Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
adidas CUP 2005 日本クラブユース選手権(U-18) ゲームレヴュー1
グループリーグ<グループF>1日目
対安芸FC @ピッチ1
8-0 (得点:酒井×3、中田健、福島、久保、市川、上村)
公式記録に基づき「速報」の得点者を訂正しました。

 名古屋のディフェンスは根津、三宅、吉田の3バックで、前線は酒井の1トップに新川と中田健が2シャドーのような形で後ろに付いている。すなわちこんな↓感じ。

       酒井
   中田     新川

市川  花井  青山  上村

  吉田  三宅  根津

       長谷川

 試合は、名古屋が前半慎重な試合の入り方をしたのと、安芸FCが1トップを残して引いて守るやり方をしてきた(前から取りに来ない)事で、名古屋のDFラインで左右に大きくボールが動くだけでなかなか上手く前にボールが出ない展開でスタート。
b0036243_058457.jpg

 しかし名古屋は花井、中田を中心とした左サイドでのパス回しを中心に徐々にリズムをつかみ始める。特に花井は、この試合最後まで中盤でのボールの収まりどころとして絶大な存在感を発揮し、ボールを持つ姿勢、視野の広さ、パスセンスといったものをいかんなく発揮していた。
 そんな左サイドとは対称的にこれまでやけに大人しい印象なのが右サイドだ・・・「そう言えば、新川ってボール触ったっけ?」と思った矢先、左サイドの低い位置から右に開いた新川に長いサイドチェンジが通った。ボールを受けた新川は目の前の相手と一瞬のコンタクトの後アッという間に入れ替わり、さらに鋭いフェイントでカバーに来たDFを置き去りにするという、「二人抜き」を見せると、落ち着いて中にセンタリングを送り込んだ。そしてこれを中央で酒井が合わせて先制。

 この先制点をキッカケに試合は完全な名古屋ペースとなり、ここから怒涛のゴールラッシュが始まる。
 今度は左サイド。花井からのスルーパスに抜け出した中田がGKとの1対1から冷静にゴールに沈め2-0。この試合中田もキュンキュンにキレている。中田はプリンス(中京大中京戦)で見た時は中盤(左サイド)をやってたけど、この新フォーメーションで一列上がった(FWに近くなった)ことで、ボールコントロールの技術を筆頭に彼本来の良さがより発揮できるようになったように思えた。テクニシャンの新川ともセンス溢れる花井とも違う独特なオーラを中田もまた放っている。
 そして次は新川と中田のコンビ。先制点以後右へ左へと縦横無尽なスペースへの進出を見せるようになった新川がラインの裏へ抜け出しボールキープ。このひとつ前のシーンでは左サイドに流れて、相手に囲まれた状態からドリブルで抜け出すプレーを見せたが、ここでは後ろから走り込んで来た中田にピタリとパスを戻す。スピードに乗った中田はこのボールをキレイにコントロールし、そして左足一閃!強烈なシュートは・・・惜しくもバーを叩いたが、ここで思いもよらぬアクシデントが起こる。ボールがバーを叩いた衝撃音の余韻が残るピッチにそのまま倒れ込む中田。そして出される「×」のサイン。左足首を負傷した中田はそのまま負傷退場となってしまった。大事に至らなければいいが・・・。(※ちなみに今日見たら左足首をテーピングで固定して松葉杖ついてました) それにしてもこのコンビもう少し見てみたかった。

 その後DFラインでボールを回しながら、ゆっくりと時間を掛けてメンバー交代を行い、中田に代わって福島が出場する。ちなみに、この選手交代に随分時間がかかったが、もしこの時間がなければもっと点数が入っていたかもしれない。

 そして中田と同じポジションに福島が入った後チームとして再びペースを上げると、花井のスルーパスに酒井(と思ったら公式記録は福島だった)が抜け出し右足でキーパーの脇を抜いて3-0。その後も左サイド福島のファーへのクロスに新川が合わせたりするシーンがあったが、追加点は奪えぬまま前半終了。
b0036243_057377.jpg

 で、後半。新川と前半やや動きの重かった青山が下がり、唐沢と森本が頭から投入される。この真夏という悪コンディションも考えての次節以降を見据えた戦い方(ローテーション)ということか。フォーメーション的には、新川の位置に花井が入り、DFラインから吉田が一列上がってボランチに移動した。

       酒井
   福島     花井

市川  唐沢  吉田  上村

  森本  三宅  根津

       長谷川

 後半になると戦術的にも大きな変化が見られ始める。青山、新川、中田といった中央寄りでボールを受けられる選手が次々といなくなったことによる必然的な結果なのか、それともコーチの指示なのかは分からないが、前半と比べると俄然サイドにボールが回り始めサイドアタックが冴えを見せ始めた。右サイドでは上村が何度も突破を試み敵陣右サイドでのセットプレーが激増、同時に相手が1トップということもあって3バックの一角の根津がどんどん押し上げて厚みのある攻撃を繰り出せている。左サイドでも市川が果敢なチャレンジから何度もクロスを供給する。当然後半も名古屋ペースだ。

 後半最初の得点はカウンター。中盤で奪ったボールを吉田がそのまま前線にスルーパス、これに反応した酒井が左サイドに流れつつも右足に持ち替えて逆サイドのサイドネットに豪快に決めて4-0。
b0036243_0484385.jpg
 
 そして満を持して?久保登場。(吉田out)
 
       久保
   酒井     福島

市川  唐沢  花井  上村

  森本  三宅  根津

       長谷川

 久保というターゲットが入ったプラスの影響もあってか、相変らず冴えまくるサイドアタック。上村のクロスをファーサイドで待ち構えた酒井が胸トラップからシュート・・・これは枠の外に外れたが、今度は市川が左サイドをエグって相手を振り切りクロス、これに真ん中で頭で合わせたのは久保だ。5-0。またまた右サイド、カウンターから前へのロングボールに走り込んだ上村がクロス、今度は酒井がヘディングを決めて6-0。

 こうなるとイケイケ。187cmの三宅を前に上げて酒井がストッパーに。

     久保  三宅

       福島

市川  唐沢  花井  上村

  酒井  森本  根津

       長谷川

 そして三宅の高い位置でのインターセプトからカウンター、三宅がズンズン持ち込んで右に流れると、真ん中の久保をオトリに飛ばして左サイドを上がってきた市川へ。市川は久保、三宅というツインタワーに合わせるのかと思いきや、切り返して右足で豪快なシュート。7-0。

 こうなると見たいのは三宅のゴールだったが、左からのクロスをヘデイングしたシュートを1本キーパーにブロックされてしまった。しかしその後には、右サイド深い位置で相手に囲まれながらも頑張ってボールをキープし上がってくる上村にラストパス、これを上村がしっかり決めてアシストを記録した。
b0036243_0395657.jpg

 終わってみれば8-0の完勝。
 それなりにメンバーもローテーションしながら試合に慣らし、第一戦としてはいいスタートが切れたんじゃないかと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-08-01 00:41 | Youth
<< adidas CUP 2005... adidas CUP 2005... >>