Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第18節 対磐田 2-0 (得点:中村×2) @BS1
 オフェンスとディフェンス、ベテランと若手が噛み合って来た最近の磐田に対し、今の名古屋のサッカーがどれだけ通用するか・・・それを考えるとどちらかと言えば期待よりも不安が大きかった試合前。未完成の(中途半端な)ポゼッションスタイルで挑むよりは、中盤でガツガツ当たって、杉本を前(FW)に戻して(前回の対戦でそうしたように)徹底的にロングボールでDFラインの裏を狙い、「走り勝つ」ことを目指した方が確率(勝算)だけを考えればいいんじゃないかと。

 名古屋は、怪我の中山(偽)に代わり、ここのところ途中出場でいい働きをしている豊田が先発。そしてFWに入ることが多かった本田と中盤の中村を入れ替え中村がFWにポジションを取る。すなわちこんな↓感じ。

         豊田   中村
   本田
     
     クライトン    藤田
         吉村

  中谷  増川  古賀  杉本

         楢﨑

 試合は開始から名古屋がこれまでのようなポゼッションスタイルをさせてもらえない。むしろ名古屋の中盤の緩いプレッシャーをかいくぐって磐田に上手くボールを回される。CBコンビも中山(本物)を上手く捕まえ切れていないようだ。
 名古屋の攻撃では、中山(偽)と比べれると真ん中でのポスト役をより強く意識している印象のある豊田のところでなかなかボールが収まらない。そしてこの試合に向けポジションを入れ替えた本田と中村に関しては、本田は圧倒的にボールに触れる回数が少なく、中村も豊田の近くにポジションを取るのかと思いきや、マイボールの時はかなり(右)ワイドに開いたポジションを取っていて、新生名古屋の売りである右SB杉本の攻め上がるスペースを消してしまっている。新しいやり方がしっくりきてないというか、やや空回りしている感じか。
 中村と杉本に関しては、なんとなくかつて中村と幸治郎が右サイドでコンビを組んだばかりの試合で互いにスペースを潰し合っていたのを思い出した。そう言えば、杉本が右SBに入ってから中村は主に中盤の左サイドに入っていて、こうして後ろからオーバーラップをかけてくる杉本と近くで絡むのは初・・・最初はしょうがないか。
 あと杉本は勝負のタイミング(間合い)がまた近くなってるのが気になる。今日も結構ドリブルしようとして磐田DFに引っ掛かってた。もっと早く勝負仕掛けろって、お前のスピードならついて来れる奴いないんだから。ギリギリまで相手引き寄せて鼻先で交わすなんてプレーは必要ない。FWとして行き詰まり始めた頃の相手の足に向って突っ込んでくようなドリブルがフラッシュバックしてきたよ。そんな近い間合いでドリブル勝負していいのは世界でサビオラだけです。

 自分達の形を見出せない名古屋に対し、ここまで試合を優勢に進める磐田がどこから勝負を仕掛けてくるかなぁと思いながら見ていると、思わぬ形から名古屋が先制点を奪う。中盤のやや深い位置でボールを持った藤田が、右ワイドに開いて待つ中村にダイアゴナルなロングパス一閃。それを受けた中村がエリアに向って突進し、対応に来た磐田の左のCB(にして市船の先輩)茶野を切り返し一発で振り切ると、そのまま左足でシュート!川口のニアサイドを破って先制ゴールを陥れた。

 俺がむしろネガティブな要素として見ていた中村のワイドに開くポジショニングから思わぬ形でゴールを奪ったものの、試合のペースは依然名古屋には傾いてくれなっかった。逆に猛攻を仕掛けてゴールに迫るのは磐田だ。左右の突破からのクロス、2列目からの飛び出し、タテに横にと揺さぶられた名古屋ディフェンスは楢﨑のスーパーセーブ連発でなんとか切り抜ける。あの前田のヘディングなんて普通止められないでしょ。
 名古屋のディフェンスはチームとしての連動性も今ひとつだったが、個人としてもやや穴が見受けられる。この試合中盤に下がった本田は上手く攻撃に絡めていない反面、守備への戻りも遅く、3バックの右に入る鈴木秀人までが積極的に攻撃に絡んでくる磐田相手に押し込まれる一因となったし、これまでそのスピードを活かしたイチかバチかのディフェンスで何度か危機を乗り切ってきた杉本も磐田のパス回しを前にしては、そのイチかバチかのチャレンジの鼻先でパスを回されて、裏にスペースを作ってしまった。中では経験不足からか増川が相変らずクロスに対して上手く目測を測れていない。

 試合が進むにつれ磐田の運動量が落ちてきたことで、名古屋も藤田を中心にようやくカウンターから何度か攻めに転じられるようになるが、得点以降はなかなか形を作れないまま前半終了。


