Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
別府キャンプ2012 9日目 午後練習
 ロンドン五輪最終予選に臨む永井が再びチームを離脱したものの、今日からユース所属のニッキ(新高3)、北川、森(ともに新高2)の三名が加わり、さらにはユース生え抜きの磯村が日本代表候補に選出(それをネタにかなりイジられていた)と話題には事欠かない名古屋の別府キャンプ。

 時折ピッチを襲う強風と小雪が舞う中で行われた午後の練習は、喜熨斗コーチの指導のもとにアップを兼ねたパス交換の後、(ピクシーの粋な計らいか)観客席の目の前で変則ミニゲームが行われた。変則のミニゲームは、ダブルボックスサイズに区切られたコートで通常サイズのゴールマウスを使用。GKを含めた11人対11人で行われるが、コートの中に入れるフィールドプレーヤーは5名で、残りの5名はラインの外側に一定間隔で並びコートの外からゲームに参加する。コートの外の選手達はラインを越えることが出来ず、ボールタッチもワンタッチ限定、コートの外の選手同士でパス交換をすることは出来ない。新加入の田鍋以外はそれほど戸惑っていなかったところを見るとシーズン中にもこの形式でのトレーニング(ゲーム)は行っているのだろう。ちなみに人数的な問題か、このミニゲームに加われなかった、ユース出身の高原、水野、佐藤と上記のユース組三名はボスコの付きっきりの指導のもとで空いているゴール(とGK一名(ローテーション))を使ってサイドからのクロスに合わせるトレーニング(サイドでのもらい方やゴール前への入り方を入念に確認していた)や、DFを背負ってボールを受けた状態(ボールのもらい方)からゴールに向かう反復練習を行っていた。

 ミニゲーム組で目を引いたのはまず田中輝。二年目の今シーズンを勝負の年と位置付けているのか、序盤は積極的にゲームに絡みアピールを続けていた。それ以外では不完全燃焼の一年を経て(またロンドン五輪という目標も見据え)とにかくモチベーションが高かった金崎、そして石櫃というライバルが加わったことで刺激を受けているのかこの時期にしてかなりキレのある動きを見せていた田中隼だろうか。ユース出身のルーキー達とは離れて一人ミニゲームに参加していた期待の新人・田鍋はまだまだ周りに気を遣つている印象で自分の持ち味を発揮出来ていないような感じだった。
 ちなみに日本代表に選出されたばかりの磯村はと言えば、決してそれがプレッシャーになっているわけではないのだろうが、一世一代の晴舞台を前にしていることを考えると少し不安の残るプレーぶりだった。一週間後のキリンチャレンジカップで磯村は初キャップを記録することが出来るだろうか。
 そして抜群の存在感でチームを引っ張っているのがやはり闘莉王。ミニゲームでも誰より勝負に拘る姿勢を見せたり、チームメートに常に声を掛けるなど、彼の存在がこのトレーニングの効率を上げていることは間違いない。実際もし闘莉王がいなければこのトレーニングも、もう少し雰囲気が緩んだり、選手達が淡々とこなすだけになってしまっていただろう。その意味でも闘莉王のチーム残留は大きな成果だ。
b0036243_223848.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2012-02-17 23:59 | Topics & Issues
<< トレーニングマッチ vs福岡大... JAPAN YOUTH SOC... >>