Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯U18プレミアリーグ 名古屋U18×C大阪ユース @トヨタスポーツセンター
 今シーズン高田新監督のもと新たなスタートを切った名古屋U18。中学年代に全国の舞台で好成績を残してきた年代(特に二年生と一年生は高田新監督のもとでの成績)が揃う今シーズンは、舞台がこれまでのプリンス(地域予選)→高円宮杯(全国大会)という流れから全国リーグへと刷新されることを含めても彼等にとって大きなチャンスのシーズンとなるだろう。

 しかし満を持して臨んだはずのこの全国リーグで名古屋はまさかの連敗スタート。同じJ下部であり近年この年代で好成績を残しているこのC大阪戦は、チームが自信を取り戻し波に乗るためのきっかけにしたい試合に違いない。そしてそんなことは百も承知の選手達はこの試合に対してかなり気持ちが入っている様子で、キックオフと同時に前線からのプレスでC大阪に猛然と襲いかかるチームからは勝利への渇望が充満していた。

 名古屋は負傷から復帰した高原を1トップに、二列目の両アウトサイドには岩田(左)と都竹(右)、センターには川村と一年生の森、アンカーに10番・水野を据えて、最終ラインは左から佐藤、川本、奥山、加藤の4枚、GKに石井という布陣。個人的には去年公式戦への出場機会がなかったもののどうやら今年はレギュラーポジションを掴んでいるらしいニッキと、チームの二大看板と言っても過言ではない高原と北川の2トップが見てみたかったが、代表のフランス遠征帰りの二人は疲労を考慮されてかベンチスタートだった。

 試合は立ち上がりこそ「前」への推進力を強めてC大阪陣内へと攻め込む名古屋だったが、これにC大阪が激しい潰しで対抗し始めると、流れは次第に停滞しやがてC大阪ペースへと移行していく。名古屋の攻撃は組織というより個人技を全面に打ち出している印象で、前線のプレーヤーにボールを預けたあとは彼等の個の力による突破がひたすら試みられていた。こうなると守る側のC大阪に大きな混乱をもたらすことは難しい。C大阪とすればパスの出先でドリブル突破を仕掛けてくる相手に対してグループで数的優位を作って対応していけばいい(それでも止め切れずファールで止めるようなシーンも多かったのも事実だが)。そして個の突破を試みては囲まれてボールを失うという繰り返しでリズムがどんどん悪くなっていく名古屋は、次第にその勢いが減退していくというサイクルに嵌まっていった。

 名古屋が数的不利な状況下でも前線のアタッカー達によるある意味では無謀である意味では潔い個の仕掛けに拘っていたのは、前へ前へといういう気持ちや焦りが強すぎたのかもしれないし、この試合で導入された新システムが熟成していなかった(例えば敢えて左利きの都竹を右SHに置いて本来アタッカーの加藤翼を右SBに配置しているのなら、これに水野を絡めたトライアングルでもう少し定型化された崩しが見られるかと思っていたが、そういったシーンはなかった)からかもしれないし、あるいはひょっとしたらチームの方針として「局面を打開する個の力」が重視されているのかもしれない。チームの方針という考え方は非現実的かもしれないが、トップチームへの人材輩出ということで考えれば、実際今のトップチームで活躍出来そうな選手を育てようと思ったら、同じ高校生相手にこれぐらいの局面は個人で打開出来ないようであれば話にならないと言われればなんとなく説得力がある話でもある。

 0-0で折り返した後半も展開は同じ。ハーフタイムを挟んで気持ちを入れ直したのか、再びキックオフ直後こそアグレッシブなプレーを見せていた名古屋だったが、その試みが繰り返し阻まれるに従ってその勢いをなくしていった。そして何度か一度確実に名古屋ゴールに迫っていたC大阪は、試合終了間際遂にそのチャンスをものにする。名古屋の選手達はそれでも気持ちが切れている風ではなかったが、「またか」という空気が観客も含めてピッチを覆ってしまっていた。

 先制されたことで名古屋ベンチはパワープレー要員としてニッキをベンチにスタンバイ。そしてまるでそのために用意されたかのようなコーナーキックでいよいよニッキ登場かと思っていると、ピッチ上の流れを把握していない広野GKコーチがベンチ前で作戦ボードを片手にニッキに入念な指示を与え続けている。その後事態に気付いて慌てて交代の申請を出したものの、既にピッチ上では「空白」を生むのに十分な時間が流れており、「(試合の進行を)待ってくれ」という名古屋ベンチと「まだ準備出来てないだろう」というC大阪ベンチのせめぎ合いの中、レフェリーは交代を待たずに試合の続行を宣言してしまった。
 これによって名古屋は千載一遇のチャンスを失ったかのように思われた。だが何がどう転ぶか分からないのもまた人生。この選手交代(未遂)に伴う「空白」によってC大阪の選手達は一瞬集中が切れてしまったのか、川本をドフリーにしてしまった。ひょっとしたらニッキが入らなかったことでホッとしてしまったのかもしれないし、ニッキの登場に備えて確認していたマーカーの変更が混乱を招いてしまったのかもしれない。名古屋からしてみたら気持ちを切らさなかったことに対する正当な報酬であったこの得点は、C大阪からしてみたらアンラッキーかつ不本意な失点だった。
 そして試合は両チームが勝ち点1を分け合い終了のホイッスルを聞くことになる。

 印象に残ったのは一年生ながらフル出場を果たしコーナーキックのキッカーまで任されていた森勇人。もともと能力の高い選手であることは分かっているし、もっともっとゲームに関与する時間を増やして欲しいところだが、決して身体が大きいわけでもない一年生の彼がボールを持った時にこれだけのプレーが出来ることは正直予想以上だった。ひょっとしたらフィジカル的に劣勢を強いられている分彼の持つ技術やボディコントロールの上手さが際立っていたのかもしれない。

 もう一人は左SHに入っていた岩田。年代別代表に選出された経歴もあり調子の良い時は手がつけられないこの「名古屋らしい」サイドアタッカーは、まだメンタル面のムラがプレーにも反映されている印象を受けることもあるが、試合を見ているとこの大器に対するベンチやチームメート(特に高田監督)からの期待をヒシヒシと感じ取ることが出来る。あとは少し大人しい印象を受ける彼がこの先一皮むけられれば将来トップ昇格を果たすことがあってもなんら不思議ではないと個人的には思っているんだが。
b0036243_346252.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2011-05-01 03:24 | Youth
<< 国際親善試合 U22日本代表×... J1 2011 第8節 名古屋... >>