Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第2節 対磐田 3-0(得点:杉本、古賀、クライトン) @BS1
 去年の2ndステージに続きウェズレイが怪我で欠場した名古屋に対し、磐田は名古屋側が警戒しまくっていた村井が身内の不幸で欠場し、(どっちでもいいけど)ついでに中山も試合前の練習で負傷したらしく欠場。
 名古屋でウェズレイの代役を果たすのは、キャンプから本田とともに期待を集めていた大卒ルーキーの杉本だ。去年の2ndステージでは、ウェズレイの代わりに入ったジョルジーニョが前線で運動量豊富に動き回ってその代役を果たすとともに、チーム全体でも磐田に走り勝ったが、果たして今回の結果は・・・

 先発メンバーの基本的なポジションはこんな↓↓↓感じ。
b0036243_229948.jpg

 試合は開始から両チームとも中盤での激しいプレスで潰し合う。そしてそんな中名古屋の攻撃はと言えば、比較的深めの位置から相手DFラインの裏目がけてボールを入れ、杉本のスピードを生かそうというやり方。磐田は引いてガチガチに守ってくるチームじゃないから、これはこれで有効ではあるんだけど、本来このチーム(のシステム含めたやり方)が志向するところである2列目が攻撃をオーガナイズするカタチはなかなか上手く作れず、福西・名波の壁を越えられない。一方の磐田はと言えば、前線の流動的なポジションチェンジと、長短のパス、楔なんかを交えながら良いタイミングでタテにボールが出て来る。組み立てという面では、やはり磐田が一枚上。
 しかし時間の経過とともに磐田のウイークポイントが明らかになってきた。左サイド(名古屋にとっての右サイド)だ。解説の鉄拳オヤジこと川勝氏も指摘していたけど、村井の欠場で磐田の左サイドに入った藤田は攻撃時には中に入ることが多く、名古屋がボールを奪った時には右サイドに結構大きなスペースが空いていた。ここを角田が突く。そしてクライトンや中村が起点となりそのスペースにどんどんパスが出てくる。角田にとっては少しナーバスなくらいだった村井の「タテ突破」という呪縛から開放され、気持ち的にも余裕があったに違いない。
 それにしても磐田の左サイド・藤田の出来は酷かった。攻撃面でも、決して初めてではない左サイドで周りと全く噛み合っていない。年齢的な衰えなのか、チームスタッフとの関係とかも含めたモチベーションの問題なのか、チームの戦術上の問題なのか分からないが。
 とにかくそんな藤田や、「貫禄」とは無縁の存在のカレンに助けられながらなんとか名古屋も磐田の攻撃を凌いでいく。
 ただ名古屋の守備が磐石だったかと言えば、決してそうとばかりも言っていられず、セイフティー・ファーストで相手に裏を取られないように深くポジションを取るDFラインは、時に中盤のプレスが外されると、バイタルエリアで相手FWに起点を作られ、危ないシーンを演出した。ブラジル人監督はラインを高く上げることは好まない人が多いし、そのためにアン・ヨンハッのようなアンカーがいるということもあるんだけど、この辺りのラインコントロールに関しては、引き続きチームとしての検討課題ということになっていくと思う。
 試合は前半35分くらいから徐々に磐田のペースも落ちだしものの、相変らず戻りは早く、名古屋の選手が時間をかければすぐに囲まれてしまうような展開のまま前半終了。

 後半、磐田は左サイドに服部を投入してテコ入れ(カレンout)。トップ下の前田がFWに入り、藤田がトップ下に。しかし名古屋の右サイドからの攻勢は止まらない。それどころか試合が進むにつれ、徐々に中村や本田が磐田のバイタルエリアで仕事が出来るようになってきた。そして先制点。一度独走した杉本がキーパーまで交わしてポストに当てたシーンではイヤな予感がしたが、その直後再び杉本が抜け出すと逆サイドへセンタリング。そこに詰めて来た右サイドの角田がボックス内でキープし、対応に来た服部の股間を抜いてゴール前にグラウンダーのボールを通すと、それにマルケスが合わせる。そしてGKが弾いたこぼれ球を、再び詰めてきた杉本がゴールに流し込んだ。
 その後も前半とはうって変わり磐田のバイタルエリアで起点を作り続ける名古屋攻撃陣。前半の藤田同様、服部にもかつてのようなパフォーマンスは影を潜めていたし、時間の経過とともに名波も守備面で機能停止し始めていた。そしてそんな流れから、開幕戦に引き続きCKから古賀が頭で豪快に押し込んで追加点。5点の目標が早くも2点目。攻撃面ではこの調子で、そしてさらに貪欲にやっていって欲しいところだ。

 落胆する磐田サポを尻目に、それでも名古屋サポは知っている。名古屋というチームがこれで安心できるチームではないことを。

 しかしそんな心配をよそにチームはなんなく3点目を奪取する。古賀がクリアボールを丁寧に角田につなぎ、角田→中村→角田とつないだボールを角田がセンタリング。これは磐田・田中に跳ね返されたが、そのクリアボールがボックスの外側辺りで待ち構えていたマルケスの足元へ。走り込む中村にマルケスがスルーパスを通し、中村がファーサイドの杉本へセンタリング。杉本のヘッドはDFに当たりバーを叩いたものの、跳ね返りを猛烈に走り込んで来たクライトンがゴールに流し込んだ。
 3点目を取るとネルシーニョは、前節の轍は踏まぬとばかりに、杉本に代わり山口K投入。中村をトップに上げて守備を固める。イメージ的にはこんな↓↓↓感じだ。
b0036243_3454935.jpg

 杉本がベンチに下がったことでFWを走らせるようなカウンターがなくなった名古屋は、ただひたすら磐田の攻撃に耐える。ファールで止めてはセットプレーを与える展開は去年の浦和戦を見ているようだ。こうなってくると体力的な問題があったとは言え、人間力が名波を下げてくれていたことは助かったし、福西を下げたことに至っては意味不明。俺としては一番嫌な奴が下がってくれてたと思えたほど。コンディションでも悪かったのか?
 セットプレーの練習でも見てるかのように様々なポイントから蹴り入れられるボールを、名古屋の選手達が跳ね返し続けて、なんとか完封で試合終了。ルーキーが存分にその良さを発揮し、初出場初得点による先制点も記録しての完勝。チームの雰囲気は最高潮だ。
 ただし杉本にとってもチームにとってもこれからが正念場。開幕からの千葉や磐田と違い、これからの相手は引いてくることも考えられるし、杉本の良さを消しにかかってくる。その時にどれだけ出来るかが大切だ。チームとしての崩しも、今日の試合でもSBがいい形で攻撃に絡んだ時が得点につながったように、もっとサイドを有効に使って行く必要があるし、2列目の中村・本田とトップとのコンビネーションにもまだまだ改善の余地はある。

 とりあえず開幕戦の借りは返した。あとはこれを持続していくことだ。チームとしての一体感とか雰囲気では、確実にここ何年かで見てもいいチームになってきていると思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-03-14 04:11 | Game Review
<< ナビスコ鹿島戦プレビュー#1 ... 夜は味スタ >>