Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第26節 対広島 2-1 (得点:OG、豊田) @スカパー
 中田監督代行体制二試合目となる広島戦。初陣となったC大阪戦は、相手のセレッソのチーム状態が良かったとは言え、全く良い所なく敗れ去り今後に対する大いなる不安を感じさせたが、1週間でどこまでチーム状態は上向いているだろうか。

 前節、中村と杉本の2トップが全く機能しなかった―そもそも内部昇格人事であるにも関わらずその利点(選手の特徴を把握できている)が生かされていないのがどうかと思うが―名古屋は、杉本を右サイドに回しトップには中山を起用してきた。中山はHOT6初戦の大宮戦で負傷して以来ずっと怪我を引きずったままプレーしていて満足いくパフォーマンスを見せられないでいたが怪我はもう癒えたのだろうか。俺としては、初ゴール以来メキメキと自信を付けピッチ上で自らの長所を活かしアピールする術を身に付けつつある豊田を積極的に起用して欲しいと思っていたが、監督代行にも何かしら考えがあるのだろう。基本的なポジションとしてはこんな感じ↓。積極的に前へと勝負する杉本に対し、守備時には中谷が最終ラインに入ることが多い。

    中山   中村

   藤田
         クライトン  杉本
中谷   ヨンハッ

  古賀  秋田  角田

       楢﨑

 試合は序盤から現状でのチームの完成度の違いのようなものがハッキリと分かるような展開だった。もちろんチームとしての「やり方」自体に180度近い違いがあるので一概には言えないが、それでもその差は歴然としていた。名古屋は広島による前からの連動したプレスを前に藤田、クライトンといったあたりがいい形でボールの触れず自慢の中盤でゲームを作ることが出来ない。そして前の試合に比べれば中山という「目標」が出来ただけマシな気はするが、それでもその中山に対して出されるボールはポストを意図したものなのか、裏を狙ったものなのか曖昧なものだった。そもそもポストと言っても2トップを組む中村との距離感が最悪で、これではコンビネーションもなにもあったものではない。どういった形で攻めるのかチームとしても整理できていない感じがする。それに対して広島は糸でつながったように人とボールが良く動き選手達に迷いもない。このままいけば試合の勝敗は見えている。
 しかし広島の選手達は「やるべきこと」はハッキリしているものの、この試合に向けてどこかうわの空のような、集中力の欠如が目立つ。優勝争いをする上で負けられない試合、しかもホーム、どうしちゃったんだ?広島は。パスミスは連発するわ、危険なポジションで名古屋にプレゼントボールするわで目も当てられない。名古屋が唯一攻撃で活路を見い出せているように見えた杉本と中谷によるサイドからの攻撃も、広島からしてみればプラン通りというかむしろ「追い込んでいる」はずなのにそのサイドでの競り合いに負け何度も突破を許すようではプランが成り立たないだろう。

 そしてそのサイドから先制点が生まれる。右サイドで杉本が上げたなんでもないセンタリングを名手・ジニーニョがGKとの連携を誤りオウンゴール。ジニーニョの後ろにはマウスを空けて飛び出したGK下田ともうひとりDFがいて、名古屋の選手はこれに絡めるような位置には誰ひとりいなかった。ハッキリ言ってラッキー以外にも何ものでもないが名古屋にとっては貴重な先制点。

 その後も広島の散漫なプレーは続き、ついにはベットが前半途中にして交代。ベットといいジニーニョといい、試合後「実はブラジルから魅力的なオファーが来ていて試合に集中できなかった」とか言い出していないか心配だ。(笑)

 後半になると若干広島がハーフタイムの修正を挟んで持ち直してきた。攻守ともにチームでの共通認識として「形」は持っているから、パスが合い出せば名古屋としてもかなり分が悪い。名古屋は、速く、上手く、そして良く動く広島の2トップに3バックが前半から手を焼いていたが、(完成には程遠いが)リトリートを意識したチーム全体の守備と、それに戸惑ったかのような広島の拙攻に助けられなんとか凌いでいただけだったから、失点は時間の問題だったのかもしれない。
 そして後半途中、リ・ハンジェとの交代でガウボンが入ったのを合図に、マークのズレを見逃さす広島FW佐藤が名古屋DFの裏へアッサリ抜け出し、飛び出してきた楢﨑も交わすと、無人のゴールへ蹴り込んだ。

