Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第14回東京都サッカートーナメント 決勝 東京学芸大×明治大 @西が丘
 天皇杯の東京都代表決定戦を兼ねた東京都サッカートーナメント。第14回目を数える今年の決勝は東京学芸大学と明治大学という個人的に非常に興味深い対戦になった。この試合に対して俺が格別な興味を惹かれるのは、学芸大では太田圭佑(2年)、明治では久保裕一(3年)という名古屋ユース出身プレーヤーがメンバー入りしているからで、Jクラブのファン目線でこれだけこの試合を楽しめるのは、学芸大DFの高橋の来季加入が内定していて、明治では三田と山村という二人のユース出身プレーヤーがスタメン出場していたFC東京ファンぐらいではないだろうか。
 そして両チームともにオーソドックスな4-4-2の布陣を敷く中で、学芸大の太田は右SH、明治の久保はFWとして期待通り先発出場を果たす。太田も久保も関東大学リーグでは一年生の頃からちょくちょく試合に出ていたが、太田は背番号7、久保は11と、ともにレギュラー番号を背負っており、今やすっかり主力におさまっている。

 というわけで、試合もそんな二人を中心に見て行くと、試合は常にボールを持って攻撃を組み立てようとする明治に対してしっかりと守備ブロックを作ってそれを待ち構えカウンターを狙う学芸大という図式の中で、太田も久保も前半はそれほど目立つことが出来ず、ともにどことなく窮屈なプレーを強いられていた印象だった。
 太田はまず守備ありきで全体のバランスを崩さないことを優先するチームにあって、特に前半はかなり抑え気味なプレー。そんなわけでほとんどボールに触ることが出来なかった太田は、右サイドの深い位置でボールを持つと鮮やかな切り返しで対面するDFを転がし左足で中にクロスボールを入れたのが唯一の見せ場だった。
 一方の久保は終了間際にCKからドンピシャのヘッドを合わせてゴールライン上で相手DFにクリアされたのが最大の決定機。流れの中では、常にボールをキープして攻撃のビルドアップを図るチームの中で、前線に張っているだけでなく、相手DFラインと中盤の間のギャップに落ちて来てクサビのボールを受けようとする動きが目立っていたが、ボールを引っ掛けてカウンターを狙う学芸大に対して明治は怖くてそこにクサビのボールを入れられない。むしろそんな久保をオトリとして久保が空けたスペースに2トップを組む山村だったり大外から右SHの都丸や左SHの山田が走り込んでボールをもらう場面の方が良い形になりかけていた。また久保自身も一度下がった後サイドや前線にボールが出た後で再び前に出て行こうとする時に、山村がそのスペースを消してしまっているような場面も多く、久保のプレーからは昨夏のJヴィレッジで名古屋ユースに悪夢をもたらす口火を切ったこの一年生FWの良さを引き出してやろうという姿勢が感じられたが、コンビネーションについてはまだまだといったところだろうか。

 試合は結局後半も点が入らず0‐0のままPK戦にもつれ込んだが、尻上がりにペースを上げて行ったのは学芸大の方で、カウンターやセットプレー――明治はマークが曖昧で相手のキーマンとも言える高橋をフリーにしていていつやられてもおかしくなかった――から何度か決定機を作り出し、その度に明治のGK高木の好セーブやポストに阻まれていたものの明らかに試合の主導権を握っていたのは学芸大の方だった。そしてそこには得意のドリブルと持ち味のスピードで攻撃に絡む太田の姿があった。
 そんな学芸大に傾きつつある流れを決定的にしたのは明治FW山村のラフプレーによる退場で、明治はさらにとっくに交代枠を使い切った延長残り5分ではCBの丸山が足を攣って十分なプレー続行が出来なくなるというアクシデント。それでも明治はそんな丸山を最前線に回して久保を一列下げるという応急処置でこれを乗り切った。春先に関東大学リーグ第2節を観た時にも同じことを思った記憶があるが、久保はこうした場面でもチームのために献身的なプレーが出来るプレーヤーだ。

 そして前後半90分・延長20分でも決着がつかなかった死闘はPK戦へと突入し、試合の中でもビッグセーブでチームを救っていた明治GK高木の活躍もあって明治がPK戦を制し天皇杯へと歩を進めた。今年の天皇杯でも、長友(現FC東京)、橋本(現名古屋)、林(現東京V)、関(現仙台)、石井(現山形)、藤田(現東京V)等を擁し清水相手に互角以上の戦いを見せた(結果は3-3からPK戦の末敗退)二年前の再現となるようなサプライズを見せられるか。さすがに当時ほどのタレント集団ではないかもしれないが、三田や松岡など一年生でも十分に目立っている選手もいるので、彼等の伸びシロ次第ではそれも可能かもしれない。

 上でその献身性について触れた久保は高校(ユース)時代と比べてもシュートに対する意識が格段高くなっており、ターンからシュートに持っていく一連の動作にも鋭さが増している。今や押しも押されぬ明治のエースだ。この先勝ち進んでプロとの対戦になった時にどれだけインパクトを残せるか。太田も二年前の高円宮杯・準々決勝で同じここ西が丘のピッチを広島皆実を相手に単に速いだけでなく驚異的なスタミナで駆け回っていたのが昨日のことのように思い出されるが、まるで90年代のイタリアサッカーを観ているような学芸大の中で新しいサッカー・新しいスタイルを学んでいるところだろう。まだ時々戸惑ったり遠慮したりしているように見える場面もなくはないが、この先チームの主力としてプレーする中でさらに成長して行くに違いない。チームには征矢貴裕という良いお手本でありライバルもいるだけにその伸びシロに期待しながら見守って行きたい。
b0036243_17403410.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-08-30 17:51 | Other Games
<< J1 2009 第24節 名古... J1 2009 第23節 G大... >>