Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第25節 対C大阪 1-3 (得点:中村) @スカパー
 TV(スカパー)で観といて言うセリフじゃないが、ハッキリ言って金払ってまで観る価値のある試合じゃないな、これは。

 「ひとつの方向」に扇動して事態を収束させる気満々の中スポによれば「特段のサプライズ起用はない」とあたかもネルシーニョに対するあてつけのような記事が紙面を飾っていたが、ルイゾンが移籍したことにより空白となったFWに中村を当てがい、杉本と中村で2トップを組んだことは俺にとっては十分「サプライズ」だ。

   杉本        中村
           
        藤田

中谷   安   クライトン  山口

   古賀  秋田  角田

        楢﨑

 試合が始まって目立ったのは何にも増して「ルイゾンの不在」だった。試合を重ねるごとにチーム戦術の中でその存在感を増幅していたルイゾンは、藤田とともに名古屋の攻撃における前線の明確なボールの収まり所としてその軸となっていた。そのルイゾンを――色々な要素を総合的に判断しての結果だろうが――ブラジルの移籍期限ギリギリとなるこのタイミングで売り払ってしまったのだから、チームにその影響が出ないはずはなかった。
 前線でのポイントをひとつ失った上、チーム状態の良さを感じさせるセレッソの中盤からのディフェンスを前に、名古屋の攻撃は試合が始まったばかりだというのに杉本を狙ってそのスピードに頼るだけの創意も工夫もない攻撃になってしまった。しかしセレッソとて能天気に何も考えずこの試合に臨んでいるはずはなく、杉本のスピードに対する情報は織り込み済みで、チームとしてこれに上手く対応している。結果として名古屋の攻撃は手詰まりだ。時間が経過するに連れ、名古屋の攻撃は意思疎通もフィニッシュに対するイメージの共有もないバラバラなものとなり、試合自体もセレッソのプランに完全に乗っかったような形になってきた。名古屋は一体何がしたいんだ?

 「ネルシーニョのサッカーに規律と戦術を肉付けしていく」と中田監督代行は言った。しかしそのサッカーに「規律」があったかといえば俺はそうは思わない。1失点目と3失点目はいずれも中谷が緩慢な動きでマークすべき久藤を行かせてしまったことが起点となった。このニ点はどちらも中谷が目の前にいた久藤に付いて行きさえすれば防げたものだ。2失点目は気を付けなければいけない時間帯でのセットプレーで角田がマークを外されてしまった。勝負どころでの厳しいマークも出来ないのに規律もへったくれもあったものではない。
 戦術的にも、準備期間が短かったのでチームの根本となる戦術変更はともかくとして、この試合のための「ゲーム戦術」は空回りしていたと言っていい。ゲームを見る限り、おそらく中田監督代行の狙いとしては、C大阪の3バックに対して杉本と中村の2トップがその脇(サイド)のスペースに流れてそこでボールを受けて基点になることをイメージしていたと思われるが、間延びした名古屋の陣形に、戻りの速いセレッソのディフェンスでは、2列目以降の押し上げを待たずして攻撃が寸断されてしまっていた。

 なんとか1失点のままで前半を凌いで終わって欲しいと思って観ていると、それまでFWとしてほとんど有効な動きが出来ていなかった中村が長めの距離からFKを右上隅に直接ねじ込んで同点としてしまった。セレッソからしてみたら文字通り「事故」みたいなゴール。

 ハーフタイム、ネルシーニョならお決まりのようにこう言っただろう。「相手ボランチに対するマークを徹底しよう(そのマークには藤田とクライトン)」、「サイドはもっと積極的に攻撃に参加しよう」。そして前半の出来を見て、二人くらい選手交代をしたかもしれない。少なくとも機能していないFWに豊田か中山を投入していたはずだ。この試合を見る限りだが、名古屋はこういった「修正」を必要としていた。

 後半ピッチに現れた名古屋の選手に交代は見られない。前半終了間際の中村のスーパーゴールでチームが勢いを取り戻し息を吹き返すと踏んだのか。俺はこういうラッキーとも言える形で同点に追いついたのだから、ここでこそ修正を施すべきだと思ったのだが・・・。俺が新監督(代行)に関して一番危惧しているのは実はこの部分で、対話路線はそれはそれで悪くはないと思うし、コーチングスタッフの補充がない中ではベテランの力を借りることも必要だろう。しかしそれに重きを置いた場合、いざベテランや主力選手を外すか外さないかの選択を迫られた時、彼等をベンチに置いておくような判断を下すことが出来るのだろうか。そうしてもなお求心力を維持できるほどの力を彼は持っているのだろうか。

 そして開始早々チームはセットプレーから失点を許す。さらにはその数分後に左サイドを崩されて追加点を奪われる。たまらず中田監督代行は点を取りに行くため山口Kに代えて中山を投入するが、ここで修正を施しているようではもう遅かった。そしてそれでも効果がないと見るや、さらには中谷に代えて本田を投入する。しかしこの交代でバランスを崩したチームはセレッソの反撃を喰らう始末で、交代も少しから回り気味だ。
 
 かと言ってホームゲームで1-3とリードされこのままでは終われないのは中田監督代行でもネルシーニョでも同じで、さらにサイドに回っていた杉本に代えFWに豊田を投入してきた。もうこうなればヤケクソかとも思ったが、意外とこれでバランスが取れてしまうのだからサッカーとは不思議なものだ。セレッソが試合終了に向けて落ち着いてきたのもあっただろうが、中山と豊田のツインタワー(2トップ)に、2列目で中村、藤田、本田が並び、ボランチにクライトンとヨンハッ、3枚のバックには角田、秋田、古賀。紋切り型の言葉を使うなら超攻撃的布陣。

 しかし、その後の総攻撃も実らず結局追撃のゴールも奪えないまま試合は終了した。
 いくら総攻撃をかけようと、名古屋の誇るクリエイティブで機動性に富んだはずの攻撃的な中盤の選手達がそれとは逆に悪い意味で目立っているようでは、圧倒的に不利なゲームを引っ繰り返すことは出来ない。本田はゲーム勘でも不足しているのか、1対1から決定的なシュートをキーパーにセーブされたり、左サイドでボールを受けてからのクロスにも精度を欠くなど、らしくないプレーを連発。中村は全盛期の身体のキレを取り戻すには至っておらず、今やチームで唯一パスを出した後走らない存在だ。クライトンですらパスを出した後には必ず動き出していると言うのに・・・。中村を見ているとボールを持ってパスコースを探しているうちに段々思考回路が鈍っていき、パスを出した途端にそれが停止してしまっているような感じだ。藤田もピッチの中央にいながらこれだけ孤立してしまっては成す術がない。

 監督交代と言う「劇薬」による処置を行って、名古屋は「ぬるま湯」に逆戻りしてしまったのか。ネルシーニョを追い出し、誰が言ったか知らないが「ドンと構えた」結果がこれですか?前に書いた「予定調和」じゃないけど、結局まだ一流とは呼べない大部分の選手達のレベルに合わせて、彼等のやりやす方にチームが流されていく傾向は危険だ。チームはこのまま崩壊していくのか、それとも選手達が自覚を持ち、スタッフ・選手が一丸となって立ち直るのか、どっちにしろ答えが出るのはもう少し先だが、その頃に降格レースに巻き込まれてないことを祈るばかりだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-25 00:31 | Game Review
<< 全日本ユース 対アビスパ福岡U... ユース関東遠征 対三菱養和 2... >>