Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ジャパンユースサッカースーパーリーグ2012 名古屋U18×富山第一 @トヨスポ
 昨日に引き続きJYSSL。今日の対戦相手はプレミアリーグWESTに名を連ねる富山第一ということで、昨日の大垣工戦よりは均衡した試合内容が予想される。
 名古屋のスタメンはこんな↓感じ。中盤から前は昨年の高円宮杯U-15優勝メンバーそのままだ。この二日間の先発メンバーを見る限り、高田監督の中では、最終ラインのニッキ、大谷、樫尾、そして2トップの北川と森の起用がほぼ固まっていて、それ以外のポジションをどうしていこうか考えている感じだろうか。金の評価も高そうだ。

         北川

          森
伊藤                桜井

       金     石川

樫尾   ニッキ   大谷   富田

          板倉

 スタメンを見る限り、前線はこのメンバーで試合をするのが一年ぶりとは言えさすがにコンビネーションに問題はないだろうし、最終ラインも富田の右SB起用というのは確か昨年のプレミアリーグでも実績があったはずで、これなら富山第一が相手でもスムーズにゲームを進められるのではないかという楽観的な予測がよぎる。

 しかしいざ試合が始まってみると、そんな俺の淡い期待とは裏腹に、昨日と同様名古屋はなかなかリズムを掴むことが出来ない。まだチーム作りは始まったばかりなので、現時点でその機能性について云々する段階ではないが、どうにも選手の組み合わせがハマっていない感じがする。
 具体的にはどちらも同じような動き(プレー)をしている2トップとボランチの組み合わせだ。2トップに関して言えば、二人とも足元でボールを受けて、相手DFに囲まれてもキープ力を生かして自分の周りにスペースを作りしてドリブルで突破を仕掛けていくようなシーンが目立つ。しかしいくら個々の能力が高い2トップと言えどもこれだけで相手チームを崩すのは簡単ではない。Wボランチについても、どちらも攻撃面でその能力を発揮する比較的タイプの似ている二人なだけに、(さすがにどちらかが上がった時はどちらかが残るようにしてはいたが)いざ守備に回った時には二人でボールに行ってしまってバイタルエリアを空けてしまう場面も少なくなかった。富山第一が繰り出すカウンターがバイタルエリアを素通りして一気に名古屋DFラインへと到達していたのはそのためだ。

 そんな名古屋は21分に森が豪快にフカした初シュートを号砲代わりに少しづつ攻撃に人数を掛けてフィニッシュまで持ち込めるようになっていった。そしてその中で地味に良い仕事をしていたのが左SHの伊藤。U-15の頃のようにサイドをドリブルで切り裂いてチャンスメイクというところまでは行けていないが、前半に名古屋が獲得したコーナーキックは、ほとんどが左サイドでの伊藤のドリブルでの仕掛けによって生み出されたものだった。

 0-0で折り返した後半、ピッチに向かう選手達の中から2トップを呼びとめ高田監督が入念な指示を送る。ゼスチャーを見ると二人の動き方を指示しているようだ。高田監督はこの後試合中にも珍しく前に出て来て進行中のゲームをよそに森を呼び出して何やら指示を与えていたので、監督としても2トップに関してはコンビとしての機能不全を感じているのだろう。

 後半に先制点を奪ったのは富山第一。13分、富山第一ボールでのスローインを前に富山第一が選手交代を行って一瞬集中が切れてしまったのだろうか、名古屋はあっさりとゴール前までボールを入れさせてしまい、一度は後半から出場のGK小島がシュートを防いだものの、そのこぼれ球を再度プッシュされてしまった。

 先制点を奪われた名古屋は、22分に左右のMFを交代(桜井→曽雌、伊藤→青山)。さらに25分には石川に代えて真柄を投入、真柄を右SBに回し右SBの富田をボランチに配置換えした。真柄は昨日の試合でも右SBで出場していたが、個人的にはSBよりもボランチで見たい選手。富田はもとより、金や石川のような選手と組ませたとしても、危機察知能力が高く激しい守備で相手からボールを奪取出来る真柄なら彼等の攻撃的なセンスを存分に引き出してくれると思う。そして何より真柄とニッキ、大谷で形成するトライアングルにより名古屋の守備はより盤石なものになるに違いない。まあ昨日も書いたようにここはユースならではの難しさもあるんだろうが。

 そんな名古屋が同点ゴールを奪ったのは32分のこと。樫尾のスルーパスに抜け出した北川の折り返しは相手DFにクリアされてしまったが、これを拾った富田が今度は森を走らせるスルーパス。これを受けた森は軽やかなステップで相手DFとGKのタイミングを外し、左足で豪快にネットへと突き刺した。この辺りは個人能力の高さを誇るこの2トップの真骨頂。来週のゼロックス・スーパーカップの前座として行われるNEXT GENERATION MATCHでも大観衆を前にどんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。

 ゲーム終盤の名古屋は2トップがシンプルにプレーし始めたことでチーム全体に攻撃のリズムが生まれ始めていたが、結局追加点は奪えないまま1-1の引き分けで試合は終了。富山第一との決着はプレミアリーグまで持ち越された。

 その後B戦も頭だけ観戦したが、2トップを青山貴と青山景のW青山が務めていたり、伊藤が左SBに入っていたりといったこと以上に、真柄がボランチとして石川とコンビを組んで伸び伸びとプレーしていたのが印象に残った。そして青山貴が自ら倒されて得たPKを豪快に蹴り込んだところで今日は第二グランウンドを撤退。真柄にしても青山貴にしても、もちろんこの先本来のポジションでレギュラーを獲得する可能性は十分あると思うし、昨日今日といずれもBチームで左右のSBを務めていた中根とともに、一年間の長いリーグ戦を戦って行く中では必ず彼等の力が必要とされる時が来るだろう。
b0036243_112995.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2012-02-26 23:59 | Youth
<< NEXT GENERATION... ジャパンユースサッカースーパー... >>