Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第14節 対清水 2-2 (得点:本田、中村) @スカパー
 強行日程のおかげでスカパーのOAが追いつかずレビューが前後してますが、先週水曜日に行われた第14節・清水戦。試合後ネルシーニョが「今季トップクラスのパフォーマンス」と自画自賛した試合とはどのような試合だったのか。

 名古屋は大宮戦を出場自粛したクライトンが復帰し、藤田、中村らと中盤を結成している。その関係もあってか、本田は普段よりもかなり高い位置にポジションを取っていた。基本的なポジションは「FW」ということだろうか。

          中山
     本田
 
  中村          藤田

     クライトン
              吉村

中谷    増川   古賀    杉本

          楢﨑

 試合開始から完全なリアクションスタイルの清水に対し、名古屋はクライトン、藤田、中村が中盤でボールをキープし、細かくつなぎながら清水ディフェンスの崩しを狙う。DFラインからタテへのロングボールが多かった前節大宮戦の前半とは打って変わった試合運び。これがネルシーニョの意図しているサッカーということか。そしてその中では藤田とともにクライトンが十分な存在感を示していた。チームがこのスタイルを志向していくのなら、クライトンのキープ力と多彩なキックと視野の広さを生かした展開力は不可欠な要素だ。
 そしてそんな名古屋の中盤によるボールキープは、右SB・杉本のオーバーラップを引き出す結果にもちながった。真ん中に清水ディフエンスを集中させておいて、サイドのスペースをフワフワと飛ぶようなスピードでオーバーラップを仕掛ける杉本に対しタイミングを逃さず展開されるパス。そしてボールを受けた杉本はその期待を裏切らず自慢のスピードで清水の左サイドを何度も深くエグりクロスを上げ続ける。後手に回る清水のディフェンスでは杉本のスピードに全く付いていくことができない。
 名古屋にとってこれは嬉しいサプライズだった。FW時代の杉本は次第に勝負の「間合い」が近くなっていて、最後の頃なんて相手DFの足に向ってドリブルしてるような感じだった。これでは持ち味のスピードを生かすことは出来ないし、当然ごとくそのドリブルは相手DFに止められて(というより引っ掛かって)いた。それがサイドバックにコンバートされた途端、勝負を仕掛けるタイミングが早くなり、相手との間合いも近付きすぎないため、そのスピードをフルに生かして対面のDFを振り回している。これは意外な効果だ。今後プレーに余裕が出てきた時に、その余裕が変な方向に向いて、また間合いが近くならなったりしないことを願うばかり。今の間合いを維持するなら、杉本のスピードをもってすれば多分Jでは無敵。世界に通用する可能性すらあると俺は思う。もちろんまだまだサイドバックとして覚えなきゃいけないもの、身に付けなきゃいけないことはたくさんあるけど。
 試合は清水に先制を許したものの、そんな杉本による右サイドからの突破が前半終了間際同点ゴールを呼び込んだ。右サイドを突破した杉本がニアに送ったクロスに本田が身を投げ出しながら左足で合わせゴール。散々繰り返してきた杉本の突破がやっと実った形。ハーフタイムで放送された前半のハイライトは、杉本の代理人が売り込み用に編集したVTRみたいだった。(笑)

 いい時間(相手にとってはイヤな時間)に追いついて後半を迎えたものの、流れを自分達に持ってこれないのが名古屋の今の力。立ち上がり早々、前線からの激しいプレッシャーを受けた古賀がボールを失うと、一気にボックス内まで持ち込まれゴールを決められてしまう。またしても追いかける展開。もったいないというかなんというか。名古屋が追いかける展開になったことで、中盤でボールをキープして回す名古屋と速攻を狙う清水という構図はより一層明確になった。
 そんな展開の中抜群の存在感を発揮したのは、やはり藤田だ。名古屋に来てからの藤田は時として低い位置まで下がってボールを貰い中盤を作ることに重きを置いた動きをしていたが、この後半では歴代3位タイ(15節終了時点)という得点力の高さの片鱗を見せ始める。
 前半の名古屋がボールを回すことは出来てもなかなかDFラインの裏へのパスが出せず、最後は杉本の右サイドからの突破に頼った形になっていたのに対して、後半は藤田が本田とのタテのポジションチェンジからDFラインの裏でスルーパスを受ける形で何度か決定機を作り出した。藤田による前線のスペースへの飛び出しと、ボールを持った時に良さを発揮する本田のクリエイティブで相手DFの急所を突くパス、名古屋における新たなホットライン誕生の瞬間だった。
 そしてその後も精力的にして自由に動き回る藤田が、左サイドでボールを受けると今度は内側にいた中村にパス、そしてワンツーを狙って自分は相手DFラインの裏へ走り抜ける・・・清水DFが藤田の動きに引き付けられる瞬間、中村の前のスペースが少し空いた。これで余裕の出来た中村が右足を振り抜くと、ボールは軽くスライドしながら逆サイドのゴールに突き刺さった。再び同点。

 その後も途中投入された豊田をポストにしたり、藤田、本田、クライトン、中村うを中心に流動的にポジションを移動しながらパスをつないで清水ゴールを目指すが、結局ゴールを挙げることは出来なかった。

 カウンターとミス絡みで2失点を喫したものの、ゲーム全体を見ればほぼ名古屋が支配していたし、杉本によるサイド突破、そして藤田による前線への飛び出しという要素も機能し始めた。あとはクロスボールに対するゴール前への人の掛け方や、ボールを回しながらいかにして相手DFラインの裏を突くといった点で、フィニッシュのアイデア・イメージを共有するとともにその精度を上げていかなくてはならない。そしてそれが伴ってきた時名古屋は、「本当にいいゲームをした」と言えるような気がする。

 まあ今必要以上に中盤でボールを回しているのは、敢えてチームが実戦の中で藤田を交えたパス交換を行うことで、藤田とのコンビを熟成させているのだと思うことにしよう。(笑)
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-11 07:52 | Game Review
<< 第16節 対鹿島 3-0 (得... 第15節 対横浜 1-1 (得... >>