Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
天皇杯・四回戦 対アローズ北陸 1-0 (得点:豊田) @BS
 鹿島とのアウェーゲームの後「トップの選手が足りない。(本来)中盤の中村がFWをやっている。FWの選手が足りないと思う」(中スポより)とコメントしていたクライトンは、まさか二週間後に自分がそのFW(に近いポジション)をやらされるとは思ってもいなかっただろう。

 J1で目下絶不調の名古屋の天皇杯初戦(四回戦)の相手は、JFLで目下絶好調(らしい)北陸との試合で、リーグ戦の合間のテスト的な意味合いを含めつつも名古屋としては受けて立つ余裕などない。増川が怪我により欠場の名古屋は戦線復帰後左アウトサイドに入っていた大森が右のストッパーに入り、秋田、古賀と3バックを形成し、左サイドには中谷を起用。さらには相手ゴール前でさっぱり繋がる気配のない攻撃のテコ入れとしてクライトンを前線に上げFWに近い位置へ移動した。そしてこれまでFWに入っていた中村は清水戦の後半で好感触だった右アウトサイドに回され、杉本がベンチスタート。中盤の底ではクライトンが前線へ上がったことで吉村がヨンハッとWボランチを組んでいる。すなわちこんな↓感じ。

       豊田
          クライトン
    藤田        中村
中谷
     ヨンハッ  吉村

   古賀  秋田  大森

        楢﨑

 試合開始のホイッスルと同時に、とりあえず名古屋の「勝ちに行く」という気持ちだけは見える。相手との圧倒的な実力差、アローズの前線に人を掛けない戦い方、名古屋自体のメンバーとその配置の変更、これらの要素が複合的に合わさって、マイボールになるとゴール前にはかなりの人数が掛かっている。試合開始直後の豊田のシュートシーンでは、右から中村がクロスを上げた段階で、ボックスの中に豊田、中谷、藤田、クライトンの4人が入っていた。

 この試合の名古屋にとって一番の注目は、クライトンのFW(に近いポジションでの)起用なのだが、クライトンは前後左右へと幅広く動くことで中盤からのボールを引き出し、またボールを持てば抜群のキープ力で名古屋の攻撃に大きく貢献していた。チームメートとの間で感じさせるリズムのズレ――まあ今のチームにあってはクライトンに限らず全ての選手間でリズムが合っているとは言い難いが――を生み出しているそのプレースタイルは、スムーズにゴールまで繋がらない名古屋の攻撃のスケープゴートとしてまた「遅い」とか言われちゃうんだろうけど、クライトンの存在によって名古屋の試合展開が楽になったことは疑いようもない事実だった。もしこの試合クライトンではなく杉本がFWとして先発し、クライトンがベンチスタートでもしてようものなら、名古屋の攻撃が15分ぐらいで手詰まりとなり焦って前に出たところでカウンター喰らうという最悪のパターンに嵌っていただろうことは容易に予想できる。まあFWとしてクライトンの良さが全て出てるかといえば、それはまた別問題なんだけど。

 そして中村。相手を背負ってプレッシャーにさらされるトップ(中央)のポジションからサイドに配置転換されたことで、――中央でポスト役をこなす豊田やキープ力のあるクライトン&藤田にある程度マークが集中することもあり――比較的緩いプレッシャーの中、良い形(特徴を発揮できるような形)でボールを受け、右サイドで攻撃のポイントを作っていた。それにサイドに置いておけば、トップ(中央)でプレーしていた時には気になった「いるべき所にいない、入っていくべき所に入って行かない」ポジショニングも気にならない(ちなみにクライトンや藤田はそれをやっていた)。むしろサイドにいろと言われれば中に入ってきたくなるのが人情ってものだ。(笑) 3-5-2のサイドに求められる攻守の切り換えについても、コンディションのほぼ完全に戻った今の中村にとって、今日の相手に対応したあの程度のアップダウンは全く問題ないだろう。

