Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第6節 対川崎フロンターレ 2-0(得点:中村、杉本) @等々力陸上競技場
 前節4枚目のイエローカードを貰った古賀が出場停止の名古屋は、今シーズン初めて3バックを採用し、増川、秋田、角田の3枚で好調の川崎攻撃陣を迎え撃つという
 一方の川崎では、見たかった選手の一人であるジュニーニョが幸か不幸か怪我により欠場し、その代役を名古屋の十八番とも言える「C契約」のフッキが務める。噂ではなかなかいい選手との情報もあるこのフッキが、果たしてどれぐらい出来るのだろうか。

 試合が始まると、名古屋はプレ情報通り3バックだ。前線ではFC東京戦に比べると中村がややFWに近い位置でプレーしていて、いわゆる3-5-2というやつ。ヨンハッがワンボランチ気味にプレーしていたけど、これは昨シーズンの終盤と同じ形(その頃は吉村がヨンハッの役割)で、つまりこんな↓感じ。
b0036243_19514686.jpg

 試合開始からしばらくは、川崎という未知のチームに対しての部分と自分達の新システムに対しての部分で、いく分様子見のような感じがあったが、慣れてくると個々の能力で上回る名古屋が次第にペースをつかみゲームを支配し始める。
 そのベースとなっていたのが守備。我那覇を増川が、フッキを角田が、アウグストを山口Kが、マルクスをヨンハッがそれぞれ見る形が基本で、増川、角田の両ストッパーは出足の良さが目立ち、川崎FWに仕事をさせず、ヨンハッはマルクスを見つつも、危険なところにことごとく顔を出しては攻撃の芽を摘んでいく。守備は安定していた。
 攻撃では中村、本田あたりがかなり流動的に動きながら中盤でボールを回していく。まあ中村を含めて6人の選手が中盤にいるんだから、ボールを回せるのは当たり前と言えば当たり前。そして問題はここからだ。パスを回せど回せど一向にペナルティエリアにまでボールが進まない。もちろん川崎DFが集中していたと言う部分もあるだろうが、どういう形でフィニッシュまで持っていくのかというイメージが共有できてる雰囲気がまるでない。試合序盤、名古屋の放ったシュートはペナルティエリアの外からのものだけだった。マルケスの1トップ気味で中盤に人数を掛けるこのやり方は、相手チームにとってイヤではあっても決して怖くはない
 そんな感じで時間は刻々と過ぎていき、25分が経過したあたりから川崎が序々にチャンスを作り始める。名古屋が中盤で回しているボールを奪ったり、パスミスを拾ったりして、こちらはそのボールを確実にシュート(フィニッシュ)までつなげてくる。得点という意味では川崎の方が「可能性」があるかもしれない。

 古賀が抜けても秋田がいることで未だ圧倒的な迫力を誇るセットプレーか、本田の閃きとマルケスのイメージが上手くシンクロするか、もしくは中村の「一発」ぐらいしか名古屋が得点できる可能性はないかなと思いつつ、こういう展開になればなるほど(本田や中村より遥かに高いマルケスとのシンクロ率を持っている)ウェズレイの不在が効いて来るなと思って見ていたら、前半終了間際、カウンターを潰されて得たFKで、その「一発」が飛び出した。中村がゴール正面のFKを壁の頭越しに直接ゴールに叩き込んで今シーズン1ゴール目。
 
 そして前半終了。
b0036243_22574220.jpg

 後半になっても相変らず堅い守備をベースに名古屋がペースを握っている。しかし攻撃では相変らずボールは支配していてもゴールにつながる気がしない展開が続く。頼みのマルケスは、ボールを入れようにも常に2人掛かりのマークに晒されていてなかなか自由にさせてもらえないし、中村や本田は執拗にサイドのスペースを狙って基点を作ろうとするけど、その時に後ろから中に押し上げてくる選手もいない。左サイドに流れてボールを受けたマルケスが、目の前のDF二人を交わしてゴール前にクロスを通したのにボックスの中に誰もいないなんていうシーンもあった。この状況を打開するためか、ネルシーニョは本田に代えて杉本を投入する。これで少なくともサイドに基点を作った時の中の人数は増えるはずだったが、ピッチ上を見ると中村と杉本が話し合っていて、中村のゼスチャーを見る限り、マイボールになった時には杉本にサイドのスペースに流れてくれというようなことを言っているみたいだった。それならそれでいいんだけど、そうであれば、中村はもっとボックスの中に入って来ないといけない。
 経過していく時間。そう言えばここまで両サイドが全然有効に攻撃に絡んでこないなと思っていたら、突然中谷が倒れた。足が攣ったらしい。足が攣るほど走ってたイメージはないけど攣っちゃったものは仕方ない。中谷out、井川in。山口Kが左に回り井川が右に入る。井川今シーズン初登場。そしてこれが予想外の効果を生み出した。開幕からベンチ入りすら出来ず相当うっぷんが溜まっていたのか、ピッチに入った井川は解き放たれた野獣のようにいきなりアウグストを削ってイエローを頂戴すると、今度は右サイドで積極的に攻撃に絡み始めた。
b0036243_22221533.jpg

 そしてそんな右サイドから追加点が生まれる。一旦は跳ね返されたボールをヨンハッが拾って突進。ペナルティエリアの外側あたりをドリブルでタテにエグる・・・途中足が攣ったにも関わらず、まさしく根性でボールを離さず相手DFをブロックしながら、再び大外で待ち構える井川へ。そのままピッチの外へ倒れこむヨンハッ・・・ボールを受けた井川が入れたセンタリングをニアで待つ杉本がスライディングでゴールに流し込んだ。結構感動的な追加点。ベタな言い方をすれば、ノドから手が出るほど欲しかった追加点を奪って、選手達も興奮していたのか、ヨンハッに駆け寄る選手がいなかったのが玉に瑕だけど。(笑)

 途中攻撃が行き詰った時間帯に、クライトンが後ろからボールを運んで来て、タイミングを測ってマルケスに出すという二人だけによる攻撃パターンしか見られなくなった時には、どうしようかと思ったけど、今日は選手交代によって良い流れを作ることが出来た。
 
 そのままその2点を守り切って試合終了。

 もし川崎にジュニーニョがいたら、名古屋が攻めきれずにいる間に一発でやられてしまっていたかもしれないし、そうなったら試合の流れもどうなっていたか分からない。及第点を与えていい守備と比べると、攻撃はまだまだ課題が多い。連勝そして2-0の完勝というこの結果を自信にはしても過信はしないで、さらにチームが成長していってくれればいい。
 
 そう言えば俺自身勝ちゲーム観たのいつ以来だ?来週も頼むよ。
b0036243_2229562.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2005-04-17 22:49 | Game Review
<< 柏戦に向けネルシーニョへのふた... 第5節 対FC東京 1-0 (... >>