Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第11節 対G大阪 1-3 (得点:平林) @スカパー
 去年の2ndステージ開幕戦、「新装開店」の4バックが大黒、フェルナンジーニョ、二川の三人を全く止められずに崩壊して、結局その4バックを放棄することになった因縁の相手、G大阪。今年のガンバはその三人に加え清水からアラウージョが加入して、より強力な攻撃陣を形成している。前節の大分戦で秋田が鎖骨を骨折し、高卒ルーキーで本職はボランチの須藤をCBで使わざるを得ない状況の名古屋にとっては正念場だ。

 メンバー表だけ見た時に、俺はこの試合の名古屋が4バックで試合に臨んだのかと思っていた。両SBに角田と渡邊、そしてCBに古賀と須藤という感じで。しかし実際の映像を観ると、名古屋は須藤をリベロ(真ん中)に据えて、古賀(右)と出場停止明けの角田(左)が両脇を固めた3バックで臨んでいる。そして同じく復帰した山口Kが右アウトサイドに入った前はいつもの通りだ。つまりこんな↓感じ。
b0036243_3324771.jpg

 試合は開始からチーム全体の動きが重さが目立つ。チームに勢いらしきものが感じられたのは最初の数分ぐらいと、単発で前線の深い位置で基点が出来た時の数回だけ。その「チャンス」では決してゴールを奪えそうにもないという雰囲気があったわけではなかったが、シジクレイ、遠藤のダブルボランチに、宮本を中心とした3バック、そして前線からの忠実な守備と、ガンバはディフェンスもなかなか堅実だ。名古屋にあっては、唯一左サイドの渡邊だけが、相手が同じ3バックということもあってか、前節とは比べられないほど「前」を意識して積極的で良い動きを見せている。
 守備も意識はあるが体が付いて行かないのか、一見すればグダグダな状態。最初の数分は中盤で相手を囲んでボールを奪うようなシーンも見られたが、あとの時間帯はチェックも甘ければマークも緩く、それらしきポジションにいるにはいるが、まさしく見ているだけで簡単に相手に前を向かせてしまっているし、後ろからの上がりも含めて流動的に動いてパスをつないでくるガンバ攻撃陣にゲームを支配されてしまっていた。
 名古屋にとってもうひとつ厳しかったのがリベロの須藤だ。おそらくほとんど経験もなかったであろう、3バックのリベロというポジションを、高校を卒業して1ヶ月そこそこの、しかも本職はボランチという若者が、デビュー3戦目にして任されているという現実。しかしその現実はあまりにも厳しかった。もちろんいいシーンもあったのだが、須藤はラインコントロールを行う術をまだ持ち合わせておらず、そのことで普通に経験のある選手であればオフサイドが取れていた場面で、ひとりだけ(相手のマークで)残って1対1からシュートまで持って行かれたり、その他にもポジショニングがハッキリしていなかったり、周りとのコンビネーション不足で受け渡しが上手く行かないシーンなどもあった。実際、何度かあった味方選手と重なってしまったシーンがそれらを象徴していたと言えるだろう。まあこれに関しては須藤だけを責めるのは酷だし、本来であれば古賀や角田、そして楢崎といった経験のある面々がDFを引っ張らないといけない。そしてガンバとは対照的なまでに緩い前からの守備も同時に責められてしかるべきだ。
 そしてそんな試合展開の中から、二川→アラウージョ→大黒とつながり、フィニッシュは再びボックスに走りこんだアラウージョと、すべて前を向かれていい様につながれて失点。そしてその余韻覚めやらぬ間に、またしても大黒が基点となりボックスに詰めていた遠藤に頭で合わせられ追加点を奪われる。なんだか先の浦和戦を思い出させるような試合展開だが、浦和戦よりこの試合の方が「失点の香り」がプンプンしていた。(失点までは)明確な意図と意思を持って守って(試合をして)いた浦和戦と比べれば、この試合は(失点までは)運によって守られていた感じといったところか。
 結局0-2で前半終了。
 後半ネルシーニョがいきなり頭から二人の選手交代を決断。中村に代えて杉本、本田に代えて平林だ。中村と本田はディフェンスも含めてチームの中でも特に動きに重さが目立ったし、決して不思議ではない交代。
b0036243_3331537.jpg

