Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ACL 準々決勝 1stレグ 川崎×名古屋 @国立競技場
 名古屋がいつも通りの戦い方で川崎に挑めばこういう結果になるのは目に見えていた。ただ名古屋からしてみたら実力差通りの完敗以外の何者でもないが、エース玉田と10番小川のパフォーマンスがサッパリだった名古屋に対して2ndレグに望みを持たせる形になってしまった川崎にとってこれは妥当な結果とは言えないだろう。川崎が対戦相手である名古屋を意識し過ぎていたのか、それともアウェーゴールを過度に警戒していたのか、さもなくばこの先続く地獄のような連戦を見据えてセーブしながら戦っていたのか、原因はいくつかあるだろうが、俺には川崎が(意図的かどうかはともかくとして)自分で自分にブレーキをかけてしまっているように見えてならなかった。

 土曜日の大宮戦に続きこの試合でも4-4-2を採用した名古屋に対して、合わせ鏡のように4-4-2の布陣を敷いてきた川崎には明らかに名古屋に対する綿密なスカウティングの成果が見て取れる。ポイントは二つだ。
 最初のポイントは中村憲とレナチーニョを左右のSHに置いてきたこと。攻撃面を考えれば彼等をサイドに配置するのはむしろマイナス面も大きい気がするが、川崎としては名古屋がDFラインからのパス出しによって攻撃のビルドアップを行うところに着目し、2トップと両SHの計4人がそれぞれ対面する名古屋の4バックに対してマンツーマン状態でプレッシャーに行くことによりそれを封じる狙いだったのだろう。
 第二のポイントはWボランチ(横山と谷口)のポジショニング。システム的に考えれば名古屋のWボランチとマッチアップするはずの彼等は、いざ試合が始まると前には出て来ずDFラインの前を固めていた。すなわち、攻撃の起点となることが滅多になくボールに絡んだとしても横に横にとバケツリレーするか後ろに戻すだけの中村直と吉村には端から見切りを付け、DFラインからケネディへクサビのボールを入れさせないようなポジションを取っていたわけだ。そして名古屋がもしケネディにロングボールを蹴って来たらDFラインと協同してそれを潰すかこぼれ球を回収することに専念していた。試合序盤に目の前がポッカリと空いていた中村直が二度連続してミドルシュートを放った(シュートはいずれも大きく枠の外)シーンがあったのはそのためだ。

 そんな川崎に対して序盤の名古屋は思いのほか順調に試合を進めることが出来ていた。DFラインにプレッシャーが掛かり前線へのパスコースも塞がれている名古屋は仕方なく空いているWボランチにボールを預けることになるのだが、ここは上にも書いたように全くのノープレッシャー状態。そしてボールがWボランチを経由している間に名古屋は田中や阿部が中村憲とレナチーニョの裏(相手のSHとSBのギャップ)に入り込んで再びボールを受けることで上手く攻撃に絡んでいた。
 川崎の策は完全に裏目に出た格好だ。普通にやれば勝てるはずの名古屋に対してなぜ川崎が合わせる必要があるのか。確かにセットプレーなどでは名古屋のゾーンディフェンスに対するスカウティングが生かされている場面も見受けられたが、流れの中で名古屋のやり方に合わせることはむしろ川崎にとっては逆効果だった。
 ただ名古屋にとっては中盤から相手陣内に入るあたりまでは比較的容易にボールを運べてはいたものの、ことフィニッシュに関しては全くの別問題で、アタッキングサードに分厚く形成される川崎の壁(ブロック)を前にした時、名古屋のアイデアは決定的に不足していた。それとも変な形でボールを失うと川崎のカウンターに晒されるとの恐怖感が名古屋の選手達から積極性を奪い取っていたのだろうか。

 一方の守備はと言えばこちらはDFラインが思い切ってラインを押し上げる光景が度々見られたものの、相変わらずジュニーニョのスピードに全く対応出来ていなかった。正直これでは川崎のジュニーニョと中村憲以外のメンバーがボールパーソンの高校生と入れ替わったとしても名古屋は失点を防ぐことは出来なかっただろう。「最も警戒すべき相手」が川崎にとってケネディであるのと同様、名古屋にとってはジュニーニョなはずなのだが、名古屋はジュニーニョに対して一体どんな策を練って来たのだろうか。
 そしてこれはDFラインだけの問題ではない。確かにタテ1本で裏に抜けられるシーンも何度かあったが、バイタルエリアでボールを受けたジュニーニョにそのまま前を向いて突っかけられてもDFラインとしては厳しい。問題はそこでジュニーニョの背中を遥か後ろから追っ掛けていたWボランチで、そもそもバイタルリアで自由にボールを受けられないようにするか、もっとDFラインとボランチが近い距離を保って挟み込むように潰すぐらいでないとジュニーニョは止められない。そうでなくても名古屋のWボランチは不用意にバイタルエリアを空けてしまうことが多く、これは徹底してDFラインの前を固めていた川崎のWボランチとも対照的だ。(ジュニーニョに対してパスを出してくる)起点を潰すという発想も一理あるが、Wボランチのボール奪取能力が飛び抜けて高いわけではないのいだから、闇雲にプレッシャーに行ったところで疲弊を誘うだけで何の意味もなく、せめてそこにはどう追い込むのかというチームとしての意思統一が必要だろう。
 川崎が勝手にバタバタして得点機会を逸してくれていたが、この試合は前半だけで1-3になっていたとしても全くおかしくない展開だったし、俺が川崎の監督だったら「小難しいことは考えずに裏に蹴っておけば何かが起きる」と選手には伝えただろう。名古屋が2ndレグでの逆転を目指すのなら、サッカーというよりはフットサルのGKのようだった広野のビッグプレーを喜んでいる場合では全くない。

