Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2011 第16節 名古屋×大宮 @瑞穂陸上競技場
 ここにきて三連勝とようやく調子の出てきた感のある名古屋。怪我から戻って来たばかりの金崎や二列目にポジションを移してから持ち味の野性味溢れるプレーを取り戻しつつある中村が負傷(肉離れ)で離脱したり、突如降って湧いたダニルソンの海外移籍話など不安要素はあるものの、ミッドウィークの試合から二試合続けのホーム、そして相手は主力の東を明日のロンドン五輪予選で欠く上ミッドウィークの試合で川崎に0-5と大敗してから中二日ではおそらく立て直す時間もなかった大宮となれば、この試合に向けて名古屋が持つアドバンテージは小さくないように思われた。
 しかし、終わってみれば、前半から相手に合わせて受けに回ってしまい低調なパフォーマンスに終始した名古屋は、Jrユースからの生え抜きである磯村のプロ初ゴールを除いてほとんど良い所がなく、むしろ2-0からチームの信条である「Never Give up!!」のお株を奪うかのようなロスタイム弾で大宮に追い付かれるという(ある意味では敗戦以上に屈辱的な)失態を演じてしまった。

 試合前、ピッチでアップを行うダニルソンに対して、ゴール裏からは(ダニルソンがドレッシングルームに引き上げるまで鳴りや止むことがなかった)「ダニルソン」コールと何やらメッセージが書き込まれた弾幕が捧げられていた。正直、端から見ていてもジンと来る光景だったが、それがダニルソンにとって決して良い影響を与えていなかったことは試合を見れば明らかだった。大宮がそこ(中盤)でのボール奪取からカウンターを狙っていたという側面はあったにせよ、ダニルソンのメンタルに問題が生じていることは明白で、完全な結果論だが、ダニルソンに対するメッセージを発するなら試合後の方がベターだった。

 今回の新聞報道に端を発したダニルソンの移籍騒動に関して個人的な感想を言えば、確かにダニルソンは名古屋にとって他では替えの効かない戦力であり、さらに言えば彼なくしては優勝すら危うくなるぐらいの重要な戦力だ。今シーズンは怪我で序盤戦を棒に振ったこともあり見るからにコンディションは本調子に程遠いが、出来れば今シーズンの終了、そして来シーズン、さらに次のシーズンと名古屋でプレーして欲しい選手であることに疑いの余地はない。しかし、いくらこれから益々働き盛りの24歳でJ1一年目でベストイレブンにも輝いた元コロンビア代表とは言え、飛び抜けた身体能力以外はJでも突出したレベルにあるわけではないダニルソンに(オイルマネーで潤う中東ならともかく)ヨーロッパのクラブが7億円とも言われる移籍金を用意するとは到底思えない。それでも7億払うというクラブが現れたなら、それはそれで代理人の敏腕ぶりを褒めるしかないし、移籍金が満額でなくてもダニルソン自身がヨーロッパでのステップアップを狙うなら、サッカー後進国として日本はそれを受け入れるしかない。今の名古屋に必要なことはそれでもダニルソンに必要性を訴え続けることと、代理人や札幌が仕掛ける情報戦に乗せられないことだろう。

 試合は、前の試合から中二日という過密日程の影響か、それとも前節の大勝(新潟相手に4-0)で気持ちが緩んでしまったのか、はたまたケガ人続出という今シーズンのチーム事情を考えて雨天そしてスリッピーなピッチで怪我をしないことを第一優先に考えていたのか、前節(新潟戦)、前々節(磐田戦)でのパフォーマンスが嘘のように名古屋の選手達の足が動かない。これではチームとしてなかなかシュートが打てないのも道理で、そんな中でリーグ戦初先発を果たした磯村は特にリズムに乗り切れていないように見えた。観ている側からすれば、若手なんだから自分の良いところを出すことだけ考えて思い切って(高給取りの先輩に尻拭いをさせるぐらいの気持ちで)プレーすればいいのに…と思うのだが、今の名古屋の中盤で敵にも味方にも顕になっているリスクから目を背けてプレーすることはよっぽどなエゴイストか肝が据わった選手でもない限りは難しいのかもしれない。
 そしてこのまま行けば間違いなくピクシーの逆鱗に触れるであろうチームの全責任を負わされるかのように磯村は前半で交代かなぁと思っていた矢先のロスタイム。バイタルエリアでボールを受けた磯村は右足を一閃して鮮やかなコントロールショットを見事にゴール右隅に突き刺し、自らの未来をつなぎ留めたのだった。いつも同じような位置でボールを受けた中村が魂の込もった弾丸ミドルをGKに向かって真っ直ぐブチかまし、小川がクロスバーの遥か上に打ち上げる様を見慣れているだけに、こうしたシュートを打てる中盤の選手が出てきたことは、磯村がクラブの生え抜きでなかったとしても喜ばしい限りだ。

 しかしそんな磯村の記念すべき初ゴールも、後味の悪い幕切れで全ては台無しになってしまった。勝負強さが売りのチャンピオンチームが2点のリードからロスタイムに追い付かれるという失態は、つまるところベンチを含めた選手構成の歪さによるところが大きい。いくらダニルソンが目を覆いたくなるパフォーマンスと言っても昨日のベンチメンバーでは変える選手がいないし、ピクシーが守備的に舵を切ろうとすれば唯一与えられた選択肢は最終ラインに千代反田を投入することだったが、中盤から前のディフェンスが機能していない状況では、相手のパスワークに振り回されて無駄に体力を消耗しロスタイムに力尽きることも当然の成り行きだ。
b0036243_25335.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2011-06-19 02:05 | Game Review
<< U15東海リーグ2011  名... 国際親善試合 フットサル日本代... >>