 こうなると広島は押せ押せで猛攻を仕掛けてくる。名古屋危うしか。

 だが、それになんとか耐え切ると、肉体面でか精神面でかは分からないが、広島の選手達が切れてしまった。足が止まりだし、自陣にズルズルと下がり始める広島。名古屋は再び・・・というよりこの試合初めて試合の主導権を握り、このタイミングで満を持して(?)中山に代え豊田投入。そして相手陣内でボールを回す時間帯が続いた後、右サイドの杉本のクロスにニアで藤田がスラし、大外に待ち構えていた豊田がジャンピングボレーでこれに合わせて広島を2-1と突き放した。
 この試合の藤田はこれまでに比べれば決してコンディションが良さそうには思えず、少し身体が重そうだったが、前半から何度か訪れたサイドからクロスが入るようなシーンでは必ず(中山か豊田とともに)ボックスの中にポジションを取っていた。もちろん中盤に下がってボールを動かすことも、前線へと飛び出すこともサボらない。それと比べるとこの試合でもFW起用された中村の「いるべきとこにいない」感じがどうしても際立ってしまう。チームの中心となってゲームを動かすには、中村にはもっと「プレーによる自己主張」が必要だ。それは決してボールに多く触れるとか決定的なスルーパスを出すとかそういうことではなく、自分がどうしたいのか(周りにどうして欲しいのか)を有効な動きの中からチームメートに向って示していかなければならない。
 
 そして後半の窮地に立たされたチームにあって光っていたのがヨンハッだった。中盤で広島の攻撃の芽を潰し、タテにヨコにとボールを動かしながら自身も積極的に攻撃に参加した。同点後広島の猛攻を凌ぎ名古屋が盛り返したのは、広島のトーンダウンの他に、中盤の底に位置するヨンハッの攻守両面での「前へ」のプレーにチーム全体が「ところてん」式に押し出された部分がかなりあったのではないかと思う。

 2-1とした後の名古屋は、中谷に代え本田を投入。本田を(ポジションも含め)こんな使い方しかしてもらえないのは俺にとっても全くもって不本意だが、中谷がいなくなったことで気の抜けたようなパスミスから速攻を喰らうこともなくなり、本田も含めたクライトン、藤田等のキープ力の高い選手達によるパス回しは広島からさらに戦意を削り取っていった。

 そしてそのまま2-1で試合終了。

 目標をどこに置くかということひとつ取っても、かなり微妙な時期ではあるが、監督交代以降の初勝利を収め、勝ち点「3」でとりあえずは降格から一歩離れることが出来た。監督代行に課されているノルマは「降格阻止」だろうから、(99年のように選手達のモチベーションをMAXまで高めてここから天皇杯まで怒涛の連勝を続けるなら話は別だが)俺としては今後の試合では「新しい力」の台頭を期待したい。
 なんでもかんでも若手を使えば良いという話ではないし、なんでもかんでも若手は使えば伸びるという話でもない。若手は波があるし起用タイミングも難しい。ベテランや中堅の方が「計算」が立つのも事実だ。ただ現状試合に出ているレギュラーには「伸びシロ」を感じさせないプレーヤーも、レギュラーを保障されるほどのパフォーマンスを見せられていないプレーヤーもいる。その「影響力」(実際のプレー以外での効能)を考えれば例え「伸びシロ」がなくてもチームのために使い続けた方がいいプレーヤーもいるが、そうでないプレーヤーならば、コンディションが良く彼等と同レベルのプレーが出来る若いプレーヤーがいれば、そちらを優先して使うべきだと俺は思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-10-09 03:24 | Game Review
<< 第27節 対川崎 1-4 (得... 全日本ユース 対滝川ニ 0-2... >>