Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第33回全日本少年サッカー大会 決勝 名古屋U-12×新座片山FC @西が丘
 いよいよ迎えた決勝戦。相手の新座片山FCは昨年苦杯を喫したFC浦和と同じ埼玉のチームでもあり、名古屋にとって初戴冠の舞台はいよいよ整った感じだ。

 名古屋のスタメンはこんな感じ↓。昨日の試合から微調整が入ったのは、7がワントップ気味になり10と縦の関係の2トップのようになっていたこと。昨日の試合でも10は7の下のスペース(DFラインとボランチの間)でボールを受けてそれがチームとして良いアクセントになっていた感じだったが、立ち上がりからここまで露骨なポジションを取っている感じではなかった。

        7

11     10      9   

     6     8

18   16   15    2

        1

 試合はさすがに決勝ということもあってか立ち上がりやや硬さの見られた名古屋だったが、時間とともに前線のタレントを中心として攻勢に転じる。特に昨日放送された日テレの特番で未来の日本代表候補としてクローズアップされていた7は、誰の目にも明らかな特徴(スピード)を有していて、(もちろん彼の特徴はそれだけではなのだが)彼がフルスピードでボールを追うだけで会場が沸き立つ感じも含めて何かが起こりそうな雰囲気が生まれるスター候補生だ。前半は7個人としてもチームとしても何度か良い形を作りながら、GKまで含めてとても集中したディフェンスを見せる新座片山FCの何層にも渡るカバーリングを前に無得点に抑えられてしまったが、こうした展開で試合を決める働きが出来るのが真のエースであり真のスター。昨日の川崎戦と比べても両チームの間の実力差が明らかなこともあり、後半に向けて俺の注目点は彼がエースとしての働きが出来るかどうかに絞られていた。

 そして迎えた後半、昨日同様に開始からほどなくして7は先制ゴールを奪い、自らがそういう星のもとに生まれた選手であることを証明した。前線で相手の集中マークにさらされていた7を助けるためか、この得点と前後して名古屋は7と10がポジションを前後に入れ替えたりして10がより高いポジションでプレーするようになっていた。そしてこれにより前線でのマークが分散したことが、この7そしてその後に続いた10のゴールにもつながった。二人のゴールはいずれも相手DFの前をドリブルで横切りながら(10の二点目は左サイドからカットインしながら)右足で蹴り込んだものだったが、7のゴールが対角線のコースを上手く突いたものである一方で10のゴールは豪快にネットを揺らしたもので、それぞれに二人の特徴が現れたゴールでもあった。

 この二得点によってほぼ試合を決めた後は特に顕著だったが、この試合での名古屋は昨日とは打って変わってパスをつなぐシーンが目立った。昨日はいわゆる組み立てにおいてはほとんどロングボール一辺倒だったが、この試合ではボランチでキャプテンマークを巻く8番の選手も目立っていたし、つなぐシーンの方がロングボールを蹴るシーンより多かったのではないだろうか。これを見ているとチームが状況に応じた戦い方に様々なレパートリーを持っているらしいことが伺えるが、その根底では「ボールを下げない」という一貫した哲学も感じられる。昨日の試合にしてもロングボールを蹴ることが目的だったのではなくて、あくまでもチームとしてやりたかったのはボールを持ったら前を見ることと、チャンスがあれば自らどんどん仕掛けることだったに違いない。
b0036243_12591478.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-08-08 13:02 | Youth
<< 豊田国際ユース U-16日本代... 第33回全日本少年サッカー大会... >>