Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
夜は味スタ
 名古屋が負けに等しい情けない引き分けを演じるのをスカパーで最後まで見届け、(その後ガンバが大宮に負けたことでほんのちょっと回復したものの(笑))ヘコんだ気分を引きずったまま味スタへ。
b0036243_1419249.jpg

 東京の泰成はベンチにも入れずか。まあ怪我人とかの事情もあるんだろうけど、ベンチ入りがGK、藤山、浅利、三浦文、ダニーロっていうのもな。昔はサブGKを入れないとかいう荒業もあったけど、今は本当に「先行逃げ切り」しか考えてないんだね、ヒロミは。

 新潟では海本ブラザーズがスタメンで岡山がサブ。東京のダニーロがサブなのは練習試合を見ててもしょうがないと思ったが、こっちの新外国人・リマが外れてるのはどういう理由なんだろ。その結果幸治郎が4バックの右SBに入った。昨シーズンから今シーズンにかけて名古屋が4バックに移行するに当たり、俺にとって最大の懸案事項だったのが、実はこの幸治郎の処遇だった。パワフルなアップダウンはブラジルのラテラルっぽいが、あの守備のマズさではSBを任せるのは心許ない。かと言って、あの走力は前で使うにはもったいない。4バック推奨派の俺にとっては、幸治郎の移籍はある意味渡りに舟的な要素があったことは否定できない。(交換で、待望のアンカーであるヨンハッが獲れたこともあるし)

 試合開始早々さっそく中途半端なポジショニングで戸田に裏を突かれる幸治郎。攻撃に幸治郎がいいカタチで絡めたのは片手で足りるほど。逆に守備では最後まで苦労し続け結局退場してしまった。幸治郎に限らず、この日の新潟は本当に酷い出来だったが・・・。

 一方東京はコンセプトの明確なサッカーで新潟を圧倒。不動の4バック、最近は「凄み」すら感じさせる今野、東京のスタイルを象徴するサイドアタッカーの石川、二年目でJにすっかり慣れてきたルーカス。東京は今円熟期を迎えている。どこかのチームと違い、2-0から危なげなく追加点もポンポンと奪い、おまけに完封。これ以上ない完勝。

 幸治郎が退場になった後、ピッチサイドに見慣れたシルエット。岡山登場だ。相変らず中盤でいい動きしてる。けど、こんな状況じゃボールも回って来ずほとんど何も仕事できないまま試合終了。

b0036243_1345818.jpg

 新潟サポの皆さん、心中お察しいたします。お気をつけてお帰り下さい。


 まあとは言え、いくら東京の完勝劇を見た所で俺の心は晴れないわけだが・・・
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-03-06 14:21 | Other Games
<< 第2節 対磐田 3-0(得点:... 第1節 対千葉 2-2(得点:... >>