Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
選手紹介#2 「黒いピクシー」 マルケス(9)
 マルケス...彼はまるで「忍者」のような身のこなしで相手のマークをいとも簡単に振り切ってしまう。(そう言えばマルケスが忍者の格好したらスゲー似合いそう。(笑)) 本当に相手の間合い、タイミングを外すのが上手い。決してスピードがあるわけでもないのに緩急をつけてマークに来る相手DFを次々と抜き去っていく。使うテクニックは違うけど、マドリーのフィーゴとかもそういう緩急で相手の間合い外すのが抜群に上手い。浦和のエメルソンだとか全盛期のオーウェンみたいに爆発的なスピードを武器にしてるタイプとは好対照だね。前に代理人やってる人から聞いたんだけど、ヨーロッパのスカウトが選手見る時に注目するのがまさにそういう間合いを外す動きなんだそうだ。
 そんなマルケス、来日当初から随所に「セレソン」らしさを発揮していたものの、その凄さを「確信」したのは、その年の2NDステージのジュビロ戦。左サイドを主戦場とするマルケスと対峙するのは、言わずと知れた鈴木秀人。全盛期のピクシーですら対戦を嫌がっていたJ屈指のスピード系DF。その鈴木秀人をチンチンにやっつけちゃったんだから。「こりゃ本物だ」と。

 そして今年1STステージ第2節での磐田戦。
 この試合で伝説に成り得るスーパーゴールが生まれた。

 ここでマルケスの得意なプレーを復習しておくと、左サイド、ペナルティエリアの縦のライン、ここを「マルケスゾーン」という。そこでボール受ければ、縦のラインに沿って相手を翻弄して完全に抜ききった上で、確実に中の選手にラストパスを供出するまさに「ガルソン」(給仕)。抜き方はいろいろあるが、代表的なのは相手に背中向けた状態からフェイント掛けながら、その後クルッと回って、相手DFを置き去りにする通称「マルケス・ターン」。

 話を磐田戦に戻します。
 この試合でも前半早い時間帯に、「マルケスゾーン」で鈴木秀人と1対1を作るや右足一閃。「事故」(ジュビロ監督・選手一同)というスーパーシュートがジュビロゴールの(逆側)サイドネットに突き刺さった。でもさ、鈴木秀人だけは分かっているはず。あのゴールが事故でもなんでもないことを。どういうことかというと、試合が始まってから、例によって左サイドのマルケスに二度ボールが渡った。そこで対峙したジュビロDF(鈴木)に対し、マルケスはまた例によって二度「縦」に破った。(そのうち一度はエリア内だったため、縦に抜いてシュート)それで、この日三度目の「マルケスゾーン」がこの得点シーン。マルケスにボールが渡った瞬間、二度縦に抜かれ、しかも一度は決定的なシーンを作られている鈴木秀人は、縦に抜かせないポジションを取った。つまりゴールに向いてるマルケスに対して(マルケスから見て)左側にポジションを取ったわけだ。それをマルケスは見逃さなかった。自分の右足の前が空いてるわけだから、迷うことなく右足をひと振り。強烈なシュートがジュビロゴールを襲ったというわけ。
 「被害者」は鈴木秀人だけにとどまらない。デビューするや日の出の勢いで瞬く間に日本代表、そしてメンズ・ビオレのモデル(笑)にまで昇り詰めた浦和の坪井。彼に人生初のレッドカードをプレゼント。いまや「何をするか分からない」(G大阪・遠藤)とJのディフェンダー達をウェズレイ以上に恐れさせる存在。
 しかし、こんな紛れもない「本物」、紛れもない「セレソン」にも弱点はある。ヘディングはものすごく弱い。ひょっとしたら、そこいらの中学生かそれ以下のレベルではないだろうか。これまでも決定的なシーンでヘディングをとんでもない方向に飛ばしたシーンは何回か見た。少なくともサイドからの鬼クロスにダイビングヘッドでゴール...などという、ラーションや森山のような光景は今後も見られそうもない。
 そして、名古屋のファンにとって一番恐れる事態...それはトーレスやバウドの時と同じパターンでマルケスが名古屋を去ること。ブラジルでもその実力を認知されているマルケスだけに、名古屋以上の好条件でのオファーがブラジルから舞い込まないとも限らない。実際、去年リヴァウドが引退を表明してクルゼイロを退団した時、その後釜に名前が挙がったのがマルケスだったとか。条件といってもそれは何も年俸だけの話ではない。トーレスはバスコ・ダ・ガマから「引退後もスタッフとしてチームに残ってもらう」という保証付きのオファーを受け入れブラジルへ帰って行った。36歳くらいだったバウドはこの年齢にして異例の長期複数年契約のオファーを受けブラジルへと帰って行った。マルケスにも同じような話が来ないとも限らない。いずれそんな日が来てしまうかもしれない。
 マルケスのプレーをまだ生で見たことのない方はお早めに!
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-09-22 12:09 | Player's Profile
<< 第6節 対セレッソ大阪 5-2... 選手紹介#1 「ミスターグラン... >>