Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ブラジル全国選手権のリピート放送
 クライトンのプレースタイルというか役割に関する俺なりの定義。
 「こぼれ球を拾うか、もしくはボールを持って自分のゾーンに入ってくる相手を潰してボールを奪い、そこから自分が起点となり攻撃に移行する。」

 月曜日からJ-skysportsで毎朝ブラジル全国選手権2004のリピート放送をやっている。昨日のOAは第2節のボタフォゴvsサントスだった。サントスといえばクライトンが名古屋に来る前に所属していたクラブで第2節なら時期的にもまだ名古屋に来る前だから出てるかもしれない…さっそくチェック。
 おー出てる出てる、しかも先発。「パウロ・アルメイダからポジションを奪った男」とか言われて注目されてるし。
 まず目を引いたのはそのポジション。クライトンが担っているのはブラジルでいう「5番」だ。簡単に言えばダブルボランチの守備的な方。ドゥンガかサンパイオかで言えばサンパイオ。そのポジションでクライトンは、ワンタッチ・ツータッチで左右に散らすパスとタテに入れるパス、長いボールと短いボールを状況に応じてバランス上手く使い分けている。インフロント、インサイド、アウトサイド、インステップ…キックの種類も豊富だ。そして時には機を見たドリブルで持ち上がって前線に飛び出していく。前半に相手がひとり退場になったこともあってサントスの一方的な展開だったけど、ホビーニョやジエゴを始めとしたタレント揃いのアタッカーの中にあって、後半になると前で詰まったら一旦クライトンにボールが戻ってきて作り直してたぐらい。守備ではDFラインの前で相手のキーマンをしっかり捕まえたり、両サイドが上がった後は「5番」の定石通りDFラインに入ってカバーをこなしている。
 これには正直驚いた。理由は俺が今シーズン2ndステージ中にクライトンに対して感じていた「不満」の部分が完全に解消されていたから。シーズン中に何度か書いたけど、具体的に「不満」っていうのは二つで、シンプルにボールを散らせばいい場面でもそうしない所と、守備でボールを持っていない選手に対するマークがルーズな所。これが完全にクリアされている。もし俺が1stステージ終了後にこの試合見てたらクライトンの加入を諸手を挙げて賛成していただろう。
 じゃあクライトンはサントス時代と名古屋ではプレースタイルが変わったんだろうか。俺はそうは思わない。守備に関してはポジションの違いによって戦術的なタスクが変わっただけだし、ぶっちゃけ言えば守備はそれでも苦手そうだった。(笑) 攻撃に関しても周りの選手のレベルが変っただけ。クライトンは名古屋ではおそらくマルケスとウェズレイしか信頼している選手がいない。そして名古屋の日本人選手で主体的にゲームを作っていこうとしている選手がほとんどいない。だからサントスの時には誰にでも回せるパスが名古屋では無理してでもタテに(外国人2トップに)しか出せない。逆に言えば、そうしてクライトンが運ばなければ、なかなか2トップまでボールが行き渡らないし、周りの選手達もクライトンに頼り過ぎている。ネルシーニョがボランチの補強を要求している理由もこの辺だろう。2ndステージの市原じゃないけど、来シーズンはどのチームもクライトンを狙って潰しに来るだろう。そこで周りの選手がいいタイミングで動いてクライトンからボール受けて自分で「前に」ボールを動かしていけるようになれるのは必須だ。

 クライトンの根本的な中身(プレースタイル)はこの一番上に書いたもので変化はないけど、それでもこの試合を観たら来シーズンのクライトンと名古屋に期待してしまう。来シーズンにはクライトンも今年よりチームメイトの特徴を理解していると思うし、そうすれば周りの日本人選手ももっと上手く使えるようになってくるだろう。それにクライトンが「5番」で使えるとなれば、戦術的なオプションももっと広がってくると思うから。

 あと相手チームのボタフォゴにバウドがいました、40歳!!見せ場はなかったけど当時「ここを見て欲しい」と言っていたFKのキレは相変わらず。あとボタフォゴの監督だったクルピは元C大阪の監督っていうよりは、名古屋でベンゲルが監督やってた頃「コパ・デ・アゴスト」とかいう、日本のカップ戦王者とブラジルのカップ戦王者がタイトル賭けて戦った試合でクルゼイロの監督やってた時の印象が強い。あの時のクルゼイロは鬼のように強かった。中盤のプレスがキツくて、試合開始からしばらくは名古屋が何も出来なかったし。俺がブラジル人で監督を任せてもいいかなと思える数少ない一人。
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-12-29 11:03 | Other Games
<< 2004年シーズンを振り返る その1 インカレ準決勝@西が丘 >>