Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第18回 F・マリノスカップ U-10 名古屋U10×横浜FMSPクラス @マリノスタウン
 午前中でGO FOR 2014 CUPを切り上げて横浜までやってきた理由は、名古屋U10が参加しているマリノスカップU-10を観戦するため。このチームは個々のプレーヤーを含めて全くの初見だが、昨年のチーム同様に12/5のサーラ・カップ決勝大会で優勝を果たしており、このマリノスカップに向けても期待がかかる。

 大会初日となった昨日は、最大のライバルである東京Vとスコアレスドローの後、あざみ野FC、藤沢FCを連破して上々のスタートを切った名古屋だったが、二日目となるこの日は、第一試合で昨年のこの大会でも対戦して敗れているFCパーシモンに再び敗戦。1位2位トーナメントに進むためには横浜FMSPクラスとのグル―プリーグ最終戦で勝利した上でパーシモンが敗れるのを待つという他力本願となってしまった。ただ昨年も同じような状態から逆転で1位2位トーナメント進出を決めているだけに、これは決して有り得ないシナリオではない。試合前のピッチ脇では佐賀監督から選手達に諭し聞かせるかのようなミーティングが行われていた。

 名古屋のスタメンは(プログラムの名前が合っているとすれば)↓のような感じ。

       手嶋(9)

田邉(7)         川地(12)
       杉浦(6)

 近藤(2) 山崎(10) 若林(11)

       出谷(1)

 去年のチームはFWに大会ベスト8にも選ばれた住田という中心選手がいて(今年は飛び級で6年生の大会に出ていた)、そこがチームとしてのひとつの軸となっている感じだったが、今年のチームは小柄でドリブルが得意な選手が多く、それがチームとしてのパーソナリティにもなっている印象。それもそのはずで、ドリブルから抜群のボディバランスに支えられた鋭いターンを見せるトップの手嶋(9)と中盤でセカンドボールを拾いまくっていた杉浦(6)、そしてDFラインにいながら鋭い攻撃参加を見せていた近藤(2=後半は7とポジションを入れ替わってアタッカーに入った)は早生まれ。左サイドの位置からスピード溢れるドリブル突破を繰り出していた田邉にいたってはひとつ学年が下のまだ3年生だ。
 それに比べると横浜FMSPクラスの選手達は一様に大きな選手が多い。いわゆる「サッカー的な」成長という面では身体の成長に比べてやや遅れているような感じはあるが、目先の結果にとらわれずこうしたサイズがある選手を鍛えて行くことはそれはそれで重要なことなのだろう。

 そして試合もそんな両チームの特徴を反映するかのような展開だった。
 名古屋は多彩なキックを操る最終ラインのゲームメーカー・山崎を中心にボールを動かしながら前線でのドルブル突破を仕掛けるスタイルで概ねゲームを優勢に進めていたが、左サイドからサイズを生かした豪快なドリブル突破で先制を許すと、クロスボールのこぼれ球をパワフルに振り抜かれたミドルで追加点、さらにハーフタイムを挟んで後半にはコーナーキックからGKの頭越しにファーサイドで合わされる形で2失点と、そのサイズ(やフィジカル)の差が如実に反映された形で常にリードを許す形を強いられてしまった。
 名古屋もDFラインからパスをつないで最後は中央のちょっと下がったポジションでボールを受けた手嶋が絶妙なスルーパスを横浜DFの裏へと通して、これに右サイド後方からのダイナミックなランニングで追い付いた川地が鋭いシュートを沈め一度は同点に追い付いたり(1-1)、後半には手嶋がカウンターから抜群の加速で横浜DFを振り切って抜け出しGKとの1対1を冷静に沈めて点差を詰める場面(2-3)を作ったものの、横浜DFの身体を張った守りにも行く手を塞がれ、最終的には2-4で試合終了のホイッスルを聞くことになってしまった。同時刻に行われていたパーシモンの試合で、パーシモンがグループ最下位の藤沢FCに敗れるという波乱が起きていたことを考えると、名古屋にとってはなんとももったいない敗戦ではあるが、コーナーキックから喰らった最後の2失点などは、頭を越されてしまうといかんともし難い失点ではある。

 グループ3位となった名古屋はA組4位にして昨年度のチャンピオン・レジスタFCと明日の9:40から3位4位トーナメント一回戦を戦う。優勝を懸けた1位2位トーナメント進出を逃した失望はあるだろうが、この大会で一試合でも多く試合をこなすためには、名古屋はまずこの試合に勝利しなければならない。
b0036243_23381622.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-12-26 02:36 | Youth
<< 高円宮杯(U-15) 準決勝 ... 第4回 GO FOR 2014... >>