 新しく入った中谷と吉村に関しても、中谷は(対面する相手とのマッチアップもあるが)積極的に前のスペースを窺い、吉村は清水戦でのレヴューでも書いた通りこのチームに決定的に欠けている前後のポジションチェンジをもたらした。そして吉村はヨンハッとともにボランチのラインを押し上げセカンドボールを拾うことで、ヨンハッのミドルシュートを誘発した。

 試合は前半途中から激しく降り始めた雨の中で、名古屋と北陸の選手達の間のフィジカル、技術の差がより一層明確になってきた。ボランチが押し上げことごとくセカンドボールを拾うと、ヨンハッが積極的にミドルシュートを狙うなど圧倒的に押し込む名古屋。北陸も時折カウンターを仕掛けるが、悪条件の中でのボールコントロールのミスだとか結構ファールを流す主審によって名古屋は事なきを得ている。全体的に見れば、相手との実力差がある(しかもそれが雨という条件によって増幅されている)「参考記録」。そしてその中でも相変らず最後の部分でなかなかコンビネーションが合わなかったり、(雨も考慮に入れてか)最終ラインからセイフティファーストで大きく蹴り出すようなシーンもまだまだ目についたのも確かだ。だが、この試合に向けて名古屋がいつもの「受けて立つ」みたいなメンタルで試合に臨まなかったことだけは評価していいだろう。

 後半開始に当たってメンバー交代はなし。
 そして開始5分と経たぬうちに、前半と同じような流れの中相手をボックス内に押し込んで、中村の空けた右サイドのスペースにクロスオーバーするように走り込んだ吉村が、ボックス手前中央のクライトンからパスを受けるとこれを頭で折り返し、真ん中で飛び込んだ藤田の競ったこぼれ球をファーで豊田が触るだけのごっつぁんゴールでやっと先制。

 先制点を奪った後若干ペースを落とした名古屋に対し、北陸は前に人数を掛けて反撃に出る。選手交代も次々と前線の選手を投入してきているようだ。前の厚くなった北陸は中盤やサイドを経由してトップに良いボールが入り始め、名古屋にとっては何度かヒヤリとさせられるシーンも作られた。DFラインでの1対1は絶対優位とは言えないようだ。名古屋はこれをポストに救われたりしながらなんとか凌ぐ。

 その後名古屋は怪我明けの中谷の大事を取ったのか、それとも直前の1対1で相手に振り回されたのが気に入らなかったのか中谷に代え左サイドに山口Kを投入。そしてそのまま30分過ぎまでやや中盤の開き出した名古屋と北陸の攻め合いは続き名古屋は二人目の選手交代。

 豊田out、本田in。

 また純粋なFWをピッチ上から消しちゃったよ・・・。杉本は使えないのか?名古屋が先制してから相手はDFラインをかなり押し上げ来ている。カウンターが狙うにはもってこいだ。連戦の疲れでコンディションでも悪いのか?だとしたら遠征に帯同させること自体ナンセンスだと思うが。それに本田とクライトンの2トップは有り得ないだろ、組み合わせ的に。本田を入れたいのならクライトンに代えべきだし、豊田を代えたいなら杉本を入れるべきだ。その後終了間際になってクライトンに代え杉本を投入し、形としては豊田・クライトン→杉本・本田ということになったが、ちょっと?な采配だった。

 そして試合は1-0のまま終了。
 欲を言えばこのような試合展開の前半に押し切って点を取れるような強さや、後半カウンターから得点を奪えるようなしたたかさを身に付けて欲しいが、まあそういったものを可能にするコンビネーションを含めものをこのチームに一度に全て要求するのは無理そうなので、とりあえず勝てたことと、強い気持ちを持ってゲームに望めたことを今日の収穫とすることにしよう。ただこれがそのままJ1で通用するかはあくまで未知数だが・・・。個々に同レベルの力を持つ相手が両サイドでもっと押し込んできたとき、ボランチのあたりでボールを落ち着かせてゲームをコントロールされた時、このやり方はどういう結末を迎えるのだろうか。そもそも継続するのか?これ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-11-04 00:52 | Game Review
<< 選手紹介#14 「マジカルレフ... 第29節 対清水 1-2 (得... >>