Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第2節 対清水 0-2 (得点:なし) @スカパー
 開幕戦で主力を何人も欠いた若手中心のメンバー構成ながら優勝候補セレッソ相手に勝ち点3を得た新生・名古屋。秋田(前節ベンチ入り)や本田が練習試合を経て戻ってきた第2節も同じメンバーで試合に臨む。勝っているチームを動かさないことは原則だし、開幕戦で自信をつけたであろう若手のそれを確固たるものとし更なる成長を促す意味でもこれは間違った判断ではないだろう。

     玉田   杉本

片山   金   吉村  中村

有村  古賀   深津  大森

        川島

 試合は前半が始まるや名古屋が清水陣内へと攻め入り、後ろでつないでタテに入れたボールを積極的にシュートまで持ち込んでいる。そんな名古屋の攻勢の中心はやはり左サイドで、金正友が攻守に抜群の存在感を発揮し、前節の試合で自信をつけた片山がスピード溢れる1対1で清水の右SB市川を振り回す。ただフィニッシュという部分に関しては、現状の名古屋の2トップを考えると、SHがサイドを崩して普通にクロスを上げるというような展開では苦しい。
 一方の右サイドでは名古屋に最初の決定機をもたらした右SBの大森の好調が目立つ。大森がやや内側へと切れ込みながら持ち上がって出したスルーパスに杉本がDFラインを抜け出して放ったシュートはこの試合で一番得点の期待を抱かせたし、先シーズンはそのほとんどを怪我で棒に振った大森が今シーズンは開幕から好調なスタートを切っていることは若いチームにとって精神的にも心強いはずだ。

 しかし試合開始から5分が経過した頃、やや楽観的になりかけていた試合展開を一変させる出来事が起こる。清水が攻撃に詰まった右サイド(ハーフウェーライン付近)からDFラインの左SBに大きくサイドチェンジしてボールを戻す。それに忠実に反応してプレッシャーをかけに行く中村・・・がそのサイドチェンジのパスを読んでインターセプトを狙っていたわけでもない寄せは当然緩く、ボールホルダーである清水の左SB山西はほとんどストレスを感じることもないままやすやすと前線にフィードを送った。そしてそのフィードは、(この中村の動きに連動してDFラインを押し上げてオフサイドを取ろうと思ったのか、それとも中村が前に行くことによって出来たスペースが気になったのか)ポジションを少し上げていた大森の裏へと落ちた。そこに走り込んでいたのが清水のルーキー藤本だ。ルーキーながら清水で10番を託されるこの大学ナンバー1・MFは、カバーに来る深津をあざ笑うかのようにワンタッチでコントロールし中のマルキーニョスに渡す。これをマルキーニョスが再び藤本の足元にボールを落とすと、藤本がダイレクトで左足一閃、有り得ないシュートが名古屋ゴールに突き刺さった。ゴール自体は藤本の素晴らしい個人技+アイデア+運で決まったものだから仕方ないとして、その前の段階での一連のチームとしての動きが、単に藤本に裏を取られた大森のポジショニングのミスなのか、それともラインを押し上げそこなっていたり――もっともラインを上げたところで藤本の飛び出しはおそらく(TVでは見えなかった)二列目からのものでオフサイドになったかどうかは微妙ではあるが――、中村がひとりで勝手に前に行ってしまってギャップを作ったというようなチームとしての戦術(共通)理解が徹底されていなかったのかが気になるところだ。

 1点を先制した清水はペナルティぺリアの外側のラインを挟むように最終ラインと二列目がキッチリとニ列に並んで8人で守備ブロックを作り始めた。そこから強力な外国人2トップへのロングボールを軸としたカウンターを仕掛けてくるのだが・・・まあ他人(ひと)んちのサッカーについては(チーム事情も知らないので)とやかく言う気はないけど、長谷川健太よ、お前はエクトル・クーペルかと。

 話を名古屋に戻すと、とは言えこうして引かれて守りを固められると手も足も出ないのが、個の力に欠ける今の名古屋の実力というのが現実。そして15分を過ぎる頃には最終ラインでダラダラとボールを回すお馴染みのシーンが始まる。たまに前にボールを出したかと思えば単にDFラインの裏を目掛けて蹴るだけで、全く変化のない攻撃は清水の守備ブロックを崩すどころか揺さぶることすら出来ていない。特に深刻だったのは右サイドからの攻撃が全く機能していなかったことで、上でも書いたように大森からのスルーパスで杉本が作った惜しいシーン以外は、こういう試合展開でこそ求められるミドルシュート(中村)と二列目から前線への飛び出しによるタテの変化の演出(吉村)をそれぞれ得意(持ち味)とする二人の中盤のプレーヤーが揃ってゲームから消えている状態だったことだ。

