Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
アジアカップ予選 日本×バーレーン @トヨタスタジアム
 名古屋の宝・本田圭佑の豊スタ凱旋試合というわけで、Jリーグ開幕に先駆けて強行日程で豊田スタジアムへ。ただパッと思い付く限り、本田の名古屋時代の良いパフォーマンスはほとんどが瑞穂でのもので、2006年シーズンの浦和戦で軸足を滑らせながら放ったクロスボールが決勝ゴールとなるヨンセンのダイビングヘッドを呼び込んだことぐらいだろうか。今や名古屋では不動の左SBである阿部のデビュー戦となった鹿島との試合で、阿部が1対1でやられまくっていたのを見かねたフェルフォーセンが左SHだった本田とのポジションの入れ替えを試合中に断行したのもこの豊田スタジアムだった。

 中スポの予想によれば、本田は中村俊輔と右SHのポジションを争うのではなく、中央で岡崎とタテの関係をなすような2トップを組むとのこと。4-2-3-1の3の真ん中と言うことも出来るかもしれない。そしていざ試合が始まると、普段のJリーグの名古屋の試合ではわざとそうしてるとしか思えないぐらいスタメン予想を外しまくる中スポの予想がなぜだかこの試合に関しては100%的中し、長谷部や松井といった海外組とともにスタメン出場を果たした本田は、中央で2トップのようにもトップ下のようにも見えるポジションでプレーしていた。

 試合は立ち上がりから日本が長いボールでバーレーンDFの裏を狙うような攻撃がやたらと目立つ。遠藤や中村憲(この試合は欠場)といったボールを動かせるタレントが中心となって真ん中でパスをつないでサイドに展開するようなパターンが多いこのチームにあってこうした戦い方は意外だったが、自陣にしっかりとした守備ブロックを作っている“中東の魔術師”マチャラ率いるバーレーンのカウンターを警戒していたのかもしれない。
 そしてそんな日本にあっては本田のプレー自体も前半は決して良いとは言えない出来だった。オンザボールではサイドからのクロスボールに対して惜しいシュートを放ったり、前線に決定的なスルーパスを送り込んだりとさすがに今最も旬なプレーヤーであることを実感させるプレーを見せていたが、問題はオフザボールで、どことなくどう動いていいか分からないといったような感じで動きに迷いが感じられたのは、それが慣れないポジションのせいなのか、それとも日本の戦術のせいなのかは分からないが、こんな調子じゃあまた湯浅健二にあたりにこっぴどく叩かれるに違いないと思っていたら案の定だった。
 ただ俺が前半の本田をイマイチだと感じたのは、オフザボールで犬のように走り回らなかったからではなく(むしろ機動力があるタイプではない本田がFWというだけで前線からのチェックに借り出されていたのは不憫だと思ったぐらい)、前に行っても岡崎のように裏でボールをもらうようなことが出来ず、かといって下がって来ればボランチの遠藤や長谷部との間でスペースを潰し合っていたりといった、あくまでもチームの機能としての問題だ。

 後半になると2トップの動きも含めてチームとして幾分か改善されてはいたものの、2005年の高校選手権の時から良い時も悪い時も本田を観て来た一ウォッチャーの感想で言うなら、このチームで本田の力を最大限に引き出そうと思ったら、やはり中村俊輔の存在がネックになってくるのは間違いない。中村俊輔を中心として中村俊輔のリズム(ペース)によってゲームが作られるこのチームでは、本田の特徴はかなりの部分で損なわれるし、実際、昨年の5月に長居で開催されたキリンカップ(チリ戦)で、中村憲や山田直といったアジリティに溢れる選手達と組ませた時の本田のパフォーマンスはピッチ上でもひと際輝きを放っていた。個人的にも本田には是非W杯のピッチに立ってもらいたいし、それが今年の6月の一番の楽しみでもあるのだが、本田がそこでベストのパフォーマンスを発揮するには決して小さくはないハードルを越えていく必要があるかもしれない。
b0036243_26187.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-03 23:59 | Other Games
<< トレーニングマッチ 中央大学×... フレンドリーマッチ U-18J... >>