Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タイセー&ドラゴン
 大連戦のビデオが手元に届くまで1週間ほどかかる予定なので、今日は小平までFC東京とモンテディオ山形のトレーニングマッチを見学に行くことに。

 目当ては、今シーズン名古屋から東京に完全移籍した藤田泰成と昨シーズンの京都へのレンタル移籍を経て今季山形へ再レンタルされた原竜太同期生対決

 泰成は出場しなかったものの竜太は先発。11番背負って9番の選手と2トップ組んでる。それにしてもなんか竜太がやたらデカくなってないか?と思ったら、東京のCBが藤山と浅利だった。
 試合は、選手個々の力で圧倒的に優位なFC東京がゲームを支配して、山形の中盤は押し込まれるわミス多発するわで壊滅状態。竜太は前線でほぼ孤立。たまに入ってくるタテのボールに対しても、藤山や浅利や今野がきっちり対応してほとんど仕事が出来ず。終盤になると東京がペースを緩めたのか、山形の中盤がやっとつながり始めて、竜太も前線でサイドのスペースに流れたりしながらボールに絡み始める。しかし最後にゴール正面ボックスに入ったあたりでボールを持って、切り返しから左足で放った決定的なシュートがゴール左へ逸れて行ったところで前半終了。後半は頭から交代させられてしまった。正直なところ監督へのアピールになったかは疑問だけど、元気そうでひとまず安心。中盤にもう少しいい選手がいれば竜太も生きると思うんだけど。

 山形自体今日の出来ではJ2開幕に向けて不安が残るけど、竜太が一年間試合に出ていい経験を積んでくれればいいなと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-20 22:48 | Other Games
<< 増川頼んだ! 4バックへの期待と不安 >>