Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラ選東海大会 準々決勝 名古屋U15×岐阜VAMOS @トヨスポ(サッカー場)
 この試合に勝てば全国大会出場が決まる東海大会・準々決勝。仮に敗れたとしても、昨年の全国大会で名古屋やジュビ沼が上位に進出したおかげで東海の枠が昨年の4→5に増えているので、敗者復活の芽があるのだが、反対側のブロックから決勝まで勝ち上がって来るであろう清水に東海U15リーグのリベンジを果たすためにも名古屋にはトーナメントを勝ち進んでもらいたいところだ。もちろんこのチームにはそれだけの力があるし、それどころか全国でも十分に上位を狙えるだけのレベルにはあると俺は思っている。

 名古屋のスタメンは、おおよそ下のような感じの並び。これまでアタッカーとしてプレーする機会が多かった曽雌をやや後ろに下げて守備時には石川と並ぶような感じでブロックを作らせつつ、左SHに鋭いドリブル突破が武器の伊藤が戻ってきたのが先日の関東遠征からの変更点。そしてトップにはこのところU-18のプリンスリーグに駆り出されていたエース北川が帰還。

         北川

伊藤       森       宮市

      石川   曽雌

加藤   松田   中島   若園

         板倉

 キックオフとともに目立ったのは、硬さというのとは少し違う力みのような感覚。目の前の試合に一刻も早く方を付けて全国大会行きを決めてしまいたいという焦りなのか、それとも直前の試合で昨年決勝を争ったジュビ沼がPK戦の末名古屋FCに敗れるという番狂わせを目の当たりにしたことによる微妙な影響なのかは分からないが、一人一人のプレーヤーから「自分がなんとかしよう」というような気負いが感じられ、少しづつ判断が遅れるような場面が目立っていた。

 そんな名古屋にあってひと際その存在感が目を引いたのがアンカーの位置にいる石川だった。中盤の底でボールを落ち着け多彩なキックでピッチを広く使いながら名古屋の攻撃をスウィングさせていた彼は、一年半前に初めて見た時に「熊谷アンドリューみたい」という感想を持った記憶があるが、その頃よりも確実にスケールアップしている印象で、素材が練磨されそのポテンシャルが顕在化し始めている印象を受けた。

 そして時間の経過とともに落ち着き(いつものペース)を取り戻して行った名古屋は、給水タイムを挟んで、左サイドで加藤→北川とドリブルでの仕掛けが連鎖し、北川がゴールライン際まで持ち込んでのマイナスの折り返しから誰かが放ったシュートがこぼれたところに再び北川が詰めて待望の先制点を獲得する。去年までと比べればボールを受けても自分で行くだけではなく周りも上手く使えるようになっていた北川だが、こうしたところで決めるあたりはさすがにエース。
 その後試合は、エースの一発でさらに落ち着いたのか、先制点の直後にはスルーパスに抜け出した伊藤が飛び出してきたGKに倒されて相手GKを退場に追いやる(森が蹴ったエリアすぐ外からの直接FKはバーの上)と、攻め上がった石川の鮮やかなボールコントロールからの絶妙なスルーパスに再び抜け出した伊藤が今度は左足でGKの脇を抜き追加点を奪って前半を折り返した。

 ただ全国というレベルと照らし合わせた時に、この前半の名古屋の試合運びが盤石なものだったかと言えば決してそうとばかりも言い切れない。それは何も肩に力が入っていた立ち上がりの話ばかりではなく、この試合を通してしばしば見られた光景でもある。
 前の4人が攻撃時に高い位置を取る名古屋は、攻撃の過程でボールを失って逆襲に遭うと二人のボランチ(石川と曽雌)の脇に大きなスペースを空けてしまう。ボランチの二人は基本的には中央を空けないように締めているものの、せめて逆サイドのMFが絞ってもう少し守備に貢献出来るようにならないとブロックとしては厳しいだろう。相手がこのVAMOSのようにそこにボールを運んでから崩し切るまでの力がなければいいが、全国大会で勝ち抜くためにはこの状態は少し心許ないかもしれない。

 後半も名古屋は得点を重ねる。左サイドを北川とのワンツーで抜け出した加藤の左サイドを深くエグッてからの折り返しに右アウトサイドからゴール前まで詰めて来た宮市が合わせてさっそく三点目となる追加点を奪うと、その後も良く言えばコンパクト悪く言えばDFラインの背後にスペースがあるVAMOSに対してそのDFラインの裏を狙った攻撃が次々と敢行される。
 そして再び給水タイムを挟んで、宮市に代わって右サイドに入った児玉がさっそく左サイド伊藤のドリブル突破からの折り返しをゴールに沈めると、さらに北川に代わって入った二年生の桜井が裏に抜けたボールに反応して冷静にゴールネットを揺らして5-0。交代選手も結果を残した。

 強いて言えばその後も度々訪れた決定機で決め切れなかったり、ラストプレーで失点を喫してしまうなど、試合の〆め方に課題を残した名古屋だったが、一人少ないVAMOSに対して完勝という結果は順当なものだろう。あとは選手達がラストプレーでの失点を教訓としつつも引きずることなく、明日の準決勝、そしてその先の決勝、全国大会へと一段づつ階段を昇りつめて行って欲しい。
b0036243_1513281.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-07-10 23:37 | Youth
<< プリンスリーグ東海2010 第... 第61回早慶サッカー定期戦 >>