Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
全日本ユース 対アビスパ福岡U-18 3-2 (得点:吉田、青山、新川) @川口市青木町公園総合運動場
 最低でも引き分けておきたかった前節の浦和東戦を落とした名古屋にとって、この福岡戦は決勝トーナメント進出のためにも是が非でも勝ち点3が欲しいところ。名古屋らしさが出せなかった試合から中一日でチームはどれぐらい気持ちを切り替えられているだろうか。

 名古屋のスタメンは明らかにチームがこの試合を勝ちに来ていることを窺い知れるメンバー構成で、「まず守備から」入っていたっぽい印象の初戦に比べると、森本と唐沢が外れ花井と福島が先発から起用されている。それ以外ではFWで初戦の出来を見てかそれとも当初からターンオーバーを組んでいるのか酒井に代えて久保が先発、前の試合前半途中で交代させられた青山も無事スタメンに帰って来た。

 これは基本的なポジションとしては、

         久保
     新川
 福島          上村

     花井   青山

清水  吉田   三宅  根津

        長谷川

こんな感じ↑かなと想像していると、キックオフのホイッスルが鳴るやちょっと様子が違う。実際には、
        
 新川    久保    上村

   
   福島  花井  青山

清水  吉田   三宅  根津

       長谷川

こんな感じ↑で、中盤は花井をアンカーとした3ボランチ、前線は久保を真ん中に新川、上村が左右に開いた感じのポジショニングを取り3トップのような布陣を敷いている。流行の言葉で言うなら神戸監督の「秘策」というところか。(笑) 名古屋的には「秘策は外れるもの」というのが暗黙の掟だが、果たしてこれは吉と出るのか凶と出るのか。

 競技場にはメインスタンドから観て左から右にかなり強い風が吹いており、これは試合にもかなり影響しそうなレベルだった。そして名古屋は「勝ちに行く」スタメンそのままに前半風上を選択し、積極的な仕掛けの中試合へのいい入り方を見せた。ポスト役の久保によくボールが入り、青山も前節の汚名返上とばかりに攻守にアグレッシブなプレーを見せる。しかし時間とともに福岡が名古屋のやり方に慣れてくると、徐々にこのやり方の悪い面ばかりが目立ち始め、風上の利点も全く感じさせないような試合展開になってしまった。
 中盤の人数を減らしたこのやり方は、結果としてオーソドックスな4-4-2の布陣を敷く福岡に対し、中盤での数的不利な状況を誘発し持ち味である中盤の構成力を失ってしまった。そうでなくても(新川はともかく)上村が最初から前(のサイド)に張り過ぎだ。そしてこのシステムでは福岡の選手を●とすると、こんな↓感じでポジションのズレが生じ中盤のマークがハッキリしない上、相手4人を3人で見るような感じになるから二列目が押し込まれFWのラインとMFのラインの間はどんどん空いていった。

●     ●    ●    ●
 新川    久保    上村
      ●     ●
●                ●   
   福島  花井  青山
      ●    ●
清水  吉田   三宅  根津

       長谷川

 さらに前線の3人がポジションチェンジすることもなく、それぞれの「持ち場」としてピッチを縦に三等分したかのように稼動エリアが制限されてしまっているため、お互いに絡んでの攻撃といったものがほとんど見られない。チームとしては久保のポストを軸とした戦い方をイメージしているようだが、前3人の連携がほとどない上、さっき書いたようにFWと二列目のラインが空きすぎてしまっていては、これが機能するはずもない。システムと戦術の完全なアンマッチだ。名古屋の攻撃が形になりそうな時はと言えば、青山がクロスオーバーするような形で右サイドを上がりクロスを上げた時ぐらいだった。
 本来であれば花井をアンカーにしてその展開力を活かした攻撃をしていこうという意図もあったのだろうが、前線のポジショニングがこのように硬直してしまっていてはなかなかパスを出すのも難しい。そして花井は中盤で激しいプレッシャーを受ける羽目に。

 「秘策」は失敗だった。

 しかしそんな状況にあっても先制点を奪ったのは名古屋で、前半終了間際CKから吉田が圧倒的な高さで競り勝ちヘディングでゴールを決めた。
b0036243_22323368.jpg

 後半、メンバーもシステムも変更なし。
 そして開始直後右サイドからボックスに侵入した青山がゴールを決めて2-0と突き放す。前半終了間際と後半開始直後という理想的な時間帯での得点。後半は風下に立たされるだけにこの追加点は大きい。
 これで落ち着いて戦えるかとも思ったが、相変らずチームとしては攻守にあまりバランスが良くない。後半の名古屋は風下ということもあって逆にDFラインからのロングフィードが目立ち始めたのだが(風下なのでボールが戻され抜けてしまわないので逆にロングフィードが出しやすい)、前線では久保のポスト同様新川の突破も孤立気味でむしろ相手に囲まれて潰されている場面の方が目立つ。新川は確かにいつも左サイドに流れてボールをキープしポイントになることが多いが、プレーエリアをあらかじめこのように限定されてしまってはその良さは活きてこないのではないだろうか。
 最終ラインもハイボールに対しては相変らず吉田が圧倒的な強さを見せるのだが、数的不利な中盤から裏を狙ってパスを出されると、アッサリとラインを破られてしまうシーンが目立つ。そしてそんなシーンが続いた後(吉田の判断ミスもあって)裏に走り抜けられるとゴールライン付近まで持って行かれ、マイナスの折り返しを後ろから走り込んできた選手に決められついに1点を返されてしまった。風下ということでナーバスになっているだろうか。最終ラインでの対応はあまりにも不安定だ。
 それを見たベンチは、花井に代えて森本を投入し最終ラインを森本をリベロに据えた3バックに変更する。花井はベンチに下がる時足を引きずっていたのでひょっとしたら怪我があったのかもしれない。根本的なことを言えば、中盤からパスの出しどころを抑えるのが先という気がしないでもないが、とりあえず対処療法としてこの判断は妥当だった。誰かが当たりに行って誰かがカバーに入るという明確な守備方法の提示によって最終ラインはひとまず落ち着きを取り戻すだろうと思ったからだ。そして守備だけでなく、浦和東戦から見られるような前からプレッシャーを掛けられて上手くボールを回せないようなシーンも、後ろに一人が余ることで改善されるだろう。
b0036243_23304730.jpg