 ハーフタイムにネルシーニョの「一大パフォーマンス」があったのかどうかは定かではないが、後半開始とともに名古屋の選手達の動きは活性化した。1点を先に取れれば試合は分からない。しかしいきなりつかんだマルケスのシュートチャンスでピッチに足を取られたりとツキがない。
 そしてまたしても5分~10分ぐらいでその確変は終了してしまう。そこからの名古屋の攻撃はひたすらガンバDF陣の裏を狙ってタテ一本(そして杉本、マルケスを走らせる)という単調なものになった。この攻撃は宮本を中心としたガンバの3バックにとっては格好のオフサイドトラップの的となったが、前半と同じくこれがつながれば前に人数を掛け「ゴールできるかもしれない」と思わせるレベルにまで持って行くことは出来た。
 そうこうしているうちに、前掛かりになったところを、引いてきた大黒にまたしても基点になられ、入れ替わるようにボックスに走り込んで来たかつての名古屋の強化指定選手・前田の足元にピタリとミドルパスを合わされると、J通算1万ゴールを献上してしまった。前田の未来は分からないが、Jリーグが続く限り未来永劫に、この美しいゴールと須藤や楢崎がピッチにうな垂れる姿をリプレーされ続けるのだろうか。そう考えると少し気が滅入る。名古屋サポ的には本田(&井川)の恩返しに注目が集まった試合は、とんだ恩返しに遭ってしまったわけだ。
 3点取ったガンバはその後、疲れもあったのか、すっかりペースを落とした。名古屋もこのままでは終われない。人数を掛けて攻め込むシーンが多くなる。サイドも有効に使え始めた。名古屋にとってはいい時間帯。ガンバはカウンターにもキレがない。そしてロスタイム、右サイドで山口Kがボールをキープすると、中央やや後方にいたクライトンに戻す。クライトンが前を見ながら、ボックスの中で横にスライドするように動いてきた杉本にスルーパスを出し、杉本が落ち着いてタックルに来る相手を交わしてセンタリング。ゴール正面にいた平林がヘディングでJ初ゴールを決め、なんとか1点を返した。
 そしてそのまま1-3で試合終了。

 結局名古屋は大黒、アラウージョ、フェルナンジーニョの3人を抑えられなかったわけだが、これはシステムを含めたやり方の問題なのだろうか。半分は「ノー」で半分は「イエス」だ。
 「ノー」(つまりやり方の問題ではない)という部分に関しては、チームが少し前に同じような特徴を持つ川崎を完封していたことを考えると、それはやり方の問題ではなく、相手のレベルが上がり、自分達の中で怪我人が出てメンバーが落ちたり、疲れでパフォーマンスが低下したことが原因だと言えるからで、逆に「イエス」(つまりやり方の問題)という部分に関して言えば、これは今となっては完全な結果論になってしまうが、俺はこういうチームには名古屋は4バックで行った(守った)方が良かったんじゃないかと思われることが理由として挙げられる。
 俺は何度か書いてるように、システムなんてものは試合の中で変わってくるもので、システム決めたって試合は動き出さないから、そんなものよりもどうプレーするのかの方が重要だと思ってるし、いわゆる「システム論」は嫌いなんだけど、名古屋の場合、選手達がやや戦術的に柔軟性に欠ける部分があり、4バック、3バックと使い分けている中で、それぞれに見えてくるのはチームとしての共通したコンセプトよりもそれぞれのシステムの特徴だったりするから、システムを切り口にした話がしやすいのは事実だ。
 そしてこの試合を振り返れば、確かに全体としての動きの悪さや須藤のCBとしての絶対的な経験値の不足という問題はシステムを変えた所でどうなるものでもなく、4バックにしたからといって、須藤が安定したパフォーマンスを見せられた保証があるわけでもなければ、少し下がることを含めて流動的に動いてくる前の3人のトライアングルをつかまえられたかと言われれば、それはそれでやっぱり(この試合の3バックと同様)難しいかもしれない。しかしこういうチームに対しては、4枚のDFが受け渡しながら相手の前の3人をマークして、相手の両サイドは2列目のSHがマークにつくようにした方が今の名古屋というチームとしてはバランスよく守れる(そして攻撃へ移行できる)と思う。繰り返しになるが、これは須藤をリベロとした3バックと吉村で相手の前3人をマークするやり方が全く機能してなかったから言ってるだけの話で、ベストメンバーが揃っていて、選手達のコンディションが良ければ、3バック+吉村で前3人をつかまえて、サイドはサイドでガチンコで当たるというやり方でも十分行けた可能性はある。
 
 まあ簡単に言うと、もしもう一回同じ状態でガンバと当たるのならば、俺なら同じやり方はしないということ。先の浦和との試合をもう一度同じ状態で出来るとしても、(疲れたメンバーの入れ替えはするかもしれないが)俺は多分また同じやり方で挑むだろう。何回かに一回、あの前半のクライトンのシュートが決まるかもしれないというツキに賭けて。(笑) でもガンバとなら同じやり方はしない。この試合は多少のツキがあっても同じやり方じゃ引っ繰り返せそうにないから。というわけで、あれこれ考えてみたわけです。たら・ればは無意味と言われればそれまでだけど、シーズン終盤にはガンバともう一回対戦があるわけだし。

 この日でひと段落ついたGWの連戦シリーズは、疲れもあって終盤は成績も満足いくものが残せなかった。しかしリーグ戦ではまだこの先連戦もあるし、試合自体も数多く残っている。ルーキーを多数含んだ若い選手が実戦を積めたことは彼等にとって貴重な経験となるだろうし、チーム全体としてもここでの戦いを今後の糧としていって欲しい。ラッキーなことにチームはまだ2位にいる。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-05-13 03:59 | Game Review
<< 第12節 対神戸 0-2 (得... さよなら、マルケス >>