Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高校サッカー選手権 三回戦 その2
 今日は第二試合の国見vs藤枝東もついでに観戦。「王者・国見ブランド」と「サッカー王国・静岡ブランド」の対戦だけに観客は1万1千人を越えていた。
b0036243_1142618.jpg

 ロングボール主体でフィジカルでゴリ押しするような国見のサッカーには否定的な意見も多いけど、間近で試合観ていて思ったのは今時あれだけ体のキレた高校生はなかなかいないということだ。そして集中力。ひとつのプレーが終わってもそこで気持ちが切れない。例えばハイボールを競り合ってガツンとぶつかった後にこぼれたフィフティのボール対する反応が国見は断然早い。とにかくボールとかプレー見て足止めちゃうことがないんだよ。これは名古屋とかそこいらのプロ選手以上。よく鍛えられるチームだなぁ。
b0036243_20639.jpg

 国見では平山のコピーみたいな9番と大久保のコピーみたいな8番、徳永のコピーみたいな17番が目立つ。そして森三中みたいな10番。森三中はデカイくてヘディングの競り合いも滅法強いけど足元も上手いしスピードもある。そしてなによりボールの持ち方が凄くいい。エリアの内・外に関わらず常にゴールに向いてボールを持つ習性がついてる。大学行っちゃうかぁ…。右サイドの17番は(多分)2年生。体は決して大きくないけど、ウチの17番がいなくなるなら来年に向けてチェックしておいて損はないかもしれない。(笑) タテへの突破も迫力あるしクロスも両足で蹴れるしなかなか面白い選手だ。
 試合は終盤になると藤枝東がパスをつなげて完全にペースをつかむも0-0で終了。まあどっちが勝っても良かったんだけど、駒場だけに浦和のタオルマフラー巻いてるやつが結構いて、赤星のいる藤枝東を応援しているみたいだったから(心の中で)国見を応援。その赤星がPK戦で外して敗退ってのもなんだか浦和らしくてよろしいんじゃないでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-01-03 23:57 | Other Games
<< 高校サッカー選手権 準々決勝 その1 高校サッカー選手権 三回戦 その1 >>