか、それとも前半を見て名古屋DFが簡単に裏を取れると踏んだからなのかは分からないが、この攻撃は名古屋に対しては実に効果的だった。名古屋はCBの二人とGKが何とか耐えて凌いでいたがクリアすれどもクリアすれども相手ボールという苦しい展開が続く。

 セカンドボールを拾ってDFラインの裏が狙えなければ一旦サイドへとボールを持っていく広島に対して名古屋はボランチの二人が右に左にとトップチームのボランチさながらの運動量で奔走して対応に出ていた。一人少ないとは言え、組織がしっかりしていればこんなに走らなくても良いのでは?という気もしないでもないが、おそらくチーム全体で組織プレーがそこまで詰められていないのだろう。
 例えば前半にまだ11人だった頃のこんなシーン。右サイドからドリブルでカットインして持ち上がってきた三浦俊が中央からボックスに入ったあたりで相手DFにボールを奪われると、ボールを奪った広島は三浦俊のいた右サイドからボールをつながいで攻撃に移行していった。そうした場合誰が三浦俊の空けたスペースを埋めるべきなのだろう。残念ながら名古屋では2トップと三浦俊の三人が前線に取り残された形になっていてそのスペースは空白のままだった。

 その後名古屋は前半から凄まじい運動量で相手DFにプレッシャーを掛け続けていた大西と小幡に代えて奥村と高原を投入する。この試合で特に目立っていたのは小幡で、小さな身体ながら激しいプレッシャーによって広島DFからボールを奪い取り自ら攻撃に持ち込むようなプレーを何度も見せていた。後半立ち上がりからの名古屋は正直なところそれぐらいしか突破口が見いだせなかったぐらいだ。
 そしてこの交代と前後して広島は選手達に疲労の色が見え始め、個々のプレーヤーの寄せが甘くなっていたことで、名古屋は少しづつ広島陣内へとボールを運べるようになっていた。そしてもし小川監督が我慢して我慢して相手の動きが落ちるのをギリギリまで待った上でフレッシュな選手を投入したのだとしたら恐れ入るが、結果的にこの選手交代が名古屋に流れを呼び込むことになる。

 今大会初登場といなる奥村のポストプレーはやや正確性を欠いていたものの、これに矢田と高原が絡む攻撃は十分に得点の可能性を感じさせるものだった。そして右サイドからのクロスボールに対してファーサイドで待ち構える高原の前で相手DFがハンドを犯してPKを獲得。これを矢田が落ち着いて蹴り込んで10人の名古屋が同点に追い付く。

 時間はないが勢いは完全に名古屋だ。そしてここで名古屋はまさかの岩田FW起用。近藤が右SBに移動し4-3-2のような布陣になる。岩田と奥村を前線に並べてパワープレー的な発想なのだろうが、ヘディングも強く、突破力、シュート力を兼ね備える岩田のFW起用は、静学戦の最後に岸をFWに上げたのよりも遥かに可能性を感じさせるものだった。

 しかし試合はそのまま2-2で終了。試合後ピッチに座り込んだのは一人多い状況で勝ち切れなかった広島の方だった。
 小川新監督率いる名古屋が全国の舞台に臨むにあたり用意した戦い方は、相手の出鼻をくじく先制攻撃といい、相手にボールを持たせておいてそれを奪ってカウンターを狙うリアクションスタイルといい、自分達を格下と認めた上での戦い方だった。ただこうした戦い方を選択して勝ち点3を確保するには攻守両面において名古屋は組織がまだ脆弱だったのも事実だ。ディテールまで詰められていない印象を受ける組織は未熟で、全国レベルチームを相手にした時には個々の選手達がいくら頑張ってプレーしてもその穴を覆い隠すことはできなかった。
 一方で選手達が最後まであきらめない姿勢を見せ横浜から1点そして広島から2点をもぎ取ったことは十分評価に値するし、全国の舞台にも全く物怖じすることなく試合に向けて集中力を最大限に高めキックオフからフルパワーを発揮できたことは選手達のメンタルの強さであり、監督以下スタッフによる試合への持って行き方が上手く行ったことの証でもあると思う。

 残り一試合、広島が8点を取り横浜が10点取った塩釜FCに対して一点でも多くの得点を奪ってグループリーグを締めくくって欲しいところ。中一日空くこともあり相手も一矢を報いようと死に物狂いで来るだろうし、いくら実力差があるからといってもチームとしての力がなければ全国大会に出てくるチームを相手に10点など取れるはずもない。名古屋にとってこの試合は何点取れるかという意味でのチーム力が試される場でもある。
b0036243_2214227.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-07-26 23:59 | Youth
<< J1 2009 第20節 大分... クラセン(U-18) 名古屋U... >>