Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第4節 対C大阪 0-1(得点:なし) @スカパー
 弱きを助け強きを挫く、これぞ名古屋クオリティ。メンバーは変わってもチームの体質は変わらないのか。

 いやあ、それにしても酷い試合だった。なにが酷いのかって、自分達のサッカーというものがまるでないその戦いぶり。それはある部分監督を含めたスタッフの責任でもあり、同様に選手達の責任でもある。

 試合が始まると、先発メンバーこそ昨日書いたプレビュー通りだったが、フォーメーションに関してはかなり違っていることがハッキリしてきた。まず中村が左SHに回ると思われていた中盤は、中村とクライトンが攻撃的な位置でプレーしボックス型のようになっている。そして右サイドでは山口Kがゼ・カルロスを、角田が古橋をそれぞれマークする関係で、角田が中(ボランチ)、山口Kが外(右SB)のようなポジショニング。一方の左サイドでは森島のマークを任されたヨンハッがほとんどDFラインのようなポジショニングで、逆に左SBの渡邊はサイドアタックの基点として(の働きを要求され)かなり高いポジションを維持している。つまりこんな感じ↓↓↓。
b0036243_18291576.jpg

 つまりは相手に合わせたやり方をしていたわけで、これでは攻撃がなかなか思うように機能しないのも道理。チームとして意図していたと思われるサイドアタックでは、ただでさえ中盤で攻撃的な役割を任された中村とクライトンが内に絞り気味のボックス型にも似たポジションを取っていることに加え、角田と山口Kがポジションチェンジをしたような形になっているため、名古屋の右サイドは完全な「死域」となっていた。逆にバランスを取る意味でもかなり攻撃にシフトしていた左サイドでは、高い位置をキープしていた渡邊のところでボールが落ち着かない。中央からの攻めでは期待の豊田が前線で基点とはなりきれず(と言っても2列目の押し上げがない状況では豊田だけを責められないけど)、クライトンと中村が中盤でダラダラとボールを持つシーンだけがやけに目立つ。チーム全体としても運動量が絶対的に足りない。
 一方の守備はといえば、選手個々で見れば、右サイドの山口Kがゼ・カルロス対策としてそのタクスを忠実に実行しているし、アン・ヨンハッも、主に森島を見ながら、大きく開いた左サイドのスペースをケアしつつ時には中央のバイタルエリアで身体を張ったプレーを見せたりと頑張っている。しかしチーム全体としてみると、西澤、森島、古橋、ゼ・カルロスといった要所にはマークを付けているが、その後ろからファビーニョや久藤が上がってくるといとも簡単に混乱に陥ってしまっている。
 そんな中、ファビーニョのパスから森島に上手くDFラインを抜け出され先制点を奪われる。森島は相変らずこういうプレーが上手い。そして昔温厚なトーレスがマジギレしてたDFに対する小賢しいバックチャージも相変らず。
 名古屋は結局攻撃の形を全く作れないまま前半終了。マルケスが左サイドのスペースに流れて、そこに早いタイミングでボール入れて行くいつものパターンをもっと使っていけば良かったんじゃないかと思う。マルケスの対面にいたのが柳本ならともかく、大卒ルーキーの前田だったんだから、そこでの1対1を狙っていくのは常套手段。いくら研究したと言っても、マルケスを止められる大学生はいない。

 後半になると名古屋はいきなり二人のメンバーチェンジ。まず渡邊→中谷。確かに前半の渡邊はボールの収まりも悪かったし、この交代には納得。そしてもうひとつが豊田→杉本。これに関してはもう少し待っても良かったような気がしないでもない。確かに豊田は全くと言って良いほど前線で基点となることが出来ていなかった。しかし、このまま行けばいずれ豊田の「高さ」が必要になる時間帯が来るはずだ。そしてサイドアタックがままならないこの状況で打開策があるとすれば、それは「豊田、杉本の併用」になるような気が俺はしていた。もちろんマルケスも残したままで。
 前線で杉本が裏のスペースを狙って動き回ることで、後半の名古屋は前半よりも若干リズムが良くなったようにも見えたが、杉本がセレッソDFを抜き切ることが出来ないのと同様に、名古屋もセレッソのゴールを割ることが出来ないままだ。解説の本並が「手数を掛けすぎ」と言っていたが、まあ確かにシュートを打てるシーンでもパスを回してしまった場面はあったけど、手数を掛けてでも完全にお膳立てして(深い所までエグって)ゴール前に(グランウンダーの)クロスを送ってあげないといけないのがマルケスと杉本の2トップ。単純なアーリークロスとかではゴールまで辿り着くのは難しい。その意味でも豊田を残して欲しかったんだが。
 その後、名古屋は山口Kに代えて本田を投入。しかし本田をもってしても今日の名古屋の中盤では全く有効な仕事が出来ない。万策尽き果てたか・・・と思われた矢先、この交代が想定外の効果を生み出す。山口Kが外れたことで角田がアウトサイドに回り、右からのサイドアタックが機能し始めた。そこからは時間帯もあって総攻撃。クライトンが前線に次々とボールを供給し、チーム全員が押し上げる。しかし何度かあったセットプレーのチャンスもキッカーの中村のボールにはいつものようなキレもスピードもなかった。

 結果的にはセレッソゴールを割れないまま、リーグ戦3連敗のセレッソに勝ち点3を献上。相手の対策に追われ、自分達のスタイルを忘れてしまったことが全てのように思う。壊れてしまった攻撃のリズムは選手を交代したところで取り戻すことができなかった。逆に、選手交代に伴って角田が本来のサイドに戻り、そこから仕掛けたサイドアタックがゴールに近づいたことは皮肉だし、それがひとつの答えを出しているような気が俺はしている。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-04-09 21:15 | Game Review
<< ユース関東遠征 対駒澤大学 @... セレッソ戦プレビュー#2 中村... >>