Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ナビスコカップ 鹿島戦 1-2(得点:角田) @カシマスタジアム
 代表や怪我で主力を欠くナビスコカップ・鹿島戦。東京にいるとなかなか見れない控えの選手を見られるのは楽しみだけど、どうせ行くならカシマスタジアム初勝利をこの目で目撃したい。正直俺の中でも目的をハッキリと定めることが出来ない。そしてこれと似たような感覚が実際のピッチの上でも勝負の分かれ目のひとつだったかなとも思う。
b0036243_0554531.jpg

 一層若返ったスタメンはこんな感じ↓↓↓スタメンもそうだが、ベンチに須藤が入ったことに驚いた。果たして試合で観れるのだろうか。
b0036243_0355173.jpg

 試合は開始早々から名古屋が2トップを中心に鹿島陣内へグイグイを攻め入る。マルケス、ウェズレイというチームの「看板」に代わって出場の若い2トップは、杉本はスピード、豊田は強さと速さという各々の持ち味がJでも武器足りえることを証明し、鹿島のDFに十分脅威を与えていた。中盤では中村が左サイドを中心に積極的にボールに絡んで、クライトンとともにゲームを作っている。そこを基点として右サイドの角田を使う展開が前半は目立つ。
 逆に消極的に映ったのが山口Kと中谷。角田の「前」への動きを演出しようとしているのか、それともバランスを取ろうとしているのか、対新井場意識過剰なのか分からないが、右SHの山口Kのポジションはやたらと低い位置で落ち着いている。中谷は前半はなかなか前のスペースに出て勝負しようとはせず、ボールを持っても中村やクライトンに預けるだけと言った感じ。

 まあそれでも全体としては悪くない入り方だ。

 その後名古屋の2トップにボールが入らなくなったことで膠着しかけた時間帯もあったが、それまでほとんど目立っていなかった吉村が右サイドのスペースに飛び出して行ったり、2トップが左右のスペースに流れてボールを引き出すことで、再び流れは名古屋へ。そしてそんな流れの中、CKからのこぼれ球を角田が蹴り込んで先制。セットプレーから点が取れるようになったこと、攻めている時間に取れたことは大きい。ただ立ち上がりに比べれば鹿島が慣れてきたことも事実で、特にクライトンへの寄せが早く、中盤でボールを失うシーンも増えていたのは確かだ。(そしてそれが同点につながった)

 一方守備に目を移せば、鹿島の攻撃に全く怖さがない。不安視されていたヨンハッの穴を感じさせないほど、鹿島には名古屋のバイタルエリアを突こうという意識がないし、遠目ではファビオ・ジュニオールがまだいるようにしか見えないアレックス・ミネイロに対しては、タテに入ってくるボールを古賀と増川が徹底的に潰して仕事をさせない。サイドからのクロスに対して増川が目測を誤ったり、あとは川島が試合勘が不足しているのか、それとも連携の問題なのか分からないが、不安定なパフォーマンスを見せていたのが心配と言えば心配だが、失点はフェルナンドの直接フリーキックだけに抑えて1-1で前半を終了。でもアレ止められなかったかな?あくまで素人考えだけど、フェルナンドが蹴るとしたらあの位置(キーパーサイド)しかないと俺は思ってたけど、ボールは一旦逆を突かれた川島の指先を抜けゴールに吸い込まれた。
b0036243_1452182.jpg

 そして迎えた後半。再び名古屋の攻勢。相変らず中盤で中村とクライトンがポイントとなって、最前線では豊田と杉本が鹿島DFに対し果敢に勝負を挑む。さらに前半とはうって変わり、左サイドの中谷が積極的なオーバーラップを見せ、名古屋の攻撃は一層厚みを増す。ゴールは時間の問題のようにも思えた。しかし左サイドからのボールを杉本が合わせたゴールがオフサイド取られたり、徐々に生まれた余裕からか、名古屋の選手達が次第にボールをワンテンポ長く持ちすぎて鹿島のディフェンスに引っ掛かるシーンが目立ち始める。なかなか奪えないゴール。
 そんな展開が続いた後半中盤過ぎ、トリッキーなプレーを後ろから掴まれて止められた際に大袈裟にヘッドスライディングしてみせた深井によって、角田が2枚目のイエローをもらい退場。少しづつ試合の流れが変わり始める。鹿島は押せ押せだ。角田退場で名古屋は山口Kを右SBに下げ、1トップは豊田に代え津田を投入した。つまりこんな↓↓↓感じ。
b0036243_1583133.jpg

 ただ、完全な結果論だけど、津田の投入はどうだったか。1トップにするに当たり運動量の落ちた豊田を下げ、フレッシュな津田を投入するという意図は理解できたが、この津田が完全に岩政に封じられてしまう。鹿島にとっては運動量が落ちたりとは言え、豊田のスピードとパワー、そして高さの方が怖い存在ではなかったか。

 まあそれでも鹿島に「負ける」気は全くしない。名古屋は守りを固めてカウンターモードで、一人減ったことで中盤の守備意識はより一層高まっている。上手くはまればカウンターから得点も奪えそうだ。良くて勝ち越し、悪くて引き分けっていう感じ。しかしここで点を奪いに行くのか、それとも守備ありきで無理はしないのか、その辺りの曖昧さが出てしまった。中盤で何回も良い形でボール奪って、カウンターからサイドを使ってセンタリングを上げても中には1人(またはゼロ)しかいなくてあっさり鹿島にボールを明け渡すというシーンが続く。それならそれでボールキープに切り替えるべきだし、急いで攻め切ることもない。

 もうひとつのマイナス要素は中村だ。この試合ここまで若いチームを引っ張ってきた中村は、激しい当たりでボールを奪いに行ったり、新井場と小突き合いをしたりと、これまでの中村には見られなかった「闘争心」を露に見せていた。しかし小突き合いのシーンで新井場が先に手を出してきたのに、何故か中村だけがイエローをもらったりして集中が切れてしまったのだろうか。それ以降プレーの精度が大幅にダウンしてしまった。中盤でボールを持っても意固地なまでに持ち過ぎで相手に奪われたり、パスが味方に合わずにそのままライン割ったり、最後の最後に巡ってきた同点のチャンスのコーナーキックもなんでもないボールを入れて簡単にクリアされてしまったり。 この辺はピクシーを見習って欲しいなあ。ピクシーは凄い怒ったりぶちギレてる時でも、頭はいつも凄く冷静で、そういうシーンではいつも氷のように冷静なFK蹴ったりしてたからなぁ。

 ロスタイム。中盤で右サイドから左を上がる中谷への緩いサイドチェンジ(山口K?)を青木にカットされ、そのままゴール前に持ち込まれると混戦から失点。逆転負け。

 何回同じ失敗をすれば気が済むのかな? ていうより、監督、コーチ、そして選手達ひとりひとりは、この試合をどうしたいと思ってたんだろう。何が何でも勝ちたかったのか、引き分けでもよかったのか。それが一番気になるところ。ちなみに俺は、一人減ってからも勝ちに行って欲しいと思ってた。勝ってもおかしくないだけの試合をしてたと思うし、今日の鹿島はそれぐらい低レベルなパフォーマンスだったから。一人減ってからもチャンスは作っていたし、その時にはもっと前線(ボックス内)に人数を増やすべきだったと思う。最後カウンターのカウンターのような形で鹿島が決勝点を奪った時、鹿島はボックス内にかなりの人数が入っていた。これが勝負のあやのような気がしてならない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-03-27 02:28 | Game Review
<< 選手紹介#13 「名古屋のマケ... ナビスコ鹿島戦プレビュー#3 ... >>