Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フレンドリーマッチ U-18Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜 @国立競技場
 今年初の試みでゼロックススーパーカップの前座試合として組み込まれたのがU-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜のフレンドリーマッチ。昨日までの暖かさが嘘のように小雨混じりで肌寒い天候にも関わらず国立行きを決意したのは名古屋U-18のエースストライカーである高原の緊急参戦が決まった影響が大きい。倉又監督率いるU-18Jリーグ選抜の中で高原がどういったプレーを見せるのか興味深かったが、唯一不安だったのは辞退した小川に代わる招集ということもってか、高原がMF登録されていたこと。FWには杉本、原口、小野、久保といったこの年代のスタープレーヤーが名を連ねているのでむしろMFの方が出場チャンスは増えるかもしれないが、正直なところ高原がMFをやっている姿というのはあまり想像できない。

 AWAY側ゴール裏では、朴さんや菅沢さんといった元名古屋下部組織のスタッフの姿も見られたこの試合で、高原は後半の比較的早い時間帯にMFの堀米に代わって出場。ポジションはそのままサイドハーフだった。しかし名古屋のジュニアユース時代からゴールを積み重ねてきたFWとはやはり勝手が違うのか、ポジショニングなどに戸惑っている場面も見受けられ、特にディフェンスでは対面する相手SBのオーバーラップを何度も行かせてしまうなど、これが本職のサイドハーフだったらベンチから怒られても仕方ないようなプレーを見せたりもしていた。後半の最後の方になると割り切ったのかどんどん真ん中に入って行き、本来のストライカー的な動きをしていた印象だったが、この慣れないサイドハーフや、コーナーキックのキッカー、さらには相手のCKで攻撃(ハーフウェーライン上)に残るのではなくニアサイドのポストに立つ役割など、普段と異なった役割をレベルの高いチームメート達の中でプレー出来たことは大きな経験(財産)になったかもしれない。
b0036243_561650.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-02-27 23:59 | Youth
<< アジアカップ予選 日本×バーレ... ジャパンユースサッカースーパー... >>