 後半にお約束のごとく短時間で連続失点を喰らい逆転された後、ピクシーが吉村に代えてブルザノビッチを投入したのはかなり思い切った采配でありながらまた同時に的を得た采配だった。HOME&AWAYのTOTALで180分あることを考えれば、勢いに乗る川崎にこれ以上追加点を与えないことを優先するという判断があってもおかしくなかったが、ピクシーはこの試合の川崎であれば撃ち合いに持ち込んでも十分につけ入るスキがあると判断したのだろう。
 それにこの試合に限って言えば、Wボランチのどちらかを削ったところでディフェンスの大勢に影響はなかった。中盤を作って崩すというよりは早目に前線のアタッカーにボールを預けてゴールに向かって勝負させることでその突破力を生かそうとしていた川崎に対して、名古屋はまさしく背水のDFラインだけが立ち向かっている状態で、前方からその背中を眺めるだけのWボランチは完全に蚊帳の外だったからだ。
 逆に攻撃面ではプレッシャーが極端に少ないこのポジションでゲームを組み立てられるタレントがいれば面白い。その点で(この試合のベンチ入りメンバーを見る限り)ブルザノビッチは最適なキャストだった。結局同点ゴールこそ奪えなかったものの、終盤は自陣に引いて守備を固める川崎に対して中央でのパス交換からサイドに開いてSB(特に右サイドの田中)の突破からクロスという形が何度も見られたのは、川崎の足が止まっていたとはいえ次戦に向けて見えてきた光明だ。あとはケネディ一辺倒ではなく、真ん中でクロスに合わせるバリエーションを増やしたい。

 あれだけ決定機を作られていればいつ失点してもおかしくなかったとは言え、同点ゴールはもったいない形での失点だった。そして敗戦の責任を一人になすりつける気はさらさらないが、その同点ゴールには今シーズン俺が密かに気にしていた小川の悪い部分が露呈していたのも事実だ。
 今シーズンから10番を背負う小川にはその重みからか「自分がやらなければ」という良く言えば責任感、悪く言えば気負いが散見される。そしてそれは自身やチームのパフォーマンスが悪ければ悪いほど気負いへと傾倒していき、結果的にそれはチームにも歪みをもたらすことになる。二枚のイエローをもらい退場を喰らった磐田戦をはじめ、今シーズンの小川は自身が忌み嫌っていたはずの(入れ違う相手を手で掴むような)醜いファールが増えている。自分の持ち場は絶対に抜かせないという強い気持ちは買いだが、こうしたプレーはそもそも名古屋が掲げる「美しいフットボール」に反するし、去年の試合で小川の突破を抱き付くように止めてイラつかせた某チームのようでもある。
 この試合の失点シーンでは、それまで散々危険なシーンを作られていた川崎のセットプレー、しかもそのセットプレーを与えたのは自分がレナチーニョを止めたファールということで小川の中にマイナスの気負いが充満していたのは容易に想像できる。そして中村が蹴ったボールに対して中に入れさせまいとする(出来れば自分のところで止めたいという)気持ちが裏目に出て壁に穴を開けてしまった。小川が10番の自覚とプライドを持つこと自体は素晴らしいことだと思うが、もう少しチームメートのことを信頼してあげてもいいのではないだろうか。サッカーはチームスポーツ。もちろん小川が周りの選手を助けている場面は数限りなくあるし、時にはその逆もあっていい。

 あと最後にひとつだけ言わせてもらえば、このブログ的に川崎DF菊地のブラックリスト入りは避けられない。それは決して名古屋入りが有力と言われていた駒澤大学時代に川崎へと翻意したからではなく、この試合で何度もケネディに対して背後から膝を立てた状態で突っ込んでいくというプレーを見せていたから。この試合で菊地に与えられていたミッションは「ケネディを潰すこと」だったのかもしれないが、これは駆け引きや競り合いのレベルを超越した明らかに相手を壊すプレーだった。しかも相手が見えていない後ろから襲うという卑劣さは、サッカープレーヤー以前に一人の人間としてその資質を疑わざるを得ない。
b0036243_113342.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-09-23 23:59 | Game Review
<< J1 2009 第27節 鹿島... Fリーグ 2009 第5節 町... >>