 後半。1点を先制しているということもあり、俺の中ではネルシーニョが、前線でボールをキープできず基点となり得なかった豊田を下げ、右SBに井川を投入、杉本をトップに移すといういつものオプションを行使してくるのかと思っていたが、思いの他選手交代はなし。

 そして中谷がいきなりやらかす。後半開始直後という最も気をつけなければいけない時間に、思いっ切り集中力を欠いたプレーで自陣ペナルティエリア前で相手にボールをプレゼント。そしてしばらく磐田の怒涛の猛攻を浴びることになった。
 楢﨑を中心にこれをなんとか乗り切った名古屋は、引いて守って網を張り、ボールを引っ掛けたら相手DFの背後を狙ってカウンターという明確なゲームプランを実行に移す。そしてやっと後半になってボールに絡み始め本来のリズムつかんだ本田も輝きを取り戻す。左サイドを中心に時には下がってボールをもらいながら走り込む味方に合わせて相手DFの急所にボールを供給。そしてついには中村の飛び出しにピタリと合わせたパスで2点目をアシスト。

 この日の中村は前のスペースへの飛び出しというのを意識してやっているようで、普段はまるで「立ち入り禁止区域」のように決して近付こうとしないペナルティエリアの中にもどんどんと飛び込んでいた。もちろん「FW」という立場もあっただろうけど、今シーズン最初FWやってた頃もほとんどボックスには入ろうとしなかったから、これは他にも要因があったと考えるのが普通だろう。そこで考えられるのは、ひとつには豊田の存在。豊田は基点にこそなり得なかったが、ほぼ真ん中にポジションを固定することで磐田DFを引き付けていた。そしてその間隙を突いて中村はよく前線に飛び出した。2トップを組む相手がマルケスだとこうは行かない。あとはFWという立場によって、後ろのディフェンスに後ろ髪を引かれる気持ちが減退したこと。まあこれも藤田という戦術眼に長け、守備のバランスにも気を遣えるオールラウンドプレーヤーが中盤に加入したことが大きい。もし藤田がいなかったら、中村はシーズン前半戦でそうだったようにFWにいてもやっぱり自陣深くまで守備に帰って来てしまうだろうし。
 まあとにかくこの調子で中村が「前へ」という気持ちを持続していけば、よりその能力を開花させていいプレーヤーになっていくと思う。何度もクドイけどまさしく名古屋版ランパードみたいな。これで本人がシーズン当初目標として掲げ、偶然当ブログでも中村の成長のためのノルマとして(勝手に)課した年間10ゴールまで、あと「4」・・・と言いたいところだが、(当ブログの規定として)ノルマにPKは含まれないのであと5。(笑) この調子で後半戦もお願いします。

 それでも磐田は相変らずチームとして杉本の裏を上手く使ったサイド攻撃(村井)や二列目からの飛び出し(福西)で危険なシーンを作り続けていたが、怪我などもあり福西と名波が交代で下がると、運動量的にも技術的にもグダグダになってしまった。
 名古屋も上手く中盤でボールを引っ掛けて速攻に移るんだけど、ことごとく磐田DFのオフサイドに引っ掛かったりしてゴールを奪えず。豊田とかラインの大外にいる状況でオフサイド引っ掛かるってのはちょっとイタダケない。ピクシーがピッチにいたら激怒りしてるよ。なんでその(ラインが見れる)ポジションでオフサイドに引っ掛かるんだ!って。
 
 そして試合はそのまま2-0で勝利。

 あれだけ磐田ディフェンスの裏にスペースがある状況なら、さっきも書いたように右SBに井川を入れて杉本をFWに回してガンガン突っ込ませる作戦が有効だったとは思うけど、それでもネルシーニョが残り10分まで豊田を引っ張ったのは―しかも交代も豊田のポジションにそのまま中山(偽)を入れるというもの―豊田という若いプレーヤーの将来を考えてよく我慢したとも取れるし、穿った見方をすればルイゾン加入後の「青写真」が見えたような気もしないでもない。(笑)

 今日の勝利はチーム全員でゲームプラン通りに試合を遂行し勝ち取った勝利だけど、そのゲームプランの出発点となる先制点は、偶然とまでは言わないが、ハッキリ言って「個の力」で奪ったものだ。チームとしてはまだまだやらなければいけない課題は多い。この勝利を適度に良い自信にしつつ、これに浮かれることなく再開後のチームがさらに成長した姿になっていることを期待して、一ヵ月後を待ちたい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-25 01:42 | Game Review
<< 花試合 ヴェルディvsレアル・... いよいよ後半戦 >>