Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
トレーニングマッチ vs福岡大学 @実相寺サッカー競技場
 キャンプも10日目を迎え、今日は二度目の実戦となる福岡大学とのトレーニングマッチが組まれている。四日前の高校生との試合に始まり、今日は大学生、キャンプ最終日にはJ2の大分と相手のレベルも上がっていく計画だ。

 アップでピッチに姿を現した名古屋イレブンには、闘莉王、増川、ダニエルと三人のCBが揃い踏み。これはいよいよ3バックを試すのだなということが推察出来た。ピクシーが昨シーズン終盤から腹案として持っていたと言われる3バックは、最終ラインを屈強でスピードも兼ね備える3人のCBで守り、中盤より前に人数を割く攻撃的なオプションだ。ピクシー自らが名指しで要望を出したというダニエルの獲得に成功したことで、今シーズンはいよいよその適用が現実味を帯びてきた。攻撃的なオプションである3バックを使ってピクシーがどういうサッカーを見せてくれるのか。

 ケネディが相変わらずピッチの回りを軽くランニングしているだけの状態が続く名古屋は、金崎をトップに据えた3-4-3でキックオフを迎えた。人の配置はこう↓だ。

         金崎
   玉田         藤本

阿部  ダニルソン  磯村  田中隼

  増川   闘莉王   ダニエル

         楢崎

 試合は開始早々に動く。キックオフのホイッスルから僅か3分。最前線で相手DFからボールを奪った金崎がそのままドリブルでゴールに向かって切れ込む。最後は左から入って来た藤本にパスを出すと、ボールを受けた藤本は得意の左足でGKの頭越しに鮮やかなループシュートを沈めた。名古屋1-0。

 9分にはDFラインの裏へと抜け出した金崎が独走しGKとの1対1を迎える。金崎はこれをGKにぶつけてしまうが、これで得た左からのコーナーキックで、藤本のアウトスイングのボールに増川がヘッドで合わせて追加点。名古屋2-0。

 12分、左サイドを藤本とのワンツーで抜け出した阿部がサイドを駆け上がってのクロスにゴール前で金崎が合わせるがシュートはゴール左へと逸れる。さらにそれから2分後、今度は田中隼が右サイドからゴール前にクロス。ファーサイドで藤本がヘッドで落とし、これをゴール正面で金崎が狙うが、シュートはまたしても枠を外れた。これら二つのシーンを見るまでもなく、田中隼と阿部の両サイドがサイドラインいっぱいに開いてポジションを取りサイドバックの時よりも遥かに多くの回数でサイド突破に絡むのがこの新フォーメーションの狙いの一つ。
 そしてコーナーキックにつながった9分のシュートから三本連続で決定機を外した金崎に対しては、かつて隣町の大分トリニータでJデビューを飾りナビスコカップ優勝の時にはヤングプレーヤー賞を獲得したこともあって地元観客の期待は当然のように高いが、この頃には暖かくも落胆の交じったリアクションがお約束のようになっていた。金崎にとっては今シーズンも「決定力」がひとつの課題になりそうだ。

 そんな金崎にようやくゴールが生まれたのは24分。右サイド藤本からのクロスに低空のダイビングヘッドを叩き込んだ。この高さなら金崎もゴールを外しようがない。名古屋3-0。
 さらにそれから3分後、金崎がカウンターから持ち込んでタメを作ると最後は右サイドから駆け上がって来た田中隼が蹴り込んで名古屋4-0。

 名古屋の前半のゴールはこれで打ち止め。
 そんな名古屋で目立ったのは横へのボールの動きだ。システム上、選手達(特に中盤)が横に広くポジションを取るのは攻撃時のデフォルトで、ピッチの横幅を使いながら相手の陣形を横に拡げて中央からの突破を狙うのはひとつの狙いなのだろうが、見ていると、最終ラインと中盤がそれぞれフラットに並んでいてWボランチがボールに絡む動きも少ないので、相手のプレッシャーを受けるとボールは横にしか動かしようがない。そして増川、ダニエルからサイドの阿部、田中隼あるいはそのひとつ前にやや苦し紛れにボールを預けたりクサビのボールを当てることでボールを縦に進めることになるのだが、相手もサイドで数的優位を作るようなボールの追い込み方をしてくるので、そこでの手詰まり感は拭えなかった。このレベルの相手であればそこで囲まれてもある程度はキープ出来てしまうし場合によっては局面を打開出来てしまうので、そこでボールを失ってカウンターを喰らうこともないのだが、これが同レベルの個の力を持つ相手だったり、ボールホルダーに対してもっと厳しく当たってくる公式戦になった時にどうなのかなという疑問は残った。そして名古屋のチャンスシーンは、そんな手詰まり感を払拭するように福岡大の浅いDFラインの裏に出したボールだったり、増川から大きく田中隼までサイドチェンジをしたりといった大きくボールを動かす形が中心で、ショートパスによるポゼッションから崩すような形はほとんど見られなかった。12分の阿部と藤本のワンツーによる突破などは良い形だったが・・・。