 単調な攻撃の末に相手に所有権が移ったボールは、金正友が危ないポイントに現れては玉際の強さを発揮して回収してくれていた名古屋だったが、チームとしてはそんな悪い試合の流れを全く軌道修正できないまま、前半のうちに致命的とも言えるDFラインのミスから清水に2点目を献上することになる。最終ライン左寄りのポジションでパスの出しどころに困った古賀が馴れ合いのようにボールを脇にいる有村へ戻し、動き出しがなくパスコースを作らなかった(?)左SHの片山を無言で睨みつけるような仕草をしていると、そんなことをしてる間にボールを戻された有村がマルキーニョスに追い込まれてボールを奪われ独走を許していた。そのままマルキーニョスが持ち込んで放ったシュートはGK川島の飛び出しによって何とか防ぐことが出来たが、こぼれ球を正面に詰めていたチョ・ジェジンにプッシュされてしまった。
 
 前半終了間際の40分過ぎには清水の足が止まり名古屋が若干盛り返す場面も見られたが、コンディションが万全でないのかそれとも一週間前に久しぶりの公式戦を戦った疲れからか試合を通して今ひとつキレを欠く玉田を軸とした名古屋も清水を攻め切ることが出来ず結局0-2のまま前半を折り返した。

 後半、思いのほかメンバー交代はなし。
 後半開始とともに監督の指示なのかサイド攻撃を徹底させているようにも見えた名古屋だったが、開幕から好調を持続している頼みの綱である杉本が一時期は改善傾向にあった間合いの近さを再発させていて清水のDFにあっさりと捕まってしまったりとなかなか形を作ることが出来ない。そして試合展開をさらに難しいものとしたのは、ハーフタイムを挟んでボランチの左右を入れ替えてしまったことだった。前半左サイドで攻守両面で頻繁に顔を出して明らかに「効いていた」金正友を後半からは左から右に、逆にほとんど消えていた吉村を右から左にとポジションを入れ替えてしまった。前半完全に死んでいた右サイドの活性化を意図したのだろうか。しかしこれが完全に裏目で、吉村が移ったことでボールが収まるポイントを失った左サイドは機能を停止し、金正友が移った右サイドでも中村が復活することはなかった。結果、名古屋は左右両サイドともに死んでしまったような格好だった。

 俺ならここで、吉村に代えて本田を、中村に代えて豊田を投入し杉本を右サイドへと移す選手交代を選択をしただろう。しかしフェルフォーセンが選んだカードは片山に代えて本田をそのまま左SHに投入するというものだった。確かに実際本田が攻撃的なポジションに入ることで中盤から前にボールの収まりどころが増えて名古屋の攻撃は活性化したが、この試合に限って言えば(試合開始後ほんの数分の間とは言え)キレのあるプレーを見せていた片山の方が右の中村よりも可能性を感じさせたし、守備的な清水に対して、この日全く攻撃に絡んでいなかった吉村を残しておくのは無駄なことのように感じられた。
 そして後半開始から約20分、ついに痺れを切らしたのか中村を外す選択をするフェルフォーセンは、パワープレー的な要素も考えてか最前線に豊田を入れ杉本を右サイドへ移した。ここで左サイドに片山を残していればさらに面白くなっていたと思が、これももう後の祭りだ。さらに左SBの有村に代えて同じポジションに阿部を投入したフェルフォーセンだったが、なぜ彼は阿部を先発で起用しないのだろう。開幕戦に続く有村→阿部というまるで予定されていたかのような交代を見るとそんな疑問が浮かんでくる。ともに(もしくはどちらか一方に)スタミナ面での不安があるのだろうか。それとも守備では有村、攻撃では阿部というような棲み分けがフェルフォーセンの頭の中では出来ていて、最初は慎重にゲームに入りつつも阿部をひとつの切り札として考えているのか。そうであれば話は別だが、常にここで交代枠をひとつ使ってしまうのはベンチ入りメンバーが5→7と増えた今シーズンではもったいない話だ。

 選手交代などを通じ、多少は可能性を感じる攻撃も出始めたものの相変らず清水DFを崩すようなシーンは演出出来ないまま時計の針だけが進んで行く。そしてあろうことか試合終了が近付くにつれて負けている名古屋の選手達の足が止まり、逆に清水の猛攻を喰らう時間帯が続く体たらく。勝負を諦めたのか、勝つ気がないのか・・・自陣に引っ込んでいる清水を調子に乗せて引っ張り出すことで逆にカウンターを仕掛けようという作戦なら大したものだが、スタジアムにいれば間違いなくブーイングもののパフォーマンスだ。
 そしてそのまま試合は開始後5分くらいを除いては見せ場を作ることが出来ずに0-2で終了。名古屋にとってみれば希望のかけらもない敗戦。ルーキーにプロ初ゴールを気前良くプレゼントし、引いた相手を全く崩せず無策なところは去年までの名古屋と何も変わっていない。簡単に治る病ではないことを十分に理解した上で、しばらくは我慢強くこのチームの行く末を見守っていくしかないということか。ただそれもピッチ上の選手達が最後まで試合を捨てずに戦い切ることが条件ではあるが。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-11 23:59 | Game Review
<< 第3節 対鹿島 0-0 (得点... 第1節 vsC大阪 3-2 (... >>