Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第1節 対千葉 2-2(得点:ウェズレイ、古賀) @スカパー
 名古屋はやっぱり名古屋だった。この結果は当然と言えば当然の成り行きであり、人災と言えば人災だ。
 試合開始時の基本的なポジションはこんな↓感じ。
b0036243_082697.jpg

 予想通り名古屋は試合開始からペースを握り、千葉は完全にカウンター狙い。去年の2ndステージを思わせるような展開だ。とは言っても、名古屋のバランスがそれほど良かったかと言えば、決してそういうわけでもない。

 守備では4バックが良くも悪くも落ち着いた印象。センター2枚は堅いと言えば堅いし、両SBのポジショニングにも「慣れ」を感じさせたが、ラインを押し上げられないから、中盤との間にスペースが出来てセカンドボールが拾えない。そして深いDFラインは、ゴールエリアあたりでGKの楢崎と互いのスペースを消し合って、クロスひとつで大ピンチに陥ってしまう。 
 もうひとつ前半から目立っていたのが、阿部をフリーにしてしまうこと。阿部に対して誰がマークに行くかハッキリしていないことで、中盤の底から長いレンジのパスを何度か通されチャンスを作られる。本来であればトップかクライトンが行くべきだと思うんだけど。そしてこれが最終的にこの試合の勝敗を分けるポイントになる。
 
 攻撃面でもやはり間延びしたフォーメーションがネックになる。二列目の2人(中村と本田)がいい形でトップに絡んで行けず、FWと中盤に大きなギャップが生まれている。相手ゴールに迫るパターンも左サイドに開いたマルケス(の脇のスペース)に自陣から早いタイミングでタテに入れるカタチ一辺倒。確かにそれが名古屋にとって一番のストロングポイントだけど、これじゃマルケスが過労死してしまう。案の定30分過ぎには少しキツそうだ。

 個々の選手で見れば、新加入選手がいずれもいい形でゲームに臨めているようだ。守備ではアン・ヨンハッが効いているし、攻撃では本田がその存在感をアピール。本田の何が凄いかって、ボディコンタクトの強さやボディバランスってのももちろんあるけど、やっぱり一番重要なのはワンステップで敵の急所をエグるパスが出せる左足のキックだ。こんな選手なかなかいない。逆にマズかったのが中村。ボールを持っても判断が遅くすぐに囲まれて仕事をさせてもらえない。運動量も集中力も後半になると低調になり、大連戦のようなアグレッシブさもついに見られず終い。

 試合は、去年の2ndステージと違い、名古屋がキッチリと先制点を奪った。ウェズレイのPKは明らかに貰いに行ったPKだったが、そこに絡んだのが角田だったということが重要だ。次節以降への課題ということにもなるが、左サイドの渡邊と合わせもっと両SBが攻撃に絡んで行かないとゲーム内容は向上していかない。

 後半になると、前半散々フリーだった阿部への対応なのか中盤がフラット気味なものからボックス気味な感じになった。そしてネルシーニョからの指示なのか、中村が阿部を見るケースが増え始める。つまりフォーメーションはこんな↓感じ。
b0036243_1482680.jpg

 さっきも書いたが、これが後から(悪い意味で)効いてくる。

 そして追加点。ショート・コーナーから本田がまたもワンステップで伝家の宝刀・左足を振り抜く。ゴール前で飛び込んだのは古賀だ。俺が勝手に年間ノルマとして背番号と同じ5ゴール(アシストも可)を課す男が今シーズンのまず1ゴール目。ただ、ラインコントロールもそうだし、もっとゲームに対して積極的に絡んでいく姿勢を見せる必要がある。

 そこから先は、ただひたすらチャンスを無駄にして逆襲を喰らう展開。二列目の中村と本田の足が止まり、中盤は完全に死んだ状態。2トップのどちらかが上手くボールを引き出していい形で前を向いても、ボックスの中には残りのどちらか一人というようなシーンも何度かあった。いくらカウンターと言えども、これではなかなかゴールを割ることは出来ない。

 そうこうしているうちに、83分、89分とサイドからのなんの変哲もないアーリークロスに頭で合わされ同点。ここでポイントになるのは中よりもむしろサイドの守備だ。なぜか。さっき書いたように、後半から阿部対策として名古屋の中盤がボックスになり、中村や本田が中に入った。結果的に(中盤)中央の守備が厚くなった代わりにサイドは単純に一枚手薄になった。右サイドは角田とヨンハッで対応したが後手に回ってクロスを上げられ、下がりすぎのDFラインはゴールエリア内で相手アタッカーに仕事をされた。楢崎のファンブルは確かにあったが、あの位置で仕事されたらGKはどうしようもない。

 ここでもうひとつの解せない点。なぜネルシーニョは機能停止している中盤のテコ入れに動かなかったのか。もしも1失点目がなければ、本田→吉村の交代すらもあったか怪しいくらいだ。決して結果論ではなく、あの場面では一刻も早く吉村を投入して中盤の守備にテコ入れをすべきだった。そしてこの試合本田に代わって投入された吉村はボランチに入り、クライトンが左に開いた。しかし吉村を途中投入するなら実は二列目が最適。より前方からの運動量を増やし守備力を高めることと同時に、意外と認知されていないが、吉村には前方のスペースに飛び出していく能力が備わっている。2トップと絡ませてチャンスの時にボックスの中に人数を増やすには吉村が実は最も適任だ。吉村の二列目としてのスーパーサブ適正云々はとりあえず置いておいても、交代を使おうとしなかったのは明らかに采配ミスで、この引き分けはその意味で「人災」でもある。

 長いシーズンを戦っていけば、2-0からあと7分で追いつかれることだってある。でもなんかこれを「事故」とは言い切れないし、信用できない。2点リードでもサポが全く安心できないチームってのは情けなさすぎる。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-03-06 02:37 | Game Review
<< 夜は味スタ 開幕戦プレビュー >>