 そんな状況に危機感を持っていたのが闘莉王。試合中からしきりに早いタイミングでサイドに預け過ぎると攻撃が詰まってしまうということや、サイドがボールを持ったら(Wボランチが)サポートに行くことを求めていた。その姿はまさしくピッチ上の監督。闘莉王がいなかったら名古屋はどうなってしまうのだろうか。

 このシステムでの改善はWボランチに懸かっていると言っても過言ではない。前半の残り半分では闘莉王の指示もあって磯村やダニルソンがボールに絡む機会が増えたが、そこからの時間帯で得点がなかったことが機能不全を如実に物語っている。このシステムでは今のところ二人の役割がハッキリしていないし有効にも機能してない。それを補うように藤本や玉田が最終ラインの近くまで下がって来てボールを受けゲームを作ろうとしていたことも象徴的な出来事だ。

 今回初代表に選ばれた磯村の状態も心配だ。単純なミスこそないものの、判断の遅さが目立ち(特に攻撃面において)有効は仕事が出来ていない。昨シーズンの大宮戦や浦和戦を見ても分かるように、磯村はバイタルエリアで前を向いてボールを持った時に最もその特徴が発揮出来るプレーヤーだ。そしてそこに強力なポストプレーヤーがいればその威力は倍増する。浦和戦でのケネディとの絡みもそうだし、個人的にユース時代の磯村が一番良い(怖い)プレーを見せていたと思うのはアルベスの下でシャドーとしてプレーしていた時だ。まあとは言え、今やフル代表に選出されるほどの選手。代表選手としての自覚を自信に代えてチームを引っ張るぐらいの気持ちでプレーしてくれれば、内容は自ずと改善していくと信じている。

 後半の名古屋はメンバーを総取っ替え。若手中心のメンバーで臨む。ちなみに福岡大でも名古屋ユース出身の二年生・三浦俊希が右SBに入った(途中からCBに移動)。

        田中輝
吉田              田鍋
    水野      中村
         吉村

三都主  新井   巻   石櫃

         西村

 中盤の真ん中三人はかなり流動的で、ゲーム終盤には吉村と水野が入れ替わっていた。

 そして開始から僅か1分。中村からの鋭いサイドチェンジを受けた吉田が一瞬タメを作って三都主がオーバーラップする時間を作ると、さらに三都主に全力疾走を強いる鬼パスをタテのスペースへ。これに追い付いた三都主からの折り返しをゴール正面で田中輝がヘディングで合わせて名古屋が5点目を奪う。控え組のモチベーションの高さを示すような電光石火のゴールだった。

 その後も名古屋の猛攻は止まらない。その1分後には田中輝とのワンツーからDFラインの裏に抜けた田鍋が自慢のスピードで独走してGKとの1対1を迎えるもののシュートはGKにぶつけてしまった。ボスコに「プレーがわがままだ」と指摘されたという記事が中スポにも載っていた田鍋は、なんとなくそれが悪い方向に作用してプレーが丸くなってしまっている感じがしないでもないが、度々その爆発的なスピードでDFをぶっちぎるプレーを見せて観客を沸かせていた。

 慣れ親しんだシステムと各選手に合ったポジション配置で前半とは打って変わって攻守ともにすんなりプレー出来ている名古屋は、7分に中盤でのボール奪取から裏に出たボールに吉田が抜け出し冷静にゴールへと流し込んで6点目。

 その後オフサイドの取り損ないから福岡大に一点を返されたものの、36分にこのレベルではほとんど無双状態だった中村からのスルーパスに抜け出した田中輝がこの試合二点目を決めて7-1で試合を締め括った。

 試合を通して良かった(目に付いた)のはまず水野。一度だけ致命的なミス(ポゼッションの中で名古屋がよくやるボランチがSBの位置に入ってSBを前に押し出すプレーの時に左サイドから真ん中にいる相手に横パスしてしまった)をおかしたことを除けば、このレベルであれば何ら問題なくプレー出来ことを証明。大きな展開とショートパスを織り交ぜながら常に相手にとって危険な位置にボールを配給している様は、意味のないバックパスなどプレー(パスの選択)に全く怖さがない隣のベテラン選手とは対極にあるパフォーマンスだったと言っても過言ではない。ピクシーの目にそんな水野はどう映っただろうか。

 次が吉田。もともとフィジカルのレベルは高いものがあったが、すっかりプロ仕様の肉体を手に入れた感じのする吉田は随分と余裕を持ったプレーが出来るようになっていて、こちらも相手にとっては危険なプレーヤーに成長しつつある。それがスペインへの短期留学の成果かどうかは分からないが、少なくとも昨シーズンよりはワンランクスケールアップしていることは間違いない。

 2ゴールを決めた田中輝については、もう俺の中ではこれぐらいは出来て当たり前のプレーヤー。相手のレベルを考えてもレギュラー争いに割って入るためにはハットトリックを記録するぐらいの結果(インパクト)が必要だし、実際にそのチャンスはあったと思う。
b0036243_18541453.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2012-02-19 01:04 | Game Review
<< キリンチャレンジカップ2012... 別府キャンプ2012 9日目 ... >>