Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
天皇杯5回戦 対東京V (補足)
■通訳の人
俺の記憶が確かなら、前通訳だった堤さんが出場停止(笑)だった試合に続いて二度目の登場。で、今回どこかで見たことある人だなと思ったら、フットサル日本代表でサッポの通訳やってた人じゃない?多分。

■ちびノリダー
途中出場した津田はユース所属の現役高校生。来期からのトップチーム昇格も決まっている。決定的な仕事は出来なかったけど、積極的なプレーで観客と周りの選手をグイグイ引っ張った。見た目はちびノリダー。人気が出そうな選手だ。

■プリンス
動き出しの良さは相変わらずチーム随一。しかしニコニコ&(成功しない)トリッキーなフェイントは優勝にも降格にも無縁な万年中位チームの恩恵。特に降格争いをしているようなチームだったらサポーターからバッシングを受けかねない(俺は今のプレーを継続している限りしないけど)。もっと決定的な仕事もこなせるように今のうちに成長してね。

■豊田と藤田
髪型が被っていて正直あまり見分けがつかない。豊田が185cmで藤田が170cmだけど、TVで見ると大きさがよく分からない。背番号も「34」と「14」。見分けるポイントはひとつ。手首を内側に直角に曲げて手をブラブラさせているのが藤田だ。

■(酷評した)中谷の名誉のために言うと
交代で出てきた渡邉も中谷と大差ないパフォーマンスだった。ただ渡邉投入後、渡邉→豊田のポストに入れる→直志に落とす→ダイレクトで渡邉の前のスペースへという3人のワンタッチによるコンビネーションはヴェルディらしいプレーだった。

■(酷評した)吉村の名誉のために言うと
守備では小林大悟や小林慶や山田卓に振り回されるシーンもあった吉村。後半点を取りに行った時間帯では前線のスペースによく飛び出してチャンスに絡んでいた。

■100年の差
ヴェルディみたいなチームに「カモ」と思われていると思うだけで本当に腹が立つ。かつてベンゲルが「ヴェルディには100年経っても追いつけない」と言ってたけど、その時のヴェルディの監督がネルシーニョなんだから時代が変われば変わるものだね。

■5,591人
予想はしていたけどそれを下回る寒い入り。協会の主催だから関係ないちゃ関係ないけど、平日夜の開催みたい。トヨタカップも空席だらけだったから仕方ないか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-12-13 13:11 | Game Review
<< やっぱり気になる失点シーン 天皇杯・5回戦 対東京V 1-... >>