Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2010 第9節 名古屋×山形 @瑞穂陸上競技場
 第9節にしてようやく今季リーグ戦初観戦。闘莉王、金崎といった代表クラスの補強に成功した今シーズンの名古屋は戦力的には十分優勝を狙えるポテンシャルがあるが、強大な戦力がまだ上手く噛み合っていない印象。昨シーズンの終盤から取り組んでいる新フォーメーション・4-1-4-1もむしろ完成度が落ちてしまったかのようだ。もっとも、完成形へと近付いていた昨シーズンの4-1-4-1が天皇杯の決勝でG大阪にコテンパンに叩きのめされ、新たな戦力も加わった中での再構築を行っているのだから、ある程度の「スクラップ&ビルド」は仕方のない部分ではあるのだが。

 腰痛によりここ二試合を欠場していたケネディが戦列に復帰した名古屋は、大型補強のかいもあって、マギヌンをお約束の負傷離脱で欠いてもベンチ入りメンバーまで隙のない構成。ポジションバランスを考えれば巻をベンチに残して吉村かダニルソンのどちらかをベンチから外してもよかった気がするが、少なからずチャンスをもらったここ二試合で巻が全く成長の跡を見せられなかった(プロ入り後三年間で伸びたのは髪の毛だけだったことが分かった)ことを考えれば、巻がベンチ入りメンバーから外されるのは当然の流れかもしれない。もともと「パワープレーでCBが前線に上がって来た」ようなプレースタイルの巻をベンチに入れておくぐらいなら、実際この試合でやったように最終ラインに千代反田を入れて闘莉王を前線に上げれば事足りてしまうし、ひょっとしたらその方がクオリティの高いパワープレーが出来るかもしれない。

 名古屋のスタメンは三都主をアンカーに据え、中村とブルゾという“天然系”のアタッカーをインサイドに配置する4-1-4-1。

         ケネディ
玉田                 金崎
     ブルゾ     中村

         三都主

阿部    増川    闘莉王   田中

          楢崎

 (マギヌンがいない)現状ではこれが名古屋のベストメンバーなのではないかと思う。唯一あるとすれば、足首に痛みを持ちこの試合でも終始足を引きずっていた玉田の代わりに小川を入れるかどうかだが、不調を伝えられる今の小川に栄光のナンバー10の面影はない。W杯に向けてリーグ戦でアピールしたい玉田のモチベーションに賭けるのが賢明な判断だろう。
 小川について言えば、1月の天皇杯決勝で同じフォーメーションのインサイドでプレーしたものの全く機能せず、今シーズンも開幕戦でG大阪の遠藤にほとんど子供扱いされて格の違いを見せ付けれれたあたりからインサイドでのプレーに暗雲が漂い始めていた。本人も悩みながらプレーしていたようだが、名古屋の10番を背負うプレーヤーがサイド限定でしか輝けないのでは話にならないし、もっとプレーのディテールに拘って突きつめて行かない限りは、インサイドはおろか得意のアウトサイドでも輝きを失ってしまうだろう。

 一方で今シーズンアンカーとして起用されることもあった中村については、チーム入団から10年の年月を経てもなも成熟の時を迎えないその「野性味」を生かすためには、戦術に縛られず好きなだけボールを追いかけられ、また予測不能なスペースへの飛び出しで相手DFを混乱に陥れるこのインサイドがベストポジションだと言うことが出来る。そして実際にこの試合での先制点はそんな中村の野性味溢れるボール奪取がキッカケだった。
 まるでライオンがシマウマを襲うかのような獰猛さが漂っている中村のボールへのアプローチは、その喰い付きの良さゆえに逆にアンカーに置いておくのは心許ない気がするし、その野性味ゆえにペース配分を考えずキックオフからフル回転で走り回ることで、30分を過ぎた頃には早くも膝に手を当てて苦しげな表情を見せるシーンが増え始めたあたりも不安要素ではある。(まったく試合とは関係ないが、もし「動物」でサッカーチームを作るとしたら、ライオンをワンボランチに入れるチームはあるだろうか?象はやはりCBだろうか?キリンとチーターで2トップを組むのが王道だろうか?)

 そんな中村に代表されるチームは、気温の影響もあってか時間とともに運動量が落ち始めて、前半「終了間際」という時間帯に毎度の失点を喫してしまう。闘莉王と増川のハイタワーが並び立つマリオットアソシアのようなCBはサイドからハイクロスを放り込まれてもよっぽどなことがない限り失点にはつながらない安心感がある。しかし問題はトップの足元にクサビのボールを付けられた時で、全くフィルターの役割を果たしていない中盤がガスガスとクサビを許して、そこを基点にワンツーなどでDFラインを突破されるのが名古屋お決まりの失点パターンだ。ナビスコのFC東京戦やその後のリーグ戦でも新潟戦、広島戦とみな同じパターンでやられており、それが試合終了間際に続いたのは、その時間帯になると疲労で足が出なくなり(インターセプトが狙えなくなり)、ボールの動きを見てしまったところでやられている。この試合でも動きの落ちていた前半終了間際にボックスの近辺及び中で足元につながれているパスを見てしまったことが失点につながった。

 名古屋の弱点を把握したければ相手チームの戦い方に注視してみるのもいい。
 この試合の山形は名古屋のDFラインからの縦パスを狙ってカウンターを仕掛けるスタイルを徹底していた。名古屋の攻撃においてビルドアップの起点は常にDFラインであり、中盤にはDFラインからボールを受けてそれを左右に大きくスイングさせるような選手がいない。単調な名古屋のビルドアップに対して、前半には山形のその形がハマった場面が何度かあった。
 そして山形でもうひとつ目立っていたのが遠目からのシュート。ボールを失ったら名古屋のDFラインは一目散に後退する。前線のプレーヤーの攻守の切り替えも遅いので、スペースが出来てミドルシュートが狙えるという事前情報があったのだろう。同じ理由でサイドに流れた選手が深くエグってマイナスにパスを折り返すのも名古屋対策の鉄板だ。

 選手個々は頑張っていても運動力が少なく有機的にそれがリンクしていない名古屋は、最後は闘莉王が劇的な決勝ゴールを叩き込んで山形を振り切ったものの、一段力の落ちる相手に必要以上の苦戦を強いられていた印象だった。優勝するためにはこうした苦しい試合を勝ち抜いていくことが必要なのかもしれないが、前節のC大阪戦といいもっと楽に勝てる試合のような気がしないでもないというのが正直な感想。あとはこの先強いチームと対戦した時にどういった化学反応が起きるのかに注目したい。次節はその格好の相手とも言える浦和戦だ。
b0036243_22441954.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-05-01 18:32 | Game Review
<< JFAプレミアカップ2010 ... プリンスリーグ東海2010 名... >>