Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
全日本ユース 対滝川ニ 0-2 (得点:なし) @秋津サッカー場
 名古屋はグループリーグで初戦の入り方がまずく予想外の苦戦を強いられたものの、尻上がりに調子を上げてなんとか進むことが出来た決勝トーナメント。初戦(ベスト16)の相手はプリンスリーグ関西2位の滝川第二、2位と言っても一度はG大阪を下したり、この大会のグループリーグでもクラブユース王者のヴェルディから2-0と勝利を収めている手強い相手だ。
b0036243_21215390.jpg

 青山が出場停止の名古屋は唐沢と福島がWボランチを組み、最終ラインは金曜日の試合に引き続き左から吉田、森本、三宅を並べた3バックを採用、前は久保をトップにその下左サイド寄りに新川、そして上村が右ウイングのようにサイドに張り出している。基本的なポジションはこんな↓感じ。

       久保
   新川         上村

市川  唐沢  福島  根津

  吉田  森本  三宅

      長谷川

 試合は、前線に大会最強FWデカモリシを擁する滝川ニがもっとそのデカモリシにボールを入れてガンガン攻め込んでくるかと思っていたが、意に反して慎重な立ち上がりを見せており、守備でも前からプレッシャーを掛けて来るようなことはないので、名古屋は落ち着いて最終ラインからボールを回しながら「本来の」ペースで試合を進めることが出来ていた。
 一方の滝川ニは言えば、4-4-2の滝川ニに対し3-4-3(3-4-2-1)のような名古屋が守備時には3バック、両サイド、そして2人のボランチが素早く下がってスペースを消してしまうため、全く攻め手を見出せないどころか、ダラダラとDFラインでボールを回すような時間も長く何をしたいのかサッパリ見えてこない。

 そして名古屋は久保のポストプレーを軸に右サイドに張り出した上村が何度となくサイドのスペースを突破してチャンスを作る。滝川ニの左サイドはハッキリ行って「穴」だった。左SBは小柄でいかにもスピードがありそうな選手だったが上村のスピードの全く付いていけてない。上村は引きちぎるようにあっという間に相手DFを引き離して加速し何度も敵陣深くまで攻め入った。
 そんな右サイドに触発されたのか、左では新川が少しい引いてボールを引き出したりラインの裏や左サイドのスペースへと流れたりと幅広く動きながら、得意のドリブルでアタッキングエリアへと侵入していく。低い位置からスピードに乗ったドリブルでトップスピードのまま小刻みに身体を振ったフェイントを織り交ぜながら入って行く様はマイケル・オーウェンのようでもあり、左サイドのスペースに流れてボールを受け鋭いフェイントで目の前のDFのマークを外して「お膳立てした」ラストパスを中に供給する様はどことなくマルケスを彷彿とさせる。
 しかし名古屋は何度かあった決定機をシュートまで持ち込むことが出来ず、チャンスを活かすことが出来なかった。1対1では完全に勝ててるんだけどな・・・上村は判断が悪く、新川のラストパスは中と合わなかった。ちなみにこの試合での清水は右サイドが攻撃的なこともあってかやや自重気味で、新川のフォローに回っていた印象だった。

 守備はどうだったかというと、これはもう完璧と言っていい出来。滝川ニの攻撃が消極的と言っていいぐらい人数を掛けてこなかったこともあって、森本をひとり余らせた最終ラインはまさしく磐石。デカモリシも吉田が完全に抑え込んでいた。三宅も今日は落ち着いてプレー出来ている。
 じぁあ青山が欠けたWボランチ(唐沢と福島)はどうだったかというと、運動量のあるこの二人が守備になればサッとDFラインの前まで戻ってポジションを取り、セカンドボールを拾いまくるもんだから滝川ニの攻め手はますます失われていった。ぶっちゃけ青山の時よりもこの二人のコンビの方が「バランス」はいいんじゃないか?

 30分過ぎぐらいから少し運動量の落ち始めた名古屋を尻目に徐々に滝川ニも攻撃がつながりだしたが、それ以上に名古屋は前の3人を中心としてチャンスを作り、全体的には完全な名古屋ペースのまま前半は0-0で終了した。
 それにしても、滝川ニはどうしちゃったんだ。それともこれが真の姿なのか。

 ハーフタイム、ふとグラウンドの向こう側にあるフラッグを見ると、向かって右から左にかなり風になびいていた。スタンドから試合を見ている限りほとんど気にならなかったが、ひょっとしたらグラウンドレベルでは多少風があるのかもしれない。ちなみに前半風上に立っていたのが名古屋で風下が滝川ニだった。ひょっとして滝川ニが前半消極的だった理由はこれだったのか?
b0036243_22451384.jpg

 そして後半。風上に立ったからか、それともハーフタイムに監督にカツを入れられたからか、滝川ニが積極的に攻撃に出てきた。開始早々いきなり遠目の距離からシュートを打って来たことを考えると、「風」という要素もあながち外れてないかもしれない。
 その後も滝川ニは前半とは打って変わって早め早めに前へとボールを出してくる。その上名古屋は中盤から前線にかけて嫌な形でボールを奪われてそのまま攻撃へと移られることが多いため、ボランチやサイド(根津)が戻り切れず滝川ニの早い攻撃に数的同数ぐらいの状況で守らなければならない状況が続出していた。しかし名古屋はそれらの攻撃を長谷川の好セーブや、滝川ニが攻め急いでくれたおかげでなんとか凌ぐ。

