Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
全日本ユース 対青森山田 0-0 (得点:なし) @ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
 名古屋にとっては負けても決勝トーナメント進出の可能性は残されるものの、最低でも引き分けて自力で決勝トーナメントの扉をこじ開けたいグループリーグ最終節の相手は、インターハイ王者の青森山田。小澤、松本を中心に「超高校級」のタレントを擁した高校サッカー屈指の強豪だ。名古屋ユースにとってこの試合はひとつの「集大成」となるかもしれないなと思うと、観に行かずにはいられなかった。やっとの思いで柏まで辿り着いたら、さらにそこから特急(フレッシュひたち)に乗り換えて1時間、そうして降り立った勝田駅から抜群のアクセスの「悪さ」を誇るスタジアム・・・スカパーで必ず録画中継のあるトップチームの試合だったらちょっと考えちゃうな。(笑)
b0036243_2102895.jpg

 スタメン発表の時点で軽くサプライズだったのが久保と酒井の併用だ。名古屋の基本フォーメーションとの関係もあるのだが、いつもはこの二人をターンオーバーのように交互に使ったり、試合後半に備えてどちらかをベンチに残しておいたりする。スタートからこの二人を併用する(それも二人ともアタッカーとして)というのは俺の記憶の中でも初だ。これは「この試合点を取って勝つぞ」という気持ちの表れ(意思表示)と見ていいだろう。

 しかしチームは単なるイケイケではない。キャプテンで右SBの根津が前節退場を喰らい出場停止になったことに伴い、この試合は(吉田、三宅、森本で)3バックを組んでくることが予想され実際そのような顔触れがスタメンに並んでいたが、いざ試合が始まってみると、変則的な相手の布陣(2列目右の松本がかなり右前に張り出し小澤(中央)、伊東(右)と3トップのような形になり、2列目左のベロカルが中央に絞ってくる)に合わせる意味合いもあったのだろうが、左アウトサイドの清水がDFラインまで引いてきて松本に対応し、4バックのような形で完全にスペースを消している。戦い方としてはかなり慎重だ。すなわち基本的なポジショニングとしてはこんな感じ↓

       久保
          酒井
  新川         
               上村
     福島  青山

清水  森本  吉田  三宅

       長谷川

ちなみに青森山田のアタッカーの配置と合わせるとこんな感じ↓

         (ベロカル)
            ●
      福島  青山

(松本)  (小澤)     (伊東)
 ●     ●        ●
 清水  森本  吉田  三宅

 DF4人で最終ラインのスペースを消す名古屋の戦い方は、強力な個の力を有する青森山田攻撃陣に対して先制パンチを打たせないという意味では一定の成果を得ていた。しかし、全体的に引き気味にポジションを取るがために、青森山田にボールを支配されただけでなく、前との間隔が空いて3列目(ボランチ)以降がスピードに乗って攻めあがってくると対応に手間取ったり、小澤や伊東が下がってボールを受けた時に(最終ラインにスペースを空けないことに神経を使いすぎる余りか)誰も付いていかずに自由に捌かれたりして青森山田の攻撃を喰らうようなシーンも何度かあった。
b0036243_3121515.jpg

 だだ名古屋も黙って青森山田の雪崩のような攻撃をひたすら耐え忍んでいたわけではなく、右サイドでは上村が、そして左サイドでは清水がスピードある突破で度々青森山田のサイドを切り崩しては好機を作り出した。大きなサイドチェンジからDFラインの裏を狙いサイドをエグる上村と、左サイドの高い位置でポイントなる新川や中盤でボールを捌ける青山等とのコンビネーション(パス回し)から思い切りの良い攻め上がりでサイドの突破をする清水の両サイドは好対照ながらもともに会場のどよめきを誘っていた。
 そして前線でそんなサイドにひけを取らない程の存在感を発揮していたのが久保。何が彼を変えたのかは分からないが、この試合の久保は俺が観た久保の中では「最強」。これまでは相手DFのプレッシャーを上手く受け流せないまま上手くポスト役をこなし切れていない印象のあった久保だったが、この試合では前線で身体を張り、その強靭な肉体を活かしたポストプレーは青森山田DFをことごとく制圧。さらにはフィフティのボールに対しても闘志を前面に出したチェーシングと上手い体の入れ方によってこれをものにしてしまう。いよいよ久保がその才能を開花させる時が来たか?
b0036243_3122329.jpg

 名古屋が攻めれば、青森山田も負けじと押し返す。上で書いた3列目(ボランチライン)からの押し上げの他に、名古屋の布陣を見た青森山田は試合途中からゴールキックや最終ラインからのフィードを右サイド(名古屋にとっての左サイド)に向って蹴ることを徹底してきた。理由は簡単で吉田と三宅を外すためだ。この結果ヘディングの競り合いでの名古屋の優位性は極端に消失し競り合いはフィフティになった。そしてそこで負けて前線に基点を作られたり、小澤と伊東には細心の注意を持って接していても、松本が高校レベルを超越した華麗なドリブルで仕掛けてくると誰も止められなかったりとピンチを招くが、ポストに助けられたり、長谷川の好セーブで名古屋はなんとかこれを凌いだ。
 そして開始直後の青森山田のペースから名古屋が鋭いカウンターを繰り出して押し返し、それに対してさらに青森山田が反撃に出たところで前半終了。

 前半の名古屋はやや慎重な出足ではあったものの個々のプレーヤーも気持ちで戦っていて、試合としてはかなり締まったいいものになっている。ただ、唯一酒井だけが攻守ともに自分が何をしたらいいのか分からないといった感じでピッチを彷徨っているように見えたのが後半に向けた不安材料と言えば不安材料だった。
b0036243_3284346.jpg

 後半、名古屋はそんな酒井に代え中田浩を投入してくる。中田浩は酒井のいたポジションに入ったが、よーくピッチを見てみると名古屋のDFラインに若干の修正が入ったことが見て取れた。前半何度も良い上がりを見せていた左SBの清水が右SBに移り、中央を三宅と吉田、そして左サイドに森本という4バックになっている。前半否応なく小柄でスピードのある伊東とマッチアップさせられていた三宅を中に移しその役をスピードのある清水に任せる。そして、同じく前半に相手のロングフィードに対してヘデイングで競り合うチャンスのなかった三宅と吉田をセンターに移したことでその「高さ」という面での優位性を再び高めようということか。

       久保
         中田浩
  新川          上村         

     福島  青山

森本  吉田  三宅  清水

       長谷川

 そしてこの作戦がピタリとハマる。後半開始直後の時間帯こそ青森山田の猛攻にあったが、これを再びGK長谷川の好セーブなどで防ぐと、その後青森山田の攻撃はどんどん手詰まりになって行った。両サイドのスペースを使う動きを封じされ、中央ではタテに出されるロングボールに対して吉田が圧倒的な制空権でボールをゴールに近付けない。GKの長谷川はその独特な存在感といい、「やられた」っていうような危険なシーンでコーチ(伊藤裕二)譲りのスーパーセーブ連発するあたり、もしトップチームに上がったとしても人気のあるプレーヤーになるに違いない。
b0036243_3455759.jpg

 その後名古屋は、足の止まり始めた青森山田に対し、中盤で青山がボールに触る回数が激増。そして青山による効果的な左右への配給によって、両サイドからバランスよく攻めを繰り出せるようになった。青森山田は自陣でサイドにボールが出るとまずボランチがチェックに行きSBがカバーに入るとういうような必ず二人掛かりでディフェンスに来るため、上村が勝負してもそのスピードが活きるような場面はなかなか演出出来なかったが、そこに清水や青山が絡んだり、左サイドではスペースに流れた新川がボールをキープするその内側にコースを取って森本が積極的に前のスペースに走りこんで惜しいチャンスを作った。それでも相手GKに弾かれたり、最後の場面で落ち着きがなかったりして得点を決めるには至らなかったけど。

 後半はどちらかと言えば名古屋優勢で、青森山田はペナルティエリアの外あたりまではボールを運べるけどそこから先へは進めないといった感じで試合は進んで行った。

 吉田と三宅を中心とするバックラインは、相変らず一試合のうち一度か二度は危ないシーンを自作自演する愉快なDF達だが、それでもこの試合小澤には何もさせなかった。そして後半主に小澤に付いていた吉田の気合たるや凄まじいものがあった。惜しむらくはCKのこぼれ球拾っての波状攻撃で、青山の上げたクロスにファーで飛び込んで吉田のドンピシャヘッドが相手キーパーの好セーブに遭い3戦連続ゴールを逃したこと。
 中盤では累積イエロー2枚により次節出場停止の青山が足が攣るまで中盤を走り続け、(代理)キャプテンとしても「声」でチームを鼓舞し続けた。もう少し中盤で守備に激しく行って相手潰せるようになるといいんだけどな。そして青山は残り5分ぐらいを残して花井と交代した。

 そしてそのまま0-0のまま試合終了。後半中田浩を入れて前線~中盤のバランスは良くなったが、酒井を先発させてしまったことで、後半の「切り札」がいなくなったのもまた事実だった。
 内容としては、全員から戦う気持ちが伝わってくるいい試合で、仮にこの試合に小澤の一発とかで結果負けていたとしても俺は満足だっただろう。間違いなく高円宮杯グループリーグ三試合の中では一番良い内容の試合だった。

 家に帰ると、わざわざひたちなかまで行った俺に対するご褒美か、福岡が浦和東と引き分けたため、名古屋はグループDを2位での通過が決定していた。これでトーナメント初戦の秋津開催が決定。1位だとそのまま残って「ひたちなか」、3位だと「ひたちなか」か「藤枝」だったから、正直言って観戦は厳しいかなと思ってんだけど。
 相手は大会最強FW「デカモリシ」・・・吉田、三宅にとっては相手にとって不足ないんじゃない?Jリーグ予備軍「デカモリシ」が勝つか、名古屋ユースの誇る吉田、三宅のCBコンビが勝つか、ガチンコ勝負してやろうよ。俺はもしこの二人で高さや強さで勝てなかったら諦めがつく。それでも負けたらまた一年練習するしかない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-10-01 04:27 | Youth
<< 全日本ユース 対滝川ニ 0-2... 全日本ユース vs青森山田戦の展望 >>