Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第15節 対横浜 1-1 (得点:藤田) @スカパー
 HOT6を迎えるにあたってネルシーニョが掲げた勝ち点の(最低)目標は「12」。大宮、清水と連続で引き分けた今、この数字を達成するには、横浜、鹿島、新潟、磐田と続く戦いで最低でも3勝1分、負けはひとつも許されない。

 珍しく前節の清水戦で警告を受けなかった名古屋は(怪我人)を除いたベストメンバー(仮)。本田をトップに上げ、基本的にはこんな感じ↓↓↓のポジショニング。

     本田   中山

    中村     藤田

    クライトン 
           吉村

中谷  増川   古賀   杉本

        楢﨑

 前半の名古屋は中盤が流動的に動いてポジションを入れ替えつつ、クライトン、藤田が軸となってボールを動かし、チームとして目指しているポゼッションからの崩しを狙うが、横浜の堅い守備ブロックに、ある一定ラインより前には進ませてもらえない。活路があるとすれば、いつになく積極的にミドルシュートを放っていた中村か。スリッピーなピッチ、前節のゴールの残像と中村がミドルを狙ってしかるべき要素は揃っていたが、俺が思うに、中村にミドルを狙わせるに至った最大の要素は「中盤の攻撃的な左サイド」という基本的なポジションなのではないかと思う。3月のナビスコ鹿島戦の時にも書いたが、プロとして華々しい(実質的な)デビューを飾ったこの「中盤の攻撃的な左サイド」というポジションは、中村が最大の持ち味である「シュート力」を活かす上で・・・そして欠如している「ゴールへの意識」を覚醒させる上で、実は結構有効なような気が俺はしている。普通に考えれば右サイドの方が向いてそうなものだが、右だと中村はどうしてもサイドに流れるプレーを優先してしまう。しかし左であれば内に切れ込んでの右足シュートというのが中村の中でのファーストチョイスになる。中村が右サイドに流れてのクロスというのもチームとして大きな武器ではあるのだが、持ち味を活かすなら右よりも左というのが俺の中での結論。(まあイチオシは前々から書いてるように、4人の中盤がフラットに並んだ状態でのセンターなんだけど・・・)

 名古屋が不慣れなポゼッションスタイルの中で、スリッピーなピッチにも苦しめられなかなか横浜ディフェンスを崩してゴールまで近づけないのとは対称的に、横浜の選手達はグループで連動して、スペースを作る動き、そのスペースを使う動きというのをかなりこ慣れた感じでやってくる。特にバイタルエリアを中心としてマークの緩い名古屋のディフェンスを突いた(経由した)攻撃は数こそ少ないが確実に名古屋ゴールにまで迫ってくる。

 これはなかなか厳しいかなと思って見ていると、名古屋の攻撃は意外なところから糸口を見出した。右SBの杉本のスピードを活かした速攻だ。前々節の大宮戦後半で怪我の角田の代わりに突如採用されたこのオプションは、俺の中では常時適用は「オススメできない」もののはずだった。それが前節清水戦を経て迎えたこの試合で、俺はその考え方を改めざるを得なくなる。清水戦はまだ見ていないのでなんとも言えないが、大宮戦の後半45分間ではスピードを活かして前のスペースに進むことは出来たとしても、結局1本もクロスを上げられずじまいだったし、変な位置からドリブル始めるは、ディフェンスのポジショニングがおかしいわで、確かにあの試合で前半完全に沈黙していたチームを活性化する一因となったということは認めるけど、横浜や鹿島相手にはとてもじゃないが通用するようなオプションには思えなかった。しかしそれがどうだ、いい位置でボールを受け、ドゥトラ欠場で左SBに入った河合を、そしてカバーに来るアンカーの那須を、持ち前のスピードで置き去りにして横浜ゴールを脅かすクロスやシュートを放つ。不安視された守備でも、逆サイドにボールがある時の位置取りとかその辺には若干不慣れな部分も垣間見せたが、自分サイドでの1対1では、怖いもの知らずというか、イチかバチかの度胸の据わったいかにも「ブラジルのラテラル」っぽい対応で守り切る。この度胸には「抜かれたら、また自分のスピードで追いつけばいい」という桜木花道チックな裏付けがあるらしい。これ、ひょっとしたら1対1の守備は吉村より強いんじゃないか?まあこの杉本の覚醒には、大宮戦から比べれば、中盤で藤田の他にクライトンというボールをキープして捌くことが出来る選手が入ったことも大きいとは思うけど、今後の課題は最後の詰めの部分かな。あと角田ぐらいもっと動き出しを早くして欲しい。このまま慣れていってそれらのレベルが上がってくれば、このポジションでモノになるかもしれない。

 とまあ、そんな感じで両チームとも何度かゴール前のシーンを作りながらも無得点のまま前半を終了。その他には濡れたピッチとボールの影響か、楢﨑のキックの不安定さが目立った前半だった。

 後半、立ち上がりから横浜も前半よりはアグレッシブに出て来て、名古屋もそれに応戦。ゲームは攻め合いの様相に。そして開始10分も経たないうちに、横浜に与えたCKでゴール正面なぜか最も警戒すべき中澤をフリーにしてしまい、先制を許す。中澤は軽くジャンプした程度で余裕のヘディングシュートを名古屋ゴールに叩き込んだ。
 再開後3戦連続で先制点を許す展開。しかも相手は横浜。一層厳しい展開・・・と思っていると、案の定傘に掛かって攻め立ててくる横浜。が、名古屋がそれにカウンターを返す。左サイド高い位置でボールをキープした本田が、タメにタメて、前半は右とのバランスを考えて敢えて守備重視にしていたのかそれとも連戦の疲れなのか分からないがすっかり鳴りを潜めていた中谷のオーバーラップに合わせて絶妙なタイミングでスルーパスを出す。これを受けた中谷がゴールラインまでエグって、しっかり中を見てマイナスのセンタリング。大宮戦でいいオーバーラップを見せながらも、誰もいないところにクロスを送り続けた反省が出ている感じか。そして、そのボールに飛び込んだのは・・・藤田俊哉だ!
 俺はこのチームにおける藤田俊哉の役割として晩年の岡山の役割に近いものを期待している。中盤でスペースに動いてパスを引き出し、ボールを受けそれをまた動かしていく。そして仕上げはボックスの中に飛び込んでフィニッシュに絡む仕事。すなわち名古屋の攻撃に流れを作っていく存在だ。晩年の岡山はこの役割で完全に新境地を開拓し、スターターではなくても名古屋の攻撃のリズムが悪い後半に出てきては、しばしば流れを変える存在として機能していた。藤田ならその技術と戦術眼でこの仕事をさらに高いレベルでこなせるはずだ。
 中谷のマイナスの折り返しに対し、ボックスの中、DFの背後から飛び込んできた藤田は右足のアウトサイドで逆サイドのサイドネットに「置いてくる」ようなシュートを放った。ボールはキーパーの指先をすり抜けゴールへと吸い込まれる。俺は岡山が何度かこれと同じようなシュートにトライしたのを見たことがある。センタリングに対してボックス内のスペースに飛び込んできてアウトサイドで合わせるようなシュート。しかし俺の記憶ではこれがジャストミートしたことはおろか、おそらく狙ったコースに飛んだことすらない。

 これが日本を代表するMF、藤田俊哉という選手の持つ技術なんだ。と再認識した瞬間。

 嫌な相手に先制され気持ちが萎えかけていた中での同点ゴール、そして藤田の移籍後初ゴールということでムードは俄然盛り上がった。チームは今藤田という軸を得てそこに引っ張られるように急速にまとまりを増しつつある。このまま行けば逆転も十分可能だろう。

 しかし後半20分頃から、これまでチームを支えてきた中村が息切れしはじめた。それはTVモニター越しにもハッキリ見て取れるほど。ボールに対する「反応」が明らかに遅くなっている。それに伴って名古屋の左サイドでは横浜の大橋、田中が躍動し、緩い中盤は横浜にスペースを使われ決定的なシーンを何度か作られてしまう。

 チームに勢いが出て勝てる流れにも関わらずペースを引き寄せられない展開に、ネルシーニョは左SB中谷に代え渡邊、本田に代え豊田を投入する。中谷は連戦に耐えうる体力を持ち合わせてはいないし、本田もボールに絡む回数が減ってきていたので、横浜の攻撃を押し返すためにも妥当な交代といったところか。ここで中村に代えて平林という手もあったとは思うが、このピッチ状態では平林の技術を活かすことは難しいと踏んだのだろうか。俺が監督なら本田を一列下げ、中村outで豊田inを考えただろう。

 その後は名古屋も藤田を中心にチャンスを作り、さらに杉本に代わって入った井川からのセンタリングをゴール前に詰めた豊田がフリーでヘディングシュートを放つシーン(ストライカーとして決めて欲しかった)やカウンターから藤田がやや外に流れたボールを強引にシュートを放ったシーンなんかもあった。しかしやはりここでは中村がもっと頑張らなければ。何度かあったセットプレーのチャンスでもCKをキーパー直接というのが二度ほどあったし、終了間際、ペナルティエリア左側の絶好の位置で貰ったFKを思いっ切り蹴って直接ゴールの上ボールが通過しちゃったり、キックにも疲れが色濃く出ていた感じだ。ああいう状況や時間帯からセットプレーで確実に点が取れるようになると勝ち点3も、優勝出来るだけの強豪チームへの道のりもグッと近付いてくるんだけどな。ちょっともったいなかった。

 そして試合は結局1-1のまま終了。

 決定機は横浜の方が多かったし、それを確実に決められていれば負けていてもおかしくない試合。しかし、試合の「流れ」としては名古屋にも十分勝ち点3のチャンスはあった。藤田がチームにフィットし始め、その上ゴールも決めた。右SB杉本を使ったサイドアタックという新たなオプションもチームに加わった。決して雰囲気は悪くない・・・不安の残る守備を除けば・・・。なんとか次節の鹿島戦では勝ち点3を取って欲しい。そう言えば、今日の鹿島と川崎の試合で小笠原と岩政にイエローカードが出ることを期待していたけど、結局岩政だけにしかイエローカードが出なかった。多分今さら中三日で守備は修正できないので、「撃ち合い上等」で打倒鹿島を目指すとしますか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-10 01:58 | Game Review
<< 第14節 対清水 2-2 (得... ルイゾン獲得内定、片桐は群馬F... >>