 前線では相変らず右サイドの上村が好調で、いい形でボールを受けると圧倒的なスピードで滝川ニの左サイドを蹂躙。しかし相変らずボックスに入ったあたりからの判断の遅さ・悪さが目立った。一長一短というか、ないものねだりでもないが・・・この辺を改善していけば、上村はさらにワンランク上の素晴らしいプレーヤーになれると思うんだけど。現状では「速いが、それだけ」という評価が妥当ぐらい。何度となくあったチャンスのせめてひとつでも得点に結び付けていれば・・・とか、もしも名古屋の右サイドに青森山田の松本怜がいたら5点ぐらいは取ってたんじゃないか・・・とも思わなくもないけど、現状ではこれが上村の実力なんだから仕方ない。(逆に上村じゃなきゃこれだけチャンス作れてないかもというのもあるし) これが上村の(現状の)実力であり、その上村がレギュラーだという名古屋の力。ここは実力以上のものを求めるよりも今後の成長に期待したい。

 よく考えたら、名古屋は後半開始直後に久保がゴールエリア内でシュートを放ったが、それ以降はセットプレー以外でボックス内でのシュートは打ってないよなぁと思いながら見ていると、再び滝川ニが名古屋陣内にボールを持ち込み、ボックスの外やや左寄りの位置からセンターハーフの10番が利き足の左足で思い切り良くシュート!これが意表を突かれたのかそれともDFの陰になったのか、反応の遅れた長谷川の左脇を抜けるように逆サイドのネットに決まって先制を許してしまった。
b0036243_2336230.jpg

 こうなると滝川ニはセイフティファーストでDFラインからどんどん前に蹴ってくる。足の止まり始めた名古屋にとってこれは結構きつかった。そして吉田と長谷川が譲り合うような形でゴール前に相手選手の侵出を許すと、慌てた?吉田が後ろからこれを倒したと判定されPK。微妙な判定だったが(判断)ミスもあったし仕方ない。
 PKキッカーは先制点を挙げた10番。これ決められると厳しいなと思っていると、10番がこのPKを失敗。まだ時間は10分ぐらいあって「行ける」という雰囲気が名古屋の選手にもベンチにもスタンドにも充満していた。

 しかしそんな名古屋に待っていたのは、前掛かりになったところを突いての滝川ニによるカウンターで、スピードに乗った攻撃からDFラインを突破されると、一旦は長谷川が飛び出して抑えたかに見えたボールを突っ込んできた相手FWとの接触から持ち出され追加点を許してしまった。ゴール後主審に高校生とは思えないほどの勢いで執拗に抗議する長谷川。その直前に相手ゴール前での久保と相手GKとの接触がキーパーチャージ取られてたし、長谷川が怒るのも無理はない。試合後も長谷川は大泣きしてたしちょっと可愛そうだったな。

 名古屋は途中で足の攣った唐沢に代え花井、前線には清水に代え酒井を投入、さらには吉田を一列上げた(根津を右のストッパーに下げた)りしたが、惜しいシュートが相手GKの正面を突くなどの不運もあってついに滝川ニのゴールを割ることが出来なかった。 唐沢、福島のWボランチは運動量もありバランスも良かったが、「展開」という意味では十分とは言えない面があったから、俺はひょっとしたら花井が流れを変えるキーマンになるのではないかと思って見ていたが、前半のような試合展開ならともかく、後半のように早いリズムの中では途中出場でいきなりリズムをつかむことは難しかったようだ。

 あと気が付いた点で言えば、1トップとも3トップの真ん中とも取れる久保がポジションを基本的に真ん中に固定されていること。グループリーグの試合の中でもベンチからそういう指示が出ていたのを聞いたことがあったが、これはどうなんだろう。例えばこの試合、滝川ニの最終ライン(4バック)で左側のストッパーをやっていた5番の選手はヘディングが強く久保とも互角以上の競り合いを展開していたが、久保はそれ以外の選手との競り合いではほとんど負けていなかった。例えば、試合の流れの中で久保を(名古屋にとっての)左サイドに動かし、新川を真ん中に持ってくるといったようなポジションチェンジをしたら面白かったと俺は思うけど。ルイゾンがたまにやってたアレだ。そうして左サイドの久保狙ってフィード出せばおそらく100%近い確率で勝てるし、新川が(よりゴールに近い)中央でDFラインの裏を狙う動きは相手チームにとって脅威になっていたに違いない。その辺の攻撃面における戦術的流動性が名古屋は少し足りなかった気がする。
b0036243_033389.jpg

 これで名古屋の高円宮杯は終わった。監督(体制)が変わり、去年までは1,2年を中心としたトレーニングマッチのような扱いだったJユースカップにチームとしてどう取り組んで行くのかは定かではないが、来年に向けては是非久保と酒井の2トップ(に新川、中田健、福島等を絡めた攻撃)にチームとしてチャレンジして欲しいと思う。この大会を通しても、――ストライカータイプの酒井ではなくポストプレーヤータイプの久保を起用していたという理由はあるにせよ――「セットプレー以外での得点力」という部分が、最終的には課題として残ったと俺は思うし。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-10-03 00:24 | Youth
<< 第26節 対広島 2-1 (得... 全日本ユース 対青森山田 0-... >>