Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
Jユースカップ 決勝トーナメント1回戦 千葉×三菱養和 @西が丘サッカー場
 気が付けば名古屋U18がグループリーグで敗退していたJユースカップ。準々決勝でその後王者となるFC東京にボコられた昨シーズンをはじめ、少なくとも過去5年間ぐらいはもれなく決勝トーナメントに進出していただけに、今年のチームは少し寂しい形で活動を終えることになってしまった。

 しかし名古屋ファン的観点からすれば今年のこの大会はまだ終わっていない。
 18年目にして初のリーグ制覇や槙野や藤本の名前が挙がっている来シーズンに向けた大型補強、さらには浦和や神戸、福岡と争奪戦を繰り広げているアジア大会・金メダリストにして得点王の永井など、このところの派手な話題ですっかり影が薄くなってしまったが、シーズン序盤における名古屋の最も明るいニュースは田中輝希の入団内定だった。そんな田中輝希が10番を背負いキャプテンを務める三菱養和ユースがクラブユース枠としてエントリーしているJユースカップ決勝トーナメント一回戦は、対戦相手がかつて名古屋U15を日本一に導いた菅澤大我(コーチ)率いる千葉U18という意味でも必見のカードだ。

 試合は目立ったタレントはいないながらも攻守に人数を掛けてチーム(グループ)で戦う千葉と、個々のプレーヤーの技術と能力が高くこれをシンプルに使って来る三菱養和のせめぎ合いといった印象。その戦い方はある意味では好対照だった。
 中盤で群がるようにしてボールホルダーを囲い込み、ボールを奪うと二人目三人目の動き出しによって機能的な崩しを見せる千葉は、ボックスの外から強引にシュートを放った選手に対して菅澤コーチから厳しい「指導」が飛ぶ。普通の試合だったら「ナイスシュート」と客席から拍手が起こっていても不思議ではないシーンでだ。
 一方の三菱養和はと言えば、後ろでゆっくりとボールをキープしながら、高円宮杯で名古屋U18も苦しめられた強さと高さを備える9番(若狭)とスピードのある8番(近藤)の特徴を生かすように千葉DFラインの裏目掛けて比較的シンプルにタテパスを入れてくる場面も目立つ。この試合の二点目などはその典型で、ロングフィードに対して若狭がヘディングで後ろにスラしたボールに近藤が走り込んでゴールへと沈めている。前半の途中で菅澤コーチがDFラインを上げろと指示していた場面があったが、DFは怖くてそう簡単にはラインを上げられないというのが実状だったに違いない。そして三菱養和は千葉とは逆に「シュートを打ち切る」ことを意識しているようにも思えた。

 シンプルなタテパスに次ぐ三菱養和の武器はサイドチェンジ。ベンゲル時代の名古屋を彷彿とさせるようなダイアゴナルなサイドチェンジから、スピードのあるサイドアタッカーがDFラインの裏に飛び出してサイドをエグる。この試合では特に右からの突破が目立ち、左に構える田中は守備でのバランスを取ったり、右からのクロスのこぼれ球を狙ってシュートを放ったりといった役回りが多かったが、名古屋U18との試合でも見せた射抜くように正確なシュート(キック)は試合序盤の千葉にとっても脅威だったに違いない。

 右サイドからのドリブル突破(1点目、3点目)とタテ一本(2点目)によって前半のうちに3点を奪った三菱養和に対して、千葉は前半のうちにカウンターから鮮やかな速攻で1点を返し(その段階でのスコアは2-1)、さらに後半になると三菱養和がゴール前での決定機を逃し続けたことに加え前半から飛ばしていたこともあってか全体的な運動量も落ちてきたことで、次第に千葉が三菱養和を押し込むような展開になっていった。しかし決して焦らず冷静に相手を崩し切ることを意識したかのような千葉の攻撃は、観ている側からすれば時として焦れったくなるほどに「急がば回れ」を実践しているのだが、志が高すぎるのか、目的を完遂することが出来ないままに時間だけが過ぎて行き、右サイドからのクロスに三菱養和のGKが被ったところでファーサイドに詰めていた選手が頭で押し込み1点を返すのが精一杯だった。

 注目の田中輝希はと言えば、前半は4-4-2の左サイドのような位置でプレー。序盤こそ上でも書いたように右サイドからの突破に対してゴール前まで詰めてシュートを狙うようなシーンがあったものの、中盤のセンターに構える14番の選手が前目にポジションを取り始めるとボランチのような位置取りをすることも多くなり、攻撃面ではDFラインからボールを引き出したり、守備面では千葉の右SBの上がりに付いて行ったりといったシーンが増えて行った。そして後半になると、俺が田中輝希のプレーに注目すべくバックスタンドに移ったことを逆手に取るかのように、パッタリと左サイド(すなわち攻撃)に顔を出さなくなってしまった。シュートやドリブル突破もそれぞれ一回ぐらいしかなく、ひょっとしたら本人はキャプテンとしてチームプレーに徹していたのかもしれない。このあたりは例えば宮市を生かすために(その能力を最大限引き出すために)チームが作られているような印象を受ける中京大中京などとは真逆のチーム作りだ。

 今日の試合を観る限り、攻撃面に関してボールがこぼれて来そうな位置を予測して(ゴール前に入っていく)センス(感覚)と、動いているボール・止まっているボールを問わずそれを正確にミート出来るシュート技術は本物。これはプロでも即通用するだろう。ただこれだけの恵まれた身体であれば、相手を背負った状態でもボールキープ(からの落とし)だけでなく、ターンして前を向けるようなプレーヤーになれればもっと怖さが増すんだろうなぁというのが率直な感想でもある。良い意味でエゴイスティックなオーラが漂っている宮市なんかと比べればこのあたりも正反対かもしれない。
 
 そんな田中輝希にとってプロでやっていくための最初の課題はフィジカル(コンディション)を上げていくことだろう。ただ個人的には永井よりもこの田中輝希の方が今の名古屋には転用が効きそうな気がしている。
 というか、永井は確かに全盛期の杉本にインテリジェンスと技術を搭載したようなスーパーなプレーヤーでありJの舞台でも即戦力であることは間違いないが、今の名古屋で一体どんな役割を任せようとしているのかあまりイメージが湧かない。3トップのウイングでは持ち味半減。2トップの一角や1トップとして、この試合の三菱養和のようにある程度ラフにでもタテパスを入れてあげた方が生きるプレーヤーだけに、永井のことだけを考えれば福岡なんかに行った方が良いような気がしないでもない。そんな「形」というよりはむしろゲームの流れの中での戦術で終盤のオプション(スーパーサブ)として起用しようとしているならそれは理に適っている最強の補強だが、それで果たして永井は納得するだろうか。
b0036243_3122073.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-12-06 03:14 | Other Games
<< Jユースカップ 決勝トーナメン... J1 2010 第32節 名古... >>