 これで軌道に乗るかと思われた試合に予期しなかったアクシデントが起こったのはこの直後だった。根津が二枚目?のイエローで退場してしまったのだ。ボールに対してスライディング行っただけのようにも見えたんだが・・・。それ以外にもこの試合のレフェリーは、フィフティーのボールをスライディングで競りに行く名古屋の選手には毎度イエローカードを提示する割に、福岡の選手が名古屋の選手の突破を明らかな故意の反則で止めに行ってるプレーにはカードを出さないなど、意味不明な偏ったジャッジを連発していた。そりゃ名古屋のコーチも怒るだろう。まあ福岡には次の試合で浦和東を叩いてもらわないといけないだけに下手に出場停止とか出されても困るんだが。しかしそのレフェリーはその後帳尻合わせのように福岡の選手にも意味不明なカードを連発。全く空気の読めないヤツだ。

 と、本来なら、ここでキャプテンの根津が退場して焦るところだが、名古屋にとって実はこれは大きな問題ではないと俺は踏んでいた。というのも、名古屋が3バックにする時は通常根津をストッパーの位置に入れることが多いのだが、この試合では三宅、森本、吉田で3バックを形成して根津は右サイドに入っていた。そしてその根津の前方には相変らず「張り過ぎ」な上村が全く機能しないまま半分ゲームから消えかかってポジションを取っていたのだった。根津のいなくなった右アウトサイドに、通常の3-5-2ではこのポジションをやっている上村を下げてくれば、それまでの展開と比べてもプラス・マイナスはゼロに等しい。どうせ前にいたままでは上村はいないに等しかったんだから。

 思った通り上村はゲームに「復活」を果たし、また前線では左サイドにプレーエリアを限定されて窮屈な思いをしていた新川がスペースを得て自由に動き出せるようになった。そして右サイドハーフウェーライン付近でボールを持った上村が福岡DFの裏にボールを出すと、新川が斜めにDFラインの間を走り抜けてゴールに向って独走。ペナルティエリアに入ったところで後ろからユニフォームを引っ張られて引き倒されながらも左足でシュートをゴールに沈めた。3-1。(ちなみにこのシーンでも福岡の選手にはカードなし)

 ここでベンチは、ポストプレーヤータイプの久保に代えて裏に抜けるスピードを持った酒井を前線に投入。これも妥当な判断だ。こうなると久保のポストはますます必要なくなるし、酒井のスピードを使ったカウンターの方が相手にとっては嫌なはずだ。そしてフレッシュな酒井を投入することで、前線からのディフェンスという意図もあったと思う。酒井はとにかく前線で走り回って相手DFにプレッシャーを掛けていた。

 名古屋は前線に酒井一人を残し、完全に守りきりモードに入った。後ろは完全に5バック。

        酒井


  新川   福島   青山

清水 吉田 森本 三宅 上村

        長谷川

 しかしそれでも守り切れないのが今の名古屋で、最終ラインで人数は揃っていて慌てる必要はなにもないのに何故かバタバタしてしまう。それに対して圧倒的にボールをキープできるようになった福岡は落ち着いて左右から揺さぶりを掛けてくる。そして右サイド深い位置からDFとGKの間に上げられたクロスを真ん中で合わされ失点。名古屋の3バックはマークを見失っていた。
b0036243_0513494.jpg

 こうなるともう名古屋にとっては時間との戦いに。福岡はU-16日本代表の鈴木(20)が中心となって中盤から冷静にボールをつないで名古屋DFを破りにかかる。この鈴木君、去年の12月に見た時はまだ中3だったわけだが、プレーの伸びはそれほどでもないが、体格はいつも間にやら高校生のそれになっている。怪我でもしたのかスタンドでひとりビデオを回していた中田健にとっても気になる存在に違いない。

 名古屋はこのピンチの連続をGK長谷川が中心となってなんとか凌いでいた。長谷川はハイボールに対しては安定したキャッチングを見せ、至近距離からの危険なシュートに対しても鋭い反応でこれを弾き出して何度となくピンチを救った。雰囲気的に南米系―特にコロンビア方面(笑)―の香りが漂ういいキーパーになってきた。浦和東戦でGKなのにシャツをパンツの中に入れろと主審に注意されていたのはご愛嬌と言うことで、独特の「雰囲気」を持つこの選手もいつかトップチームで見てみたい選手のひとりだ。

 そして試合はなんとか逃げ切った名古屋が3-2で勝利を収めた。苦しい試合だったがとりあえず狙い通りの勝ち点3を奪えたことでよしとするか。今日は何枚かイエローカードをもらっていたし、青森山田戦に向けて誰が出場停止なのかが気になるところだが、どちらにしろ厳しい相手には違いないので、決勝トーナメント進出を賭けての大一番はいい経験になるだろう。
b0036243_1263960.jpg

 その後ついでに青森山田と浦和東との試合を(後半途中まで)見てきたので、暇があったらプレヴューと合わせてまたその感想でも書いてみたいと思います。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-26 01:28 | Youth
<< 全日本ユース vs青森山田戦の展望 第25節 対C大阪 1